2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.14(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「去年と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。



第1話 消えた女刑事
★★
ゲスト:佐藤江梨子、内田朝陽、飯田基祐、平岩紙、溝呂木賢、吉野由志子、賀川黒之助
この回のポイント:村瀬元係長


CASE.2 殺人バースデイ
★★
ゲスト:平淑恵、三津谷葉子、仁科仁美、上杉祥三、渋江譲二
この回のポイント:青柳主任


CASE3 赤い破片の謎
★★☆
ゲスト:鈴木亜美、ヨシダ朝、山下容莉枝、木下政治、田根楽子、尾関伸嗣
この回のポイント:矢沢英明


CASE.4 ルビー殺人事件
★☆
ゲスト:古村比呂、西原亜希、松本まりか、松永玲子、針原滋、菊池均也、三谷悦代、仲野文梧
この回のポイント:柴田麻紀


CASE5 美食の殺人
★★
ゲスト:井上和香、山本ひかる、大高洋夫、長野里見、福井博章
この回のポイント:ふるさと汁


CASE6 秘密の部屋
★★★
ゲスト:宮地真緒、伊藤洋三郎、吉田羊、本間剛、山崎勝之、佐野大樹
この回のポイント:いじめ


CASE7 殺人法廷
★★☆
ゲスト:姿晴香、近江谷太朗、中川晴樹、金子裕、小田桐一、皆川玲奈、野元学二、前沢保美
この回のポイント:裁判員制度


CASE8 殺人渓谷
★★★☆
ゲスト:広澤草、松田賢治、山下徹夫、榊原利彦、草薙良一、立原麻衣
この回のポイント:野球のグローブ


CASE9 殺意の赤いライン
★★
ゲスト:河合美智子、松岡芙優、立石涼子、菊池美香、水谷百輔、遠山悠介、佐渡稔、菊地亜美
この回のポイント:矢沢早苗


CASE10 悪魔の連載
★★★
ゲスト:金子賢、入山法子、信太昌之、大竹浩一、赤星昇一郎
この回のポイント:飛蚊症


Last Case 最期の銃弾
★★★☆
ゲスト:中山忍、真島秀和、中村育二、遊井亮子

この回のポイント:手話




え、青柳主任のまま続けるの?←最終回の感想

青柳さんが主任になってよかったなぁと思ったのは、村瀬さんがどことなく伸び伸び活き活きしているところぐらいで、あとは青柳さんが劣化するばかりで悲しい限りなんですけど。青柳さんが主任になってから、なんか主任っぽさっていうか有能さを見せたことあったっけ? なのにいいのか、これで。

あとは特に……

ああ、そうだ。倫子ちゃんのデレっぷりが顕著でした。いきなりどうした。いや、可愛いからいいけどさ。もう結婚してもいいんじゃないか? したら最終回だけど。

今期は事件的に面白いなーと思ったのもそんなになかったので、本当に書くことがないです。今までのシーズンの中ではワーストクラスかもしれない。

と、最終回はそこそこだったんだけど、ローテンションのまとめでなんかスマン。でも正直な気持ちとしては、『9係』好きとしては、やっぱりもっとできるだろ、もっと面白いもの作れるだろって期待をしているんですよ。

とにもかくにも、スタッフの皆様、3ヶ月間ありがとうございました!



おまけにスピンオフ小説の1行感想。
スポンサーサイト
23:22  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.14(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第11話 感想

Last Case 最期の銃弾

ゲスト:中山忍、真島秀和、中村育二、遊井亮子、木村栄、かなやす慶行、荒谷清水、山田日向

脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎


最終回は青年スポット回。
新に入ってからの最終回じゃ1番マトモな出来だったよなと思う反面、平凡というか「いや、これを当たり前にしてほしいんだけどなぁ」とか思っちゃう私はなんか間違ってますかね。

23:22  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.07(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第10話 感想

CASE10 悪魔の連載

ゲスト:金子賢、入山法子、信太昌之、大竹浩一、赤星昇一郎

脚本:ハセベバクシンオー
監督:長谷川康


王道の『9係』の作りだったと思う。3チームがそれぞれ別々に動いて、それが真相につながるという。自分は悪く無いと思った。
でも、なんだか予告に持って行かれた感じがしないでもない。

