2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.04(Thu)

【相棒 season8】第14話 感想

第14話 堕ちた偶像

ゲスト:田中哲司、竹本孝之、石井萌々果

脚本:太田愛
監督:近藤俊明


語弊を恐れずに言うなら、個人的に太田さんの脚本は『出来の悪いゆうこりん脚本』なんですよね。今回、特にそう思った。別名、ものすごくベタな木8テイストっつーか。
『空中の楼閣』『背信の徒花』(こっちは徳永脚本ですが)=今回
取り立ててぶっ叩く程のダメ回ではないのだけど、その代わり印象にも残らない。後々サブタイを見ても話を思い出せないであろう、そんな空気回でした。


スポンサーサイト
00:37  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.05(Fri)

【853】第4話 感想

File.4 ダメ男に友の盃を

ゲスト:小宮孝泰、山下容莉枝、新納敏正

脚本:櫻井武晴
監督:森本浩史


結論:酔っ払いは本当に手に負えない。

それはさておき、私、平成生まれのゆとり現代っ子で70~80年代の刑事モノドラマって全然知らんのですが、このテイストは好きです。東映公式曰く、ラストシーンをやりたかった話とのことで。
いい意味でのオヤジ臭さと、木8枠ならではの人情展開がうまーく混ざり合ってる感じ。
『ちょこっとメモ』にも書いた通り、前期『副署長』4話を思い出す渋さでした。話が似てるとかどっちがいいとか悪いとかじゃないよ、そういう『熱さ』を持ったドラマという意味では、似てるってこと。
事件がどうとかじゃねぇ。この話は、いやこのドラマは、この雰囲気を楽しむドラマなんだよ。そう確信させる話だったんじゃないかと思います。
私はこのテイスト、好きです。大事なことなので、もう1度言う。

私は、このテイストが好きです。

もう1つ叫ぼう。


女性陣が可愛いよぉぉぉぉぉぉぉ!!!! きゅんきゅん!


……ふぅ。

はい、ということで今回の加茂ちゃん、もとい『853』感想ー。

00:44  |  カテゴリ:853~刑事・加茂伸之介  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.11(Thu)

【相棒 season8】第15話 感想

第15話 狙われた刑事

ゲスト:加藤虎ノ介、村田充

脚本:戸田山雅司
監督:和泉聖治


めっちゃキャラ回ですなぁ。


01:19  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.17(Wed)

【相棒 season8】第16話 感想

第16話 隠されていた顔

ゲスト:鳥居かほり

脚本:玉田義正
監督:和泉聖治


岡本くんのサブリミナル写真は夢に出てくる。絶対に。

ということで、今回の感想は小ネタ拾い中心に行こうと思います。


23:54  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.19(Fri)

【853】第5話 感想

File.5 信じてみたっていいじゃないか

ゲスト:小松彩夏

脚本:櫻井武晴
監督:橋本一


感想遅くなってごめんなさい(´・ω・`)

こってりトンコツスープにちゃっぷりチャーシューのっけましたみたいなお話でした。
絶対アドリブ含めて遊んでるだろ、コイツらw と腹抱えて笑いましたとも。
話は……麺が、なぁ。
一言で言えば、色々くどい。


19:42  |  カテゴリ:853~刑事・加茂伸之介  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.25(Thu)

【相棒 season8】第17話 感想

第17話 怪しい隣人

ゲスト:小倉一郎、金井勇太、三宅弘城、松本実

脚本:徳永富彦
監督:東伸児


月刊ハイビジョン読んだよー。お目当ては3月18日(木)放送が決定した、『科捜研』SPの情報。
やっぱ脚本、櫻井さんなんだ……微妙に「戸田山さん復帰とかないかなー」と期待してたんだけど……いや別に、櫻井さんが嫌ってわけじゃないよ。でも本当、ここ最近の仕事量がすさまじく思えるんですが……大丈夫ですか色々な意味で。どうやら『853』最終回も櫻井さんっぽいし、2日・2週連続で櫻井脚本堪能できるんですか! うわぁもうたまんねぇ。3月たまんねぇ。
で、監督はおなじみ、辻野さん。ゲストは清水美沙さん。見たことある人だなーと思ったら、『相棒』『顔のない女神』でDJやってた人だ。
肝心の話は……し、新興宗教? 『神の手』ってなんぞ。
それがどう事件に絡んでくるのか、すげぇ気になる。しかし一応今年でシリーズ10作目なんだし、去年の高視聴率記念ということで、ちゃんと予算つけてやってほしい……なぁ。もうSPの分は無理でも、(おそらくはあるであろう)今年のレギュラー放送の分は。

……え、今回の『相棒』? 


見直したってわけじゃないけど、やっぱこういうコメディタッチな話の方が筆がノッてそうではあるなぁと思う徳永脚本。
ツッコミどころは多数ありますが、まぁそこひっくるめて三馬鹿トリオがほぼ全てかっさらっていってくれたんでよしとします。今回はよくも悪くも三馬鹿トリオ萌え回。
では今回の感想、いってみようー。


00:29  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.26(Fri)

【853】第6話 感想

File.6 生きているのも悪くない!

ゲスト:キムラ緑子、緑友利恵、滝沢涼子

脚本:岩下悠子
監督:橋本一


ゆうこりんはアレなんだな、『木8的』なツボを抑えるのが上手いんだなぁと思った。
王道というかベタというか、そういう部分が「『古き良き昭和』を表現するという番組コンセプトと噛み合ってるんではないかと。
その分、雪子ちゃんのキャラが今までとブレてたかなーと。そこら辺の描写、説得力がちと弱かったのが残念かなぁ。
でも話自体は好きです。何だろな、春間近の青空っぽいお話でした。何で詩的表現してるのかは自分でもよくわからんが。

とりあえず、今回の感想ー。


01:10  |  カテゴリ:853~刑事・加茂伸之介  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。