2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.05(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第6話 感想

第6話 殺しのルージュ

ゲスト:橋本さとし、高橋洋、龍坐、六角慎司、加藤裕月、小野晴子、珠木ゆかり

脚本:ハセベバクシンオー
監督:田村孝蔵


ホラー回ならそう言えよ。

いや、実は放送直前まで、とある電波ホラーゲームの実況動画を見てまして。
実況の人の声が某国民的声優さんにそっくりで和んでまして、そのゲームの実況自体も「もう何度も見てるし、大丈夫だろー」とか思ってたんですけど、どうやら自分自身のビビリ癖がいつの間にか予想以上に進行してたらしく、久々にホラー系動画を見たのもあって何これ、マジ怖ぇとか超ビビレストな状態で放送時間に。
そこで、「よし。『9係』のみんなの楽しいやり取りで口直ししよう。うん」とか思ってたらご覧の有様だよ!
不意打ちでホラー回とかマジ卑怯。予告じゃ、絶対みんなの掛け合いが楽しい回だと思ってたのに。さすがテレ朝東映さすが卑怯。

話は面白かったです。面白かったんだけど嫌だよぉぉぉぉ怖いよぉぉぉぉ

ってな感じで、だいぶ混乱して涙目になりながら今回の感想に行ってみよー! うぇーい!

なんか今回、いつも以上にワケわかんないこと書いてたらゴメンなさい。


スポンサーサイト
02:30  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.06(Fri)

【科捜研の女'10】第4話 感想

CASE.4 刑事の闇! 歩行分析が暴いた殺意の謎!?

ゲスト:古谷一行、小島可奈子、木下通博、大林丈史、押谷かおり

脚本:櫻井武晴
監督:石川一郎


『科捜研』サントラのジャケが決まったようです。

今年のポスター使うのかー。
ジャケ……地味……だな……
まぁ、正直、ドラマのサントラなんてジャケ買いする人って5%以下だろうし(いることは否定しないけど、ほぼいないだろうなぁ)、これでいいんでしょうね。下手に浮ついたジャケットにされるよりは、マシだと思うことにする。うん。
でも、収録曲72分(amazon参照)って、すごいな……本当にギリギリまで詰め込んでやがる……
これは期待できるサントラやで。

ということで、『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラックは9月1日に発売しますっ!(notアフィリエイトリンク)
『科捜研』ファンの方も、川井憲次サウンドファンの方も、ドラマサントラマニアの方も、要チェック!
よーろしーくねー!


で、今回の感想はー。


CASE.4 科学を胸に 今、事件を終わらせる時……!
(前略)
マリコ「お……お前が犯人だったのか……感じる……ベンガラの波動を……」
犯人「マリコよ……戦う前に一つ言っておくことがある。お前は私を捕まえるのに『物的証拠』が必要だと思っているようだが……別になくても逮捕できる」
マリコ「な、何だって!?」
犯人「そして、青酸カリのビンは危ないので、1つ隠しておいた。あとは私を倒すだけだな。クックック……」
(ゴゴゴゴ)
マリコ「フ……上等だ……私も一つ言っておくことがある。決め手が『歩容認証』から導き出した『最後に犯人と会っていたから』だけってのは弱すぎると思っていたが、別にそんなことはなかったぜ!」
犯人「そうか」
マリコ「ウオオオいくぞオオオ!」
犯人「さあ来いマリコォォォ! 実は私は違法な状況証拠だけで落ちるぞオオ!」

マリコさんの勇気が、事件を解決すると信じてますん。


なんか今、去年の拳銃立てこもりの回を初めて見た時と同じ気分です。
※お察しください。


00:05  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.12(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第7話 感想

第7話 聴かれた殺人

ゲスト:宮地雅子、菊池麻衣子、田宮五郎

脚本:瀧川晃代
監督:杉村六郎


青柳さん、とうとうキツネ扱いですよ。 ※東映公式あらすじ参照
しかも、イラストまでついてやがる。相変わらず、情熱をかける方向が間違ってるよ『9係』東映公式。でも、そこが好きです。

しかし……さすがの青ちゃんでも、『すっぱい葡萄』のキツネよりは可愛げあるよ。たぶん。
早苗ちゃんは福太郎になんて教育してるんだよw
でも、台詞でもちゃんと存在を示唆されててよかったです。

そんな青柳さんのストッパー役である矢沢さんこと田口さんのインタビューが、今週の『TVガイド』にありましたよっと。一応ご報告。

えー、ではとりあえず、今回の感想行ってみましょうか。
なんかテンション低いけど、別につまんなかったワケじゃないよ。面白かったよ。ただ、結構な後味の悪さが残る話だったんで、テンションがあがらないだけです。じゃあ、行ってみよう。


01:28  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.13(Fri)

【科捜研の女'10】第5話 感想

CASE.5 過去から来た殺人者 残されたDNAの謎

ゲスト:森廉、野々村仁、翔太、田中良子、柄本時生

脚本:李正姫
監督:石川一郎



今週の『ザ・テレビジョン』に、ちょこっとだけど内藤さんのインタビューがあったよ(*´∀`*)

アカン。顔ニヤけちゃうぅぅぅぅあああああ、やっぱカッコいいよぅ。はぅー!
しかもなんかインタビュー見ると、皆さん真面目ながらも、結構和気藹々とやってそうだなーって感じで和みました。勝手に。
沢口さん、やっぱりケラ子なのか。そんな感じだもんなぁ。生真面目なのもよーくわかるw

っていうインタビューについてを、今回の感想本文に入るまでの話の枕にしようかと思ったんですけど、それを吹っ飛ばすような情報が。


今年の『科捜研』は全10話(9月16日最終回)
そして、最終回2時間SPが確定です。



  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |


※マジです。
(ソース:TVJAPAN)


キタ―――(゜∀゜)―――!!!