22:45  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.31(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第9話 感想

CASE9 殺意の赤いライン

ゲスト:河合美智子、松岡芙優、立石涼子、菊池美香、水谷百輔、遠山悠介、佐渡稔、菊地亜美

脚本:伊藤洋子
監督:田村孝蔵


予告につられて早苗ちゃん大活躍展開を考えてた私がバカだったんだよ ←結論

22:40  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.24(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第8話 感想

CASE8 殺人渓谷

ゲスト:広澤草、松田賢治、山下徹夫、榊原利彦、草薙良一、立原麻衣

脚本:岡崎由紀子
監督:杉村六郎


津田寛治さんのインタビュー。

警視庁捜査1課の刑事たちが、反発し合いながらも事件を解決していくドラマ(水曜後9・00)で、村瀬健吾刑事を演じる。

 今期の民放連続ドラマでは視聴率トップの成績だ。

 「刑事ドラマなのに格闘シーンがほとんどない。掛け合いが魅力の会話劇。その独特の味わいが受け入れてもらえたのだと思う」

 捜査1課9係には加納倫太郎係長(渡瀬恒彦)の下、個性豊かな刑事が集まった。村瀬は一時9係を離れたが、部下の不祥事の責任を取り、平刑事として戻ってくる。新主任となった青柳靖(吹越満)と競いながら、浅輪直樹(井ノ原快彦)らと一体となって事件解決に挑んでいく。

 シリーズ開始から5年。主要登場人物やスタッフは変わらず、気心は知れている。とはいえ、なれ合いとは無縁だ。

 出演者たちは休憩時間も台本を読みながら、「ここがおかしい」「つながりが悪い」など、気づいたことを話し合う。議論の中で、セリフが変わることも多い。「即座に対応する柔軟性がある。撮影のテンポもいい。大人の現場だと思う」と話す。

 村瀬は熱血漢。周囲の無駄話に付き合うこともなく、眉間にしわを寄せて事件に向き合う。コンビを組む小宮山志保(羽田美智子)とのロマンスはありそうで、やはりない。

 「とにかく正義感が強い。世の中の役に立ちたいと常に考えている。功名心も強く、一生懸命なのだが、それが空回りして、おかしくもある」

 今や自身の代表作だ。それでも役と同化することはなく、「常に違和感を持っている」という。

 「同化すると鋭さがなくなってしまう。役と距離を置き、探りながら演じるのが楽しい」

 村瀬とは違う、温和な笑顔で語った。


 福井県出身。小劇場での活動を経て、北野武監督「ソナチネ」(1993年)を機に映画やテレビへの出演を重ねる。ほとんどが脇役だが、出演作品は膨大だ。作品のジャンルは多彩、演じる役柄も硬軟併せ、まるで統一感がない。

 「役を選んでいけば俳優像が出来るのだろうが、そこに興味はない。きた役をどうこなすか考えるのが楽しい。想像もしなかったような芝居になることもある」

 ドラマや映画の中で自分が目立つことにも、あまり関心がない。大事なのは視聴者や観客が、ストーリーに集中すること。

 「画面を見ていて『あっ、津田寛治が出ている』と認識されることは、物語に集中する邪魔にしかならない。僕はストーリーの中に埋没していいんですよ」

 自ら信じる役者像に徹する気概を感じた。

いつも(役柄にだけど)ダメ男とか言っててごめんなさい。ツダカン自体はカッコよくて大好きです。


今回!
久々に面白かった! そしていつもはピンと来ないサブタイも、今回は悪く無いかなーと思った回だったりする。

22:14  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.17(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第7話 感想

CASE7 殺人法廷

ゲスト:姿晴香、近江谷太朗、中川晴樹、金子裕、小田桐一、皆川玲奈、野元学二、前沢保美

脚本:真部千晶
監督:杉村六郎


最後の妹さんの何のフォローにもなってないエピソードさえなければ、今期1番よかったよと素直に言えたんだけどもね。

22:47  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.11(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第6話 感想

CASE6 秘密の部屋

ゲスト:宮地真緒、伊藤洋三郎、吉田羊、本間剛、山崎勝之、佐野大樹

脚本:波多野都
監督:長谷川康


サブタイから「みんな秘密を抱えてるんだよ」的なお話かと思ったらそうでもなかった。

22:05  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.03(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第5話 感想

CASE5 美食の殺人

ゲスト:井上和香、山本ひかる、大高洋夫、長野里見、福井博章

脚本:瀧川晃代
監督:田村孝蔵


「ネタへのツッコミが面白い」とお褒めの言葉を頂いたので、よーしパパ張り切っちゃうぞー
ってなわけで、本日も行ってみようか!


