2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.06(Fri)

【その男、副署長】第4話 感想

File.4 ピアノを弾く女からかかってきた電話の着信音は、なぜ指名手配中の逃亡犯の耳に聴こえなかったのか?

ゲスト:寺田千穂、比企理恵、伊藤洋三郎

監督:藤岡浩二郎
脚本:吉本昌弘


副署長の天敵、野沢刑事課長フィーチャー回。
正直、事件の構造なんかは結構粗があるし、人情臭さが鼻につく部分もあったんですが、嫌いな作りじゃなかったなぁ。
と思えたのも、石丸さん始めベテラン陣がしっかり脇を固めてくれたからですが。
やっぱりドラマって、役者の演技の割合もデカいよなぁ……当たり前だけど。
そんなことを思いつつ、今週の木8感想ー。


スポンサーサイト
02:10  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.12(Thu)

【相棒 season8】第4話 感想

第4話 錯覚の殺人

ゲスト:近藤芳正

脚本:戸田山雅司
監督:橋本一


戸田山マリコは大好きです。でも、戸田山右京は苦手です。
やっぱり戸田山脚本だと、主役がスーパー化しちゃうんだなぁ。古沢脚本程じゃないけど。
もう今更かもしれませんが、今回特に右京さんのスーパーっぷりとオーバーリアクションが顕著だったので。アレ、マリコっていうか沢口さんだと気にならないけど、水谷さんだと気になるのはなんなんだろう。役者の違いってか演技や番組の質が全然違うだろうと言ったらそれまでだけど。
トリックとか構成とか、確かに『古畑』で似たようなのありましたけど、それより何より異質な右京さんの方が気になりました。トリックも微妙、期待しすぎたのもあったかもしれないが今回もハズレです。
でも『科捜研』復帰には期待している私は間違っているんでしょうか。とにもかくにも、今回の感想。


今回はあまりモチベーションがあがらなかったので、ダラダラとした小ネタ拾いを中心に行こうと思います


01:32  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.13(Fri)

【その男、副署長】第5話 感想

File.5 教会の鐘の音を聞いた有名女優は、なぜ突然タクシーから飛び出し、投身自殺をしたのか?

ゲスト:芦川よしみ、神保美喜

監督:藤岡浩二郎
脚本:福田卓郎


実験作、異色回というのは予告の時点でわかっていたのでいいんだけど、それにしても雰囲気がアングラ舞台劇というか、大胆な構成でしたね。その割に、話の完成度がアレだったんですが。
先週も事件自体のクオリティはこれとどっこいどっこいだった気もするんだけど、あっちは野沢さんの話とリンク、フィーチャーさせてカバーしてたし。
レギュラーの刑事コンビと近藤さんがお休み、実は地味に撮影所回だった、という蓋を開けてみれば経費削減回だった今週。個人的に感じたのは『古畑』というか『相棒』だなぁ。似たような話がありました、予告の時点で感じたヤツとは別のヤツ。
でも、3rd seasonに入ってからの気合いの入りっぷり、今回で言うなら実験に走るその意気込みは買う。今回は、それがものすごい勢いで空回りしていただけで。
お世辞にも面白い回じゃないし、見所も少ないけど嫌いではないなぁというのが結論です。ただ『副署長』でやる類の話じゃないのは確かですが。

ということで、ややローテンションな今週の感想ー。


01:54  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.19(Thu)

【相棒 season8】第5話 感想

第5話 背信の徒花

ゲスト:中村繁之、でんでん

脚本:徳永富彦
監督:橋本一


とりあえず3つ

・徳永脚本の中では1番マシ
・でんでんがよかった
・でも面白いかと言われると、ものすごく微妙


……何か周り見てみると結構好評で。いや、徳永脚本には前科(マグロとか9係・落雷花嫁とか)があったので期待値が下がりまくっていたせいもあるんでしょうけど。
シーズン8現時点の中では1番マシな話だと思うし、そこまでいちゃもんつけるほどじゃないんです。粗もあるけどまぁ、徳永だしと思えば許容できなくもない。粗があっても面白い話はあるし。ただ見ている側としては、全くテンション上がらない話だったなー。なんなんだろ、本当に。
ということで、今週もあまりあらすじは拾わず、小ネタ拾い中心で行きます。


01:37  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.19(Thu)

【その男、副署長】第6話 感想

File.6 身代金を3つのバイオリンケースに入れさせた誘拐犯は、なぜ誘拐した子供にタコヤキを食べさせたのか?

