2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.02(Fri)

あんまりにもあんまりだ。

2週間ほど休眠する予定でしたが、楽園作りに失敗した苛立ちと、相棒シーズン8がマジでパねぇ状態になりつつあるのですっ飛んで戻ってきました。
いや、パねぇっつっても、悪い意味でのテレ朝のセンスが前面に押し出た感じです。
まぁ、シーズン7のOPでも、まさかの火曜サスペンス劇場風(歌付き)というセンスを見せてくれたスタッフなんで、あまり期待はしてなかったけどこれは酷い。
ちなみにシーズン7OP(音のみだが)はこちら。

歌詞はこちら→
>Life is the game.
>Some take a chance.
>Play your hand, you're just my dream.
>You never know.

参考までに、今までのOP集と、「相棒DS」でのOP
DSのしょっぱい音源+画質の方が、よっぽど相棒らしいって何なの……


では、マジでパねぇ状態な

「相棒」シーズン8のサントラジャケ&ポスター画像
スポンサーサイト
09:58  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.15(Thu)

【相棒 Season8】第1話 感想

第1話:カナリアの娘

ゲスト:内山理名、古谷一行、鈴木一真

脚本:輿水泰弘
監督:和泉聖治


ないわー。

なんていうか、OPのあまりのオサレさに、見る気をすんげぇ削がれました。なので、あまりまともな感想にはなってません。
実質神戸のキャラ見せ初回なので、事件描写が多少緩くなるのは仕方ないんだろうが、それにしても間延びしてたなぁ……1時間半、或いは上手く書けば1時間で収まった気もする。
相棒好きで、見る前は乗り気だった母親と妹が、途中からあからさまに飽きて、「つまんない」と呟いてたのが印象的でした。母親寝ちゃうし。
今までの相棒でも十分やらかしたであろう粗を差っ引いても、今回はグダグダな脚本でした。キャラネタ、キャラ萌え、役者の演技で2時間引っ張ったようなもんだよなぁ……

あ、これから何回続くかわからない感想の前に、これらについては、初回にハッキリ書いておきます。

・私は、神戸のキャラ自体は嫌いじゃない。
右京の『暴走する正義』に、ツッコミを入れる人間は必要だと思いますので。

でも役者としての及川は嫌い。演技も好きじゃない。

・ストーリーが面白くちゃんと纏まり、過去作否定にならないのであれば、話は思う存分好き勝手してほしい派。
ただし、あからさまなキャラ萌え押し付け路線、お涙頂戴路線はいらない。


今回はながら見が限界でした。眠くなった……

以下、あまりのオサレOPで何もかもどうでもよくなったあらすじ・見所・小ネタ拾い。



03:09  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.16(Fri)

【その男、副署長】第1話 感想

File.1 河原町署の屋上を訪れた京都府警本部長は、なぜスーツ姿のまま射殺されてしまったのか?

ゲスト:宅麻伸、森本レオ、今村恵子、吉岡扶敏、山本紀彦、坂西良太

監督:猪原達三
脚本:櫻井武晴


すみませんでした。

『副署長』シリーズは木8枠の中で1番期待値が低いシリーズな上、今回の脚本書いた櫻井さんの話は、科捜研では微妙なのが多かったので、実は少しマイナス方面から見てたんですが。
それを吹き飛ばす、『副署長』シリーズとしても警察ドラマとしても秀作でした。
勿論、脚本だけの力じゃなく、演技も演出もよかった。
なんていうかベタ褒めが過ぎるかもしれませんが、それぐらいよかったということで。
前日の『相棒』SPと比べるのはナンセンスですが、あっちよりよっぽどちゃんと金もかかってるし、話もすっきりまとまってるしキャラやシリーズとしてのストーリーにも動きが出たし。
ありえないとわかっちゃいるが、もし万が一、今期いっぱいこのクオリティを保ってくれるなら、毎週木曜夜8時はテレビの前に正座して見る。そんな微かな期待をしてしまいました。
うん、不安だったけど、この分なら『相棒』と『副署長』を掛け持ちしても大丈夫……ですよね?
いつもならグダグダとあらすじ追ったり小ネタ拾ったりするんだけど、今回はとにかく褒めまくろうと思います。