今回? 腹減った! それでよくないですか。

23:26  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.07.27(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第4話 感想

CASE.4 ルビー殺人事件

ゲスト:古村比呂、西原亜希、松本まりか、松永玲子、針原滋、菊池均也、三谷悦代、仲野文梧

脚本:真部千晶
監督:吉田啓一郎


今回は(も?)コント回。事件とかどうでもいいじゃん、もう。
ということで、さくっと小ネタを拾いましょうか。というか、ネタしか拾ってない。ゴメン。

22:46  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.07.20(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第3話 感想

CASE3 赤い破片の謎

ゲスト:鈴木亜美、ヨシダ朝、山下容莉枝、木下政治、田根楽子、尾関伸嗣

脚本:深沢正樹
監督:吉田啓一郎


今週の『TVガイド』に、吹越さんのインタビューがあったよ!
内容は各自で確認するように。

本編!

うむ、王道の『9係』だった。一部の不満を除けばな。
さくっと行こうか。時間ないし。

23:32  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.07.14(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第2話 感想

CASE.2 殺人バースデイ

ゲスト:平淑恵、三津谷葉子、仁科仁美、上杉祥三、渋江譲二

脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎


サブタイは東映公式に合わせてます。
第1話は「第1話」だったのに、なんで第2話から「CASE」にした。どっちでもいいけど。
そういえば、被害者は「麻衣」さんだった。「綾香」さんじゃなかった>私信

00:06  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.07.06(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第1話 感想

第1話 消えた女刑事

ゲスト:佐藤江梨子、内田朝陽、飯田基祐、平岩紙、溝呂木賢、吉野由志子、賀川黒之助


脚本:ハセベバクシンオー
監督:杉村六郎


723 名前:名無しさんは見た!@放送中は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/08(金) 18:59:11.84 ID:vRPCcNpg0
主任「お……お前が犯人だったのか……感じる……昇進の波動を……!」
犯人「9係よ……戦う前に一つ言っておくことがある。お前たちは私を捕まえるのに物的証拠だとかちゃんとした手続きなんかが必要だと思っているようだが……別になくても逮捕できる」
主任「な、何だって!?」
犯人「そして、『ヒミコ』はとりあえず処分という形で決着がついた。あとは私を倒すだけだな。クックック……」
(ゴゴゴゴ)
主任「フ……上等だ……俺も一つ言っておくことがある。14係設立だとか俺の昇進話だとか、そんな話があったような気がしていたが、別にそんなことはなかったぜ!」
青柳「妙子を事件に巻き込むのはもう限界だとか、そんなことはなかったぜ!」
矢沢「早苗ちゃんが実家へ帰って療養中だった気がしたが、そんなことはなかったぜ!」
小宮山「主任に14係へ引きぬかれた気がしたけど、そんなことはなかったわ!」
早瀬川「てっきり小宮山さんと主任がくっついてると思ってたけど、そんなことはありませんでした」
青年「係長と倫子ちゃんの仲を取り持たないといけないとか思ってたけど、そんなことはなかったぜ!」
係長「なんかあった気がしたけど、気のせいだと思う」
犯人「そうか」
主任「ウオオオいくぞオオオ!」
犯人「さあ来い9係ぃぃぃぃぃぃ!!!」

9係の皆の勇気が事件を解決すると信じて……!
新シリーズにご期待ください!

まんまこんな感じで終わったからな、去年のは

とかなんとか揶揄されるような終わり方をした昨年シーズンですが、マジでこのコピペの通りになってるじゃねーかオイwwwww
個人的には、どう考えても前作ラストの尻拭いまとめをさせられたしたようにしか見えないんだけどな……

というわけで、2011年の『9係』、いっちょ行ってみますか!

