2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.18(Fri)

【その男、副署長】感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
横についてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい話。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→微妙。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。

評価はものすごく私の趣味嗜好が出ていますが、感想を見る上での目安にでもなれば。




File.1 河原町署の屋上を訪れた京都府警本部長は、なぜスーツ姿のまま射殺されてしまったのか?
★★★★★
ゲスト:宅麻伸、森本レオ、今村恵子、吉岡扶敏、山本紀彦、坂西良太
あまりこういう言い方は好かないのですが、『神回』と呼ぶに相応しい出来。
胃に来る重たさと、『副署長』ならではの人情展開が上手く融合した傑作だと思う。


File.2 『牛の爪』と呼ばれた男のナップザックは、なぜ逃走時と逮捕後で重さが違っていたのか?
★★
ゲスト:下條アトム、愛華みれ
宮下くんの逆ギレがなかったら、多分もうちょっと好きになれました。
演出とアトムのナレーションが光っていた回。


File.3 その朝、覚醒した副署長の視界は、なぜ上下が逆さまになっていたのか?
★★★★☆
ゲスト:大村彩子、河合龍之介
初回が正統派神回なら、こちらはネタ的に神回。
派茶目茶な話ながら最後はきっちり人情展開で締めてくれる辺りはさすが。


File.4 ピアノを弾く女からかかってきた電話の着信音は、なぜ指名手配中の逃亡犯の耳に聴こえなかったのか?
★★★☆
ゲスト:寺田千穂、比企理恵、伊藤洋三郎
野沢さんフィーチャー回。渋めな大人の雰囲気。
事件そのものより、切ない雰囲気を楽しむ回。お供にウイスキーでもどうぞ。


File.5 教会の鐘の音を聞いた有名女優は、なぜ突然タクシーから飛び出し、投身自殺をしたのか?
★☆
ゲスト:芦川よしみ、神保美喜
あまりに雰囲気がらしくない異色回。
後味の悪さは、初回とは違う意味で濃い。


File.6 身代金を3つのバイオリンケースに入れさせた誘拐犯は、なぜ誘拐した子供にタコヤキを食べさせたのか?
★★★
ゲスト:蟹江一平、深水三章、藤田宗久、山内としお
『副署長』らしい人情ミステリー。タコ焼きが食べたくなった。
ベタでクサいけど、なかなか上手くまとまってます。


File.7 巨額の不正経理に暗躍する男たちの親指には、なぜ同じ場所にテーピングがされていたのか?
★★★
ゲスト:相島一之
個人的にはネタ回なんですよね……序盤の遊び具合は異常。
山田ぁぁぁぁぁぁ


File.8 名前のない『杉木立』の男が、橋から転落死する前に俳句に遺した『罪』とは何か?
★★
ゲスト:若林豪、隆大介
途中までの雰囲気は大好きでした。
それだけに、オチがなぁ……ちょっと綺麗すぎたというか。


File.9 火傷のある男は、なぜ河原町署の拳銃保管庫に藤原署長の息子を人質にとって立て篭もったのか?

ゲスト:天宮良、山崎裕太
立てこもり事件がトラウマになりそうです……
久しぶりに署長ジュニアが出たことぐらい?


Last File 14年ぶりに帰ってきた殺人者は、なぜ自分の指紋がついた婚約指輪を新聞社に送りつけてきたのか?
★★★★★
ゲスト:宅麻伸、筒井巧、金山一彦、竹中里美、でんでん
今シーズンとしてだけじゃなく、『副署長』シリーズを綺麗に纏めきった傑作。
ちょっと甘めだけども、集大成としての位置づけで5点満点。大好きだ!




あおり文句だった『重厚な警察ミステリーとして帰ってきた!』なんて、全く信じちゃいませんでした。なのでいつぞやかの記事で、「近藤さん萌えドラマとしてなら視聴に耐え得る」なんて偉そうなことを書きましたけど、ものの見事にその予想は、いい方向へと外れてくれました。
感想見てもらえれば一目瞭然、見ていたドラマの中では1番楽しみにしてました。さすがにテレビの前に正座はしませんでしたけども、木曜夜8時は毎週楽しみで仕方なかった。
初回SPから後味の悪い欝回をやってくれたり、お得意・人情脚本が来たかと思えば異色実験回やネタ回を挟んできたりと、見ていて飽きない、実にバラエティに富んだシーズンでしたね。しかも、今までのシーズンよりクオリティが上がってる。
危惧していた船越の暑苦しさも、慣れてしまえばまぁ許容範囲。それでも鼻につく時はあったけども、そこらへんは演出・脚本・周りの演技によってカバーされていたように思います。
そして当初の目当て、近藤さんのどこまでがアドリブなんだアレって感じのお約束描写も、周りのキャラたちとの掛け合いも楽しかった。
初回SPで張った2つの伏線、副署長昇進フラグと島の記事についてもしっかり最終回で拾ってくれてシーズンを通してのストーリーや雰囲気も一貫していたし、満足です。