どうしてこのクオリティを科捜研で出さなかった!とかいう恨み言はさておき。


12:31  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.22(Thu)

【相棒 Season8】第2話 感想

第2話 さよなら、バードランド

ゲスト:大浦龍宇一、神尾佑、増沢望、吉見一豊

脚本:太田愛
監督:和泉聖治


ないわー。

と、先週と同じ書き出しでなんなんですがこれはないわ。
印象としては『緑の殺意』『殺人の資格』オサレって感じ。
右京と神戸のやり取りの妙はまぁまぁだったが、逆に言えばそれだけしか見所がなかった。
『相棒』では初めて書く脚本家ってのを差っ引いても、これはちと粗が目立ちすぎだろう。
来週もこの人らしいが、ちょっと不安だなぁ……今週のは捨て回。


というわけで、今回の感想・小ネタ拾い。


02:21  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.23(Fri)

【その男、副署長】第2話 感想

File.2 『牛の爪』と呼ばれた男のナップザックは、なぜ逃走時と逮捕後で重さが違っていたのか?

ゲスト:下條アトム、愛華みれ

監督:石川一郎
脚本:塩田千種


個人的には次回予告のインパクトに全てを持って行かれてしまった感じではありますが、まぁまぁの回ではないかと思います。
期待値に違いがあるとはいえ、前日の『相棒』よりは楽しめた。
だいぶゲストの演技や演出に救われてる感じではあるし、クサくてベッタベタだけど、こういう味を楽しむと割り切るのが『副署長』の見方かなぁ。
今回はベテラン刑事の平松さんと新人・宮下のフィーチャー回だったわけだし、無難に纏めればこんな感じかねぇ。

というわけで、今回の『副署長』感想ー。


11:34  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.29(Thu)

【相棒 Season8】第3話 感想

第3話 ミス・グリーンの秘密

ゲスト:草笛光子、川口真五

脚本:太田愛
監督:和泉聖治


前2週(特に先週)の出来が悪かった+先週からの流れで今回の脚本にあまり期待しなかった、ってのもあるんでしょうが、シーズン8に入って今回が1番マシ。
少なくとも、『段違い平行棒』呼ばわりする出来ではなかったし、後半のふっ飛び具合は驚いた。
ただ、大分ゲストの草笛さんの演技に助けられていたと思うし、ちょっとどうかと思う粗もあるんだよなぁ。雰囲気も、水9とか相棒とかいうよりは、木8的な感じだったし。
おそらく、『副署長』『おみやさん』辺りでやってくれたらもう少し好きになれた。『相棒』として見ると微妙。
嫌いじゃないけど、本当に微妙。神戸のキャラ立て回としてなら佳作、かねぇ。

と、今回はややテンション低めです。
何故なら風邪で寝込んでたせいで、再放送するとわかっていた『キソウの女』(脚本:櫻井武晴)を見逃したから。櫻井信者っていいましたけど、私にそんなものを名乗る資格はなかったよ。
……ゴメン、ものすごい私情挟んでるね。


02:03  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.30(Fri)

【その男、副署長】第3話 感想

File.0 その朝、覚醒した副署長の頭は、なぜ上下逆さまでもズレていないのか?
File.3 その朝、覚醒した副署長の視界は、なぜ上下が逆さまになっていたのか?

ゲスト:大村彩子、河合龍之介

監督:石川一郎
脚本:岩下悠子


どうした、副署長。
今年の『科捜研』や『相棒』が、個人的に期待外れ・肩透かしが多かったのもあるんだけど、本当に今年の『副署長』は確変起きてる。面白い。
今回の脚本は普段人情モノ書いてるゆうこりんですけど、演出のおかげもあるけどこんなネタ回も書けるんだぁ、と。むしろこっちの方が私、好きよ。
序盤から超特急のネタ回。キャラクターもみんな活き活きしてたし、変化球ながらもラストは綺麗で実に木8らしかったし、何だか懐かしかった。砂本脚本っぽい気がしたもの。いやぁ、今年は気合い入ってんなぁー。いいことだ。
とにもかくにも、ゆうこりん全力のネタ回、存分に楽しませていただきました。今回はあらすじはあまり拾わず、ハイテンションなベタ褒めでいきます。


00:24  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。