23:37  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.23(Thu)

【遺留捜査】感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価はものすごく私の趣味嗜好が出ていますが、感想を見る上での目安にでもなれば。



第1話 玩具のピアノと乱れた足音

ゲスト:近藤芳正、中山忍、浜田晃、橋本さとし
いや、その理屈はおかしい。


第2話 母子手帳と裂けたおみくじ

ゲスト:黒川智花、山入端佳美、斉藤悠
印象薄いんだよな。


第3話 12402歩
★★☆
ゲスト:芳本美代子、江守徹、遊井亮子、岸祐二、浅見小四郎、ヨシダ朝
1日1万歩ナメんな。


第4話 紅い石
★☆
ゲスト:小野武彦、大地泰仁、近野成美、佐野和真、内野謙太、皆川猿時
「L多めで」


第5話 書きかけのカード
★★☆
ゲスト:石田太郎、中原果南、遠山俊也、近江谷太朗、仲野文梧
結末に到るまでの過程が煩雑だなぁと。


第6話 神棚の木片
★★★
ゲスト:北川弘美、近藤公園、伊藤祐輝、木下ほうか
成人男性が「お兄ちゃん」はどうかと思ったけどな。


第7話 すべて他人のもの
★★☆
ゲスト:前田亜季、根岸季衣、河西健司、菅原大吉、芹沢礼多
何故かここだけ横山さん確変デレ状態。なんだったんだろう、コレ。


第8話 つぶされた指輪
★★☆
ゲスト:星野真里、長谷川朝晴、吉本菜穂子、二反田雅澄、大塚良重、草野康太、福井博章
だから、やっぱりあのチンドン屋は恐怖演出だって。


第9話 空のマッチ箱
★★★☆
ゲスト:馬渕英俚可、岸田真弥、笠原秀幸、高橋克明、高嶋寛
一番主題歌にあってる内容だった気がする。


第10話 遺留品、紛失
★★★
ゲスト:橋爪遼、長谷川初範、鶴田忍、前沢保美、千代将太、金澤美穂、かなやす慶行、岩橋道子
親とお酒を飲み交わせるのは、大人の特権です。


第11話 消えた遺留品…銀のスプーンと犬笛が語る真実!!
★★☆
ゲスト:佐々木すみ江、長谷川初範、金澤美穂
ラストはなんだアレ。



以下徒然。

話のコンセプト自体は好きです。方向性は決して間違ってないと思う。
でも話自体の出来に疑問符が浮かぶのが残念。もう少し事前にコンセプトについて詰めていってくれれば、人情刑事ドラマとしてすんなり受け入れられたと思います。
基本的に、事件解決は捜査一課の仕事。糸村さんがするべきなのは、「被害者の最期の声を遺された人に届けること」
たまにその軸がブレてしまっていたのが残念です。事件解決にまで糸村さんが関わるような、まるで糸村さん無双状態になったら、なんかそれは違うと思うんだよな。

あと、どっちかといえば加賀見さんと江藤さんの因縁よりは、糸村さんが何故遺留品にこだわるのか、その掘り下げもしてほしかった。最終回にはそれを持ってきてほしかったかなあ。これはこれで悪くはないと思うんだけどさ。

捜査一課の方々は、お嬢と曽根さんが勿体無い使い方をされていたと思う。特に曽根さん。
お嬢は少し(本当に少しだけど)糸村さんのスタンスに理解を示し、それでも自分の仕事をやり遂げるために自分なりに殻を破ろうと行動していた点は好き。
欲を言えば宮下さんの言葉は、最終回じゃなくて中盤辺りに持ってきてほしかった。最終回辺りでその言葉を受け止めた上で成長したお嬢が見たかったんだけどね。

村木さん&横山さんと糸村さんのやりとりは、いつも安定していて面白かったです。最後の最後まで報われない村木さんェ……

お嬢の扱いを筆頭に、なんだか殻を破りきれないまま終わってしまった感じで、自分としては「勿体無いなぁ」ってのがまとめなのかなと思いました。
もし、もっとこのコンセプトを煮詰めてパワーアップしてくれるなら、続編を楽しみに待ちたいなーと思います。

ってことで、3ヶ月間ありがとうございました!
19:16  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.22(Wed)

【遺留捜査】第11話 感想

第11話 消えた遺留品…銀のスプーンと犬笛が語る真実!!