不満があるとすれば、

・難しいとは思っていたし綺麗に回収されていたけど、もうちょっと昇進フラグについては最終回以外でも触れてほしかったかも
ちょっとでいいんだ、黛がちらっと出てくるとかさ。黛さんがもっと見たかったとかじゃないよ本当だよ

・あまり通常回に文句つけるのもどうかと思うんだけど、9話の破綻っぷりだけはどうにかしてほしかった。他の話は出来不出来は別としてそこまで嫌いじゃないだけに、これだけが本当に惜しい。最終回直前で拳銃立てこもり扱うと破綻するってジンクスでもあるのか木8枠には。

この2つかなぁ。まあ、些細なことですけども。

とにかく、全ての要素において製作側の気合い入りっぷりが感じられた今期『副署長』。そのせいか東映公式が斜め上にやる気溢れるキモいことになっていましたけども、それもまたご愛嬌。その東映公式には、「またいつか帰ってくる」と書いてありました。
最終回感想にも書きましたが、ここで終わるのは惜しいと思いつつ、やっぱこれで終わっておくのがベストだと思う。
今期のようなテンションとクオリティを持続してくれるなら、いくらでも続編を作ってくださいと拝み倒してしまうところですが……どうでしょうねぇ。何か、語弊を恐れず言うならもうこれ以上の発展は望めないかも、と思います。だって、ラストが文句つけられないくらい綺麗だったんだもの。
たまに2時間SPとかで見たいなぁ。いつ見ても輝いている近藤さん含め、あのキャラたちにはまたどこかでお会いしたいです。

ということで。まとめとしては、

いいものを見せてもらえて本当によかった。面白かった! 3ヶ月間、お疲れ様でした!!

ってことで。最後の最後までべた褒めなのでした。
スポンサーサイト
03:15  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.18(Fri)

【その男、副署長】第10話 感想

Last File 14年ぶりに帰ってきた殺人者は、なぜ自分の指紋がついた婚約指輪を新聞社に送りつけてきたのか?

ゲスト:宅麻伸、筒井巧、金山一彦、竹中里美、でんでん

監督:藤岡浩二郎
脚本:櫻井武晴


いい最終回でした!

今週の話を見て、ものすごくテンションが上がってるんですが、私だけでしょうか。ええもうさすが櫻井脚本ですよ。どうしよう、あまりのクオリティの高さに、興奮しすぎて涙が止まらねぇ!
『相棒』公式ガイドブック1では、櫻井さんはご自分のことを「キャラではなく、事件で話を見せるタイプ」と言っていたけど、それは違うと思う。
事件でも、キャラでも話を見せられる御方です。
うんもう何ていうか、1時間で事件だけじゃなく、今シーズンはおろか3年間のシリーズまとめをやってのけてしまった回。キャラたちの変化や伏線を、丁寧に拾ってくれて本当によかった。
何というかベタ褒めしてますけど、それだけよかったということで。いいものを見せてもらいました。
とりあえずは今回の感想ー。

01:44  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.10(Thu)

【その男、副署長】第9話 感想

File.9 火傷のある男は、なぜ河原町署の拳銃保管庫に藤原署長の息子を人質にとって立て篭もったのか?

ゲスト:天宮良、山崎裕太

監督:石川一郎
脚本:吉本昌弘


今回の見所:可愛くないツンデレたち

前回の野沢さんフィーチャー回が結構面白かったので、期待してたんですけどねぇ……
何だろう、悪い意味で「ああ、やっぱ『20世紀からの復讐』(@相棒)書いた人なんだな」って思った。
木8で拳銃立てこもりをするとコケるっていうジンクスでもあるんですかね。前期の『科捜研』とコレしか知らないけど。
既に興味は、来週の最終回に移っています。予告に宅麻伸いた! 島もいるし、何か今回ちらっと出てた記者もいた。しかも櫻井脚本、何やら重たそうな雰囲気、初回のフラグ回収とくれば来週に期待しないわけにはいかないでしょう。
そしてかめ……じゃなくて、『853 ~刑事・加茂伸之介』の予告がっ。公式で予告動画も配信が始まり、期待は高まるばかり。
うんゴメン、昨日の徳永ショックがまだ尾を引いているのか、いまいちテンションが上がらなかったんです。予告2本でちょっと持ち直しましたが。

ということで、本日のいい加減な感想ー。

22:12  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.04(Fri)

【その男、副署長】第8話 感想

File.8 名前のない『杉木立』の男が、橋から転落死する前に俳句に遺した『罪』とは何か?