ゲスト:蟹江一平、深水三章、藤田宗久、山内としお

監督:猪原達三
脚本:真部千晶


『副署長』、秋クールなのに全10話決定おめでとうございます。
秋って大体8~9回、下手したら全7回とかあったりするんですが、今年は特に大きな特番とか野球中継とかがなく、どうやら運に恵まれている様子。さすが帝王、持ってるなー。
クオリティ面でも結構頑張ってるし、この調子で最後まで完走しきってほしいものです。
今回も、中盤ややダレたし人情クサさやご都合主義なんかも鼻についた所もあったけど、『副署長』らしさを損なわぬよう上手くまとまっていたなぁという。
帝王いわく『副署長』は「70年代の刑事モノ」がコンセプトらしいです。残念ながら私はその世代ではないため、そのコンセプトに沿えているかはわかりませんが、これはこれで結構嫌いじゃない。
何というか、受けた印象としては今期2話に近い感じですかね。次回予告に全てを持っていかれた、という意味でも。

というわけで、今回の感想ー。とはいっても、『副署長』の場合、テレ朝版・公式サイトの「おさらい」から、近藤警務課長による詳し過ぎるおさらいが読めますので、あらすじ拾いはやらないことにします。長くなっちゃうし。

23:59  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.26(Thu)

【相棒 season8】第6話 感想

第6話 フェンスの町で

ゲスト:森田直幸、阪本奨悟、仁藤優子

脚本:福田健一
監督:東伸児


本日の見所・「あれ? 今日って『相棒』やってたっけ?」と思うくらいの透明感

というのはさすがに言い過ぎではありますが、多分今回は後々思い返すときに、内容を思い出せない回だろうなぁと思った。先週、先々週と似たような感じ。
思い返せば、そんな回が増えたように思う今日この頃。シーズン8ではまだ素直に面白いと思えた回がないのが悲しい。
発想自体は悪くない。映像も演出も綺麗だったと思うよ(一部・お粗末なCG除く)。
ただ、何とも「え?」という、胸がもやもやする感じ。後味が悪いとかじゃないよ、話の出来に対してもやもやするという。
今回の話が好きだという人も結構いるみたいなんで(イケメンに満足したって意見もあるけど)、おそらくは好みの問題なのでしょうが、それにしても最後まで入り込めない回でした。

というワケで、ぐだぐだ言ったところで本日の感想。テンション低めです。ご了承ください。

05:12  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.27(Fri)

【その男、副署長】第7話 感想

File.7 巨額の不正経理に暗躍する男たちの親指には、なぜ同じ場所にテーピングがされていたのか?

ゲスト:相島一之

監督:猪原達三
脚本:塩田千種


本日の感想・3話並のネタ回

……いや、府の不正経理とかでかい話扱ってましたけど、今回の肝は佳子ちゃんの一晩の過ちから始まった不倫の恋にあったわけです。
もう何というか、序盤の山田こと相島さんや演出、音楽がフザけすぎてて、その上ラストの(おそらく意図してはいない)インパクトですよ。
おそらく脚本はそれなりに真面目な話だったんでしょうけど、演出や役者の暴走とも言うべきこの笑いどころの多さ、非常に大好きです。ということで今回は個人的にネタ回扱い、マトモな感想は書けそうにもありません。
とりあえずひとつだけ言えるとしたら、上田刑事がまだいたら、相当カオスだっただろうなぁ……ってこと。あの人、佳子ちゃんに惚れてたもんね。

ということで、詳しすぎるあらすじはテレ朝公式を見ていただくとして、本日の感想。


00:29  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。