ゲスト:佐々木すみ江、長谷川初範、金澤美穂

脚本:尾西兼一
監督:猪崎宣昭


最終回。佐々木すみ江さんの発狂演技がすげぇ怖かったんだけど。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.15(Wed)

【遺留捜査】第10話 感想

第10話 遺留品、紛失

ゲスト:橋爪遼、長谷川初範、鶴田忍、前沢保美、千代将太、金澤美穂、かなやす慶行、岩橋道子

脚本:尾西兼一
監督:麻生学


お酒なら、日本酒がいいじゃないか!
まぁ、私はもっぱら果実酒ばかりですが。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.08(Wed)

【遺留捜査】第9話 感想

第9話 空のマッチ箱

ゲスト:馬渕英俚可、岸田真弥、笠原秀幸、高橋克明、高嶋寛

脚本:徳永富彦
監督:麻生学


徳永脚本ということで期待値が低かったのは認める。
でも今回のお話は好きだよ。「どうかな」って部分もあるけど。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.01(Wed)

【遺留捜査】第8話 感想

第8話 つぶされた指輪

ゲスト:星野真里、長谷川朝晴、吉本菜穂子、二反田雅澄、大塚良重、草野康太、福井博章

脚本:坂田義和
監督:猪崎宣昭


全編にわたって漂う、どこか空回りして見える男の哀しい愛情のお話。
自業自得っちゃそうかもしれないけど、それで割り切っちゃうのも寂しいよねって。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.25(Wed)

【遺留捜査】第7話 感想

第7話 すべて他人のもの

ゲスト:前田亜季、根岸季衣、河西健司、菅原大吉、芹沢礼多

脚本:池上純哉
監督:猪崎宣昭


ありのままの自分でいれば、死ぬことはなかったのかな。大切なことですね。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.18(Wed)

【遺留捜査】第6話 感想

第6話 神棚の木片

ゲスト:北川弘美、近藤公園、伊藤祐輝、木下ほうか

脚本:伊藤洋子
監督:長谷川康


今までの話の中なら、1番すとんと腑に落ちた話。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.11(Wed)

【遺留捜査】第5話 感想

第5話 書きかけのカード

ゲスト:石田太郎、中原果南、遠山俊也、近江谷太朗、仲野文梧

脚本:尾西兼一
監督:長谷川康


糸村さんはチート的な存在だと発覚する回。これもシリーズの伏線なのか?

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.04(Wed)

【遺留捜査】第4話 感想

第4話 紅い石

ゲスト:小野武彦、大地泰仁、近野成美、佐野和真、内野謙太、皆川猿時

脚本:尾西兼一
監督:麻生学


「“L”は……『LOVE』だと思います……!」

そうなんですか?

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.04.27(Wed)

【遺留捜査】第3話 感想

第3話 12402歩

ゲスト:芳本美代子、江守徹、遊井亮子、岸祐二、浅見小四郎、ヨシダ朝

脚本:池上純哉
監督:麻生学


1万歩歩くって、結構大変なんですよねー。
目標にしないと、なかなか歩けないんだよな。

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.04.20(Wed)

【遺留捜査】第2話 感想

第2話 母子手帳と裂けたおみくじ

ゲスト:黒川智花、山入端佳美、斉藤悠

脚本:伊藤洋子
監督:猪崎宣昭


赤ちゃんを産んだばっかりの母ちゃんが殴り殺される話ですよ。男って怖いねー ←結論

21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.04.13(Wed)

【遺留捜査】第1話 感想

第1話 玩具のピアノと乱れた足音

ゲスト:近藤芳正、中山忍、浜田晃、橋本さとし

脚本:尾西兼一
監督:猪崎宣昭


公式サイトの公式インタビューを読んでいて、驚いて調べたらもっと驚いたこと。

主演の上川さんって46歳なの!? 5歳は下かと思ってた。と思ってたら、役も45歳ってマジか。随分落ち着きのない45歳だな。
で、ネットで画像検索したら、この俳優さん知らん人やーとか思ってんだけどちゃんと知ってる人だった。何かで見たことあるような感じの。しかし、髪型なんかでがらっと雰囲気変えられる俳優さんなんだなー。これがプロってものなんでしょうか。いや、すげぇ。