ゲスト:若林豪、隆大介

監督:石川一郎
脚本:岩下悠子


ゆうこりんお得意の人情回。
その違いは何だと言われたら困るのですが、どっちかといえば『おみやさん』辺りでやってそうな話だなぁ……と思いました。確かゆうこりん、『おみやさん』でも書いてるし。
んー。オチでそこまでの期待とかを、全部ひっくり返されちゃったなぁ……5話の催眠殺人もどきと似た感じ。ゆうこりん脚本なのであそこまで酷くはなかったけど、ちょっと綺麗過ぎるオチが鼻についたな、と思ったり。

では、今回の感想。


00:53  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.27(Fri)

【その男、副署長】第7話 感想

File.7 巨額の不正経理に暗躍する男たちの親指には、なぜ同じ場所にテーピングがされていたのか?

ゲスト:相島一之

監督:猪原達三
脚本:塩田千種


本日の感想・3話並のネタ回

……いや、府の不正経理とかでかい話扱ってましたけど、今回の肝は佳子ちゃんの一晩の過ちから始まった不倫の恋にあったわけです。
もう何というか、序盤の山田こと相島さんや演出、音楽がフザけすぎてて、その上ラストの(おそらく意図してはいない)インパクトですよ。
おそらく脚本はそれなりに真面目な話だったんでしょうけど、演出や役者の暴走とも言うべきこの笑いどころの多さ、非常に大好きです。ということで今回は個人的にネタ回扱い、マトモな感想は書けそうにもありません。
とりあえずひとつだけ言えるとしたら、上田刑事がまだいたら、相当カオスだっただろうなぁ……ってこと。あの人、佳子ちゃんに惚れてたもんね。

ということで、詳しすぎるあらすじはテレ朝公式を見ていただくとして、本日の感想。


00:29  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.19(Thu)

【その男、副署長】第6話 感想

File.6 身代金を3つのバイオリンケースに入れさせた誘拐犯は、なぜ誘拐した子供にタコヤキを食べさせたのか?

ゲスト:蟹江一平、深水三章、藤田宗久、山内としお

監督:猪原達三
脚本:真部千晶


『副署長』、秋クールなのに全10話決定おめでとうございます。
秋って大体8~9回、下手したら全7回とかあったりするんですが、今年は特に大きな特番とか野球中継とかがなく、どうやら運に恵まれている様子。さすが帝王、持ってるなー。
クオリティ面でも結構頑張ってるし、この調子で最後まで完走しきってほしいものです。
今回も、中盤ややダレたし人情クサさやご都合主義なんかも鼻についた所もあったけど、『副署長』らしさを損なわぬよう上手くまとまっていたなぁという。
帝王いわく『副署長』は「70年代の刑事モノ」がコンセプトらしいです。残念ながら私はその世代ではないため、そのコンセプトに沿えているかはわかりませんが、これはこれで結構嫌いじゃない。
何というか、受けた印象としては今期2話に近い感じですかね。次回予告に全てを持っていかれた、という意味でも。

というわけで、今回の感想ー。とはいっても、『副署長』の場合、テレ朝版・公式サイトの「おさらい」から、近藤警務課長による詳し過ぎるおさらいが読めますので、あらすじ拾いはやらないことにします。長くなっちゃうし。

23:59  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.13(Fri)

【その男、副署長】第5話 感想

File.5 教会の鐘の音を聞いた有名女優は、なぜ突然タクシーから飛び出し、投身自殺をしたのか?

ゲスト:芦川よしみ、神保美喜

監督:藤岡浩二郎
脚本:福田卓郎


実験作、異色回というのは予告の時点でわかっていたのでいいんだけど、それにしても雰囲気がアングラ舞台劇というか、大胆な構成でしたね。その割に、話の完成度がアレだったんですが。
先週も事件自体のクオリティはこれとどっこいどっこいだった気もするんだけど、あっちは野沢さんの話とリンク、フィーチャーさせてカバーしてたし。
レギュラーの刑事コンビと近藤さんがお休み、実は地味に撮影所回だった、という蓋を開けてみれば経費削減回だった今週。個人的に感じたのは『古畑』というか『相棒』だなぁ。似たような話がありました、予告の時点で感じたヤツとは別のヤツ。
でも、3rd seasonに入ってからの気合いの入りっぷり、今回で言うなら実験に走るその意気込みは買う。今回は、それがものすごい勢いで空回りしていただけで。
お世辞にも面白い回じゃないし、見所も少ないけど嫌いではないなぁというのが結論です。ただ『副署長』でやる類の話じゃないのは確かですが。

ということで、ややローテンションな今週の感想ー。


01:54  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.06(Fri)

【その男、副署長】第4話 感想

File.4 ピアノを弾く女からかかってきた電話の着信音は、なぜ指名手配中の逃亡犯の耳に聴こえなかったのか?