内容……は……
       \
 お そ .い ヽ
 か の や  |
 し  り  `  ,. -──- 、
 い .く   /   /⌒ i'⌒iヽ、
    つ /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ
    は i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ      _,....:-‐‐‐-.、
      l -‐i''''~ニ-‐,....!....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_
 ̄ \ヽー' !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ,!_`,!::::::::::::ヽ
    ヾ、 ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;    rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ
       i`''''y--- (,iテ‐,'i~´,ゝ'´     ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
       .|  !、,............, i }'´    _   、ー_',,...`::::ィ'
     ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
        (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
        `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                       (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                       ``''''''``'''''´


21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.09(Wed)

【相棒 season9】第18話 メモ

第18話 亡霊

ゲスト:古谷一行、木村佳乃、内山理名、岡本富士太、真夏竜、白竜、RIKIYA、津川雅彦、岸部一徳

脚本:戸田山雅司・輿水泰弘
監督:和泉聖治


最後のやっすいCGヘリとかどうでもよくなる話でした。

簡潔に纏めると、『カナリアの娘』で残したキーワードを使っての「小野田官房長、お疲れさまでした!」っていう感じの回でしたね。むしろ官房長追悼がメイン。映画の話とか『暴発』とかが思いっきり話の中核なんじゃないかと身構えてたら、全然そんなことなくてちょっと肩透かしだった。これは私の事情か。
今回の話で、官房長が本当に退場したんだー、と、『相棒』というシリーズ自体に大きな区切り(ある意味では亀ちゃん退場以上の衝撃)がついた気がして、そんな脱力感が襲ってきて、話の出来とか正直どうでもいいと思いました。
実際、正直に言うと自分は話そのものは面白いと思いませんでしたし。
以前、「『自分には合わない』という言葉で逃げるな」とお叱りを頂いたので、極力その言葉は使わないようにしようと思ったんですが、やっぱりこういう感覚って「合わない」としか言いようがないです。あと、「多用する『ごめん』も嘘くさい」って言われました。ごめん。でも「ごめん」と思ったから書くんです。ごめん。
そんなことはさておき、この話のベースのひとつである『カナリアの娘』が、私はあまり好きではなかったので、今回の話を面白いと思えなかったのはある意味、当たり前なのかもしれませんね。中盤辺りまでは、それの焼き直しかと思ってた。それで話に入り込めなかったのは、たぶんある。
雛子さん再登場は、すごいわくわくしたんだけどなー。なんかこう、肩透かし。行動が「今回も勝ち逃げされた」でまとめられちゃう感じだったのが惜しいのかね。傷がついちゃったら、その時点で雛子さんのキャラ崩壊な気はするんだけど。そういえば、なんでこのタイミングで再登場なんだろう。地味に神戸さんとは初遭遇なのか。「おっかねぇ女」とはまたえげつないながらも的確な言葉のチョイスで。
これは(も)言い訳臭いんだけど、どうやら私は古谷一行が苦手のようです。今まで気づかなかったんだけど、今回ではっきりした。駄目だ、苦手だ。理由はわからん。でも、苦手だ。なんだろうね。

今回の話で印象的だったのは、

・瀬戸内さん、保釈ってことはもしかして復帰? っていうか、亀ちゃんのことに触れられてたね。
・雛子さんはもう何かと契約でもしてるのかってぐらいのウルトラC常勝っぷりだな
・伊丹さんが暴走するのはシリアス回のお約束です
・三浦さんが死亡フラグ立ててたけど、回収されなくてよかったです。いきなり何を言い出すのかとビビったわ。
・車のことは詳しくないけど、GT-Rを公道でぶっ飛ばすなんて貴重な体験ができてよかったね、米沢さん。その後どうなったかはわからんけど。
・右京さんに対しては常勝のたまきさん
・ラストの瀬戸内さんと官房長のセリフ。劇場版Ⅱの「ずいぶんと青くなっちゃったね」がまた違った味わいに感じられてよかった。
・どうでもいいとか書いておいてアレだけど、ヘリの意図がまるでわからん

こんな感じでしょうか。


個人的簡易season9まとめ。
面白かったのは『過度期』『暴発』。後者は劇場版を見た上で見直したら評価が変わったんだけど、あえて感想記事は変えない。
23:49  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.03(Thu)