ゲスト:寺田千穂、比企理恵、伊藤洋三郎

監督:藤岡浩二郎
脚本:吉本昌弘


副署長の天敵、野沢刑事課長フィーチャー回。
正直、事件の構造なんかは結構粗があるし、人情臭さが鼻につく部分もあったんですが、嫌いな作りじゃなかったなぁ。
と思えたのも、石丸さん始めベテラン陣がしっかり脇を固めてくれたからですが。
やっぱりドラマって、役者の演技の割合もデカいよなぁ……当たり前だけど。
そんなことを思いつつ、今週の木8感想ー。


02:10  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.30(Fri)

【その男、副署長】第3話 感想

File.0 その朝、覚醒した副署長の頭は、なぜ上下逆さまでもズレていないのか?
File.3 その朝、覚醒した副署長の視界は、なぜ上下が逆さまになっていたのか?

ゲスト:大村彩子、河合龍之介

監督:石川一郎
脚本:岩下悠子


どうした、副署長。
今年の『科捜研』や『相棒』が、個人的に期待外れ・肩透かしが多かったのもあるんだけど、本当に今年の『副署長』は確変起きてる。面白い。
今回の脚本は普段人情モノ書いてるゆうこりんですけど、演出のおかげもあるけどこんなネタ回も書けるんだぁ、と。むしろこっちの方が私、好きよ。
序盤から超特急のネタ回。キャラクターもみんな活き活きしてたし、変化球ながらもラストは綺麗で実に木8らしかったし、何だか懐かしかった。砂本脚本っぽい気がしたもの。いやぁ、今年は気合い入ってんなぁー。いいことだ。
とにもかくにも、ゆうこりん全力のネタ回、存分に楽しませていただきました。今回はあらすじはあまり拾わず、ハイテンションなベタ褒めでいきます。


00:24  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.23(Fri)

【その男、副署長】第2話 感想

File.2 『牛の爪』と呼ばれた男のナップザックは、なぜ逃走時と逮捕後で重さが違っていたのか?

ゲスト:下條アトム、愛華みれ

監督:石川一郎
脚本:塩田千種


個人的には次回予告のインパクトに全てを持って行かれてしまった感じではありますが、まぁまぁの回ではないかと思います。
期待値に違いがあるとはいえ、前日の『相棒』よりは楽しめた。
だいぶゲストの演技や演出に救われてる感じではあるし、クサくてベッタベタだけど、こういう味を楽しむと割り切るのが『副署長』の見方かなぁ。
今回はベテラン刑事の平松さんと新人・宮下のフィーチャー回だったわけだし、無難に纏めればこんな感じかねぇ。

というわけで、今回の『副署長』感想ー。


11:34  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.16(Fri)

【その男、副署長】第1話 感想

File.1 河原町署の屋上を訪れた京都府警本部長は、なぜスーツ姿のまま射殺されてしまったのか?

ゲスト:宅麻伸、森本レオ、今村恵子、吉岡扶敏、山本紀彦、坂西良太

監督:猪原達三
脚本:櫻井武晴


すみませんでした。

『副署長』シリーズは木8枠の中で1番期待値が低いシリーズな上、今回の脚本書いた櫻井さんの話は、科捜研では微妙なのが多かったので、実は少しマイナス方面から見てたんですが。
それを吹き飛ばす、『副署長』シリーズとしても警察ドラマとしても秀作でした。
勿論、脚本だけの力じゃなく、演技も演出もよかった。
なんていうかベタ褒めが過ぎるかもしれませんが、それぐらいよかったということで。
前日の『相棒』SPと比べるのはナンセンスですが、あっちよりよっぽどちゃんと金もかかってるし、話もすっきりまとまってるしキャラやシリーズとしてのストーリーにも動きが出たし。
ありえないとわかっちゃいるが、もし万が一、今期いっぱいこのクオリティを保ってくれるなら、毎週木曜夜8時はテレビの前に正座して見る。そんな微かな期待をしてしまいました。
うん、不安だったけど、この分なら『相棒』と『副署長』を掛け持ちしても大丈夫……ですよね?
いつもならグダグダとあらすじ追ったり小ネタ拾ったりするんだけど、今回はとにかく褒めまくろうと思います。

どうしてこのクオリティを科捜研で出さなかった!とかいう恨み言はさておき。


12:31  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。