【相棒 Season9】第17話 感想

第17話 陣川警部補の活躍

ゲスト:原田龍二、中村靖日、霧島れいか、菅野菜保之、國本鐘建

脚本:戸田山雅司
監督:東伸児


あれよなぁ。作品さえ違えば、陣川さんの性格は間違いなく物語の主人公になれるタイプだよなぁと思いました。あくまで、「性格は」ね。能力については、この際さておいておこうよ。うん。
話については、ごちゃごちゃと難しいことを考えて細かいことツッコむタイプの話じゃないと思ったので、小ネタだけ拾っておきます。陣川さんについてだけ拾っておけば、それだけで1エントリになりそうなのはもうお約束なんだな。

14:15  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.24(Thu)

【相棒 Season9】第16話 感想

第16話 監察対象・杉下右京

ゲスト:堀内敬子、伊東孝明、橋沢雄一、俊藤光利、篠塚勝

脚本:戸田山雅司
監督:田村孝蔵


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話します
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『杉下右京を監察官聴取していると思っていたら、
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか自分が主席監察官に聴取されていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからないと思いますが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        私も 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   情報漏えいだとか国家公務員法違反だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてありません
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わいました…


ということで、今週も行ってみようかっ。

22:27  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.17(Thu)

【相棒 Season9】第15話 メモ

第15話 もがり笛

ゲスト:火野正平、つみきみほ、遠山俊也、赤星昇一郎、立石凉子

脚本:櫻井武晴
監督:和泉聖治



      |\           /|
      |\\       //|
     :  ,> `´ ̄`´ <  ′ 被害者遺族の名を勝手に騙って手紙を出したら
      V            V  その被害者遺族に被害が及びそうになって
      i{ ●      ● }i   それだけは何とかやめさせないとっていうのと
      八    、_,_,     八  復讐心がスライドしちゃった末の殺人
     / 个 . _  _ . 个 ',   人間ってわけがわからないよ
  _/   il   ,'    '.  li  ',_


……と、まぁ、冗談はさておいて。

上で茶化してはいるけど、別に言われているような、「動機がイミフ」とまでは思わんかった。
が、感情移入できるかは別。むしろ大多数はできなくて当然の動機じゃないか、とも思うんだけど、でもなんか、他の要素を削ってここらへんのドラマを重点的に描いたほうがよかったような。
犯人側じゃない被害者遺族の気持ちは痛いほどに伝わっただけに。
っていうか、明らかに尺が足りてない感じ? 元々は2時間用だったんじゃねって感じの設定・ストーリーの詰め込み具合に感じたんですけど、気のせいですか? そのせいで色々設定やストーリーに無理があったような。

正直、それに目をつぶっても、今回は面白い・面白くない以前に、自分には合わなかったです。

何かこう、画面が無駄にがちゃがちゃしてたというか……場面切り替えが頻繁すぎて逆に単調だったというか……見づらかったなぁ。音楽的には静かで「もがり笛」を強調してていい感じだったのに、なんか肝心の画面が……見づらい。ので、途中からながら見になってしまってごめん。色々設定を詰め込んであった割にはぽんぽんと話が進んでいったのも、話を追うことを諦めちゃった原因なのかな。ごめんなさい。
覚えてるのは、勝手に現場に来たくせにやたら態度のデカい特命とか、特命&米沢さんの赤いメガネとかぐらいでしょうか。あと火野さん。
それと、「罪を代わりに誰かが受けることはできない」かな。『暴発』でも似たようなこと言ってたし、今期櫻井脚本のテーマだったりするのかな。
雰囲気やストーリーなんかは嫌いじゃないなー、むしろ好きになれそうなのになー、と思ったんだけど、どうも合わなかったです。ごめん。何か今期、こんなのばっかりだな。ごめん。
12:43  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.03(Thu)

【相棒 Season9】第14話 感想

第14話 右京のスーツ

ゲスト:青山倫子、小松政夫、森次晃嗣、津村和幸、清水伸

脚本:徳永富彦
監督:東伸児


普通でした。
今回も簡易で。

16:51  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.03(Thu)

【相棒 Season9】第8話 メモ

第8話 ボーダーライン

ゲスト:山本浩司

脚本:櫻井武晴
監督:橋本一


今までもらった拍手の返信をまとめただけです。


14:36  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。