(n'∀')η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* キマシタワァ

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!


ついでに言うと、9話のゲストに佐野史郎さん。

何これ……サントラ発売に加えて、いいんですか? こんな待遇よくて。なんか逆に怖いんですけど。何この謎のやる気。
私は……夢を見ているんでしょうか。夢かもしれない。夢なんじゃないでしょうか。そうか夢か。なんて幸せな夢なんだ。できるなら、このまま覚めてくれるな。起こさないでね。私、今幸せだから。
とりあえず、最終回までの脚本家陣が気になるところ。
ゆうこりんはー? マダー? マチクタビレター
戸田山さんのネタ回はー? ないのー?
櫻井さんはまた書かないのー? 書くよねー?
そして、最終回は誰が書くんだー? これ1番重要ー。
気になることばっかりですけど、「待て続報!!」ってところでしょうかね。
TV雑誌はこまめにチェックしよう、ってこった。ああ、雑誌がどんどん溜まっていく……


とりあえず『科捜研』ファン、内藤さんファンの人は、今週号の『ザ・テレビジョン』を迷わずチェック!
ついでに『TVJAPAN』もチェック!

そして『科捜研』ファン、川井憲次サウンドファン、ドラマサントラマニアは、最終回までに『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラックも忘れずに予約しておこうね!(amazonへのリンク。notアフィリエイト)
たっぷり時間もあるし、ぜひぜひよろしくね!
tenragさんとのお約束だよー? みんなはわかったかなー!?


さて、雑誌の内藤さんインタビュー&衝撃の発表ショックのおかげでものすっごい鬱陶しいテンションかつものすっごい長い前置きになりましたが、今週の感想。

話としてはどーかなーって感じではあるんですが、話全体に漂う厨二病臭さを、メタ的に楽しむネタ回としてならアリ。
地味に小ネタもいっぱいあったし、展開はツッコミのしがいがありましたし(ない方がいいんだけど)、犯人も今村くんも救いようのない厨二病だし、地味に最後のマリコさんもそれっぽいし。
すっごい偏った楽しみ方だとは思いますが、少なくとも見てて飽きなかったのは確かです。実況向きだったとでも言えばいいんですかね。

ってことで、行ってみようかー!


01:53  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.19(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第8話 感想

第8話 歩く死体

ゲスト:蟹江一平、小西美帆、小林高鹿、小野真弓

脚本:真部千晶
監督:杉村六郎


趣味が悪いと思いつつ、ついつい覗いてしまうアクセス解析の『検索ワード』。
色々ヘンなことを書いている私がいけないんですが、これがなかなかにカオスです。いや本当、趣味悪いんだけど面白いんだよね、見るの。こういうこと言うと、退かれるなうん。ゴメン。
で、先日、このような検索ワードが。

小宮山×村瀬

しゅ、主任がぁぁぁぁぁぁ!
とうとう、小宮山さんに喰われたぁー!!


ああまぁ……確かに……小宮山さんなら主任ぐらい、とって喰っちゃっても……違和感はない……かな……
ただ、とって喰う前に、つかさちゃんとの決着は、ドラマ内できっちりつけてくださいよ……
今期中に決着する気配がないのがすごい嫌。このまま、なあなあにされたらたぶん、泣く。錐揉みしながら泣く。


ってなことは置いておいて、とにかく本日の感想へ行ってみましょうか。


03:02  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.20(Fri)

【科捜研の女'10】第6話 感想

CASE.6 疑惑の遺体解剖! 遺された皮膚片の秘密

ゲスト:平田満、未來貴子、池田愛、波岡一喜、山田麻衣子

脚本:松本美弥子(プロット原案:戸田山雅司)
監督:兼涼介


『科捜研』がノベライズ化されるよ! ってテレ朝メルマガからお知らせが来る夢を見た。

夢の内容はすごいハッキリ覚えてて、「あの『科捜研』が、いつでも手元で楽しめる! まずは最新シリーズからノベライズ化!!」って文面で、マリコさんが試験管とスポイト持ってる、あのCM提供画面でお馴染み(?)の画像付きでした。
最近の待遇のよさから、ありえなくはないよねって思って超喜んでたら夢でした、っていう。目が覚めた瞬間、なんか視界がものすっごいぼやけたよ。
私、これを予知夢だって信じてるんだけど、ダメかな。

ってことで、残念ながらまだノベライズ化はされないようですが、『科捜研』の劇中音楽はいつでも手元で楽しめるようになります。
『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラック、9月1日に発売っ!(amazonへのリンク。notアフィリエイト)

……いい加減サントラ発売の告知がしつこいとか、文面のネタが無くなってきてるとか、色々ご意見はあるとは思いますが、とりあえず、今期いっぱいはamazonへのリンクを貼り続けようかなーと思ってます。ごめんね。

本題。

面白かったよ。
風丘先生にスポットが当たってるのもあって、『科捜研の女』ならぬ『法医学教室の女』みたいになってたような気はするけど。でも風丘先生が思い悩んだり、迷いを吹っ切って解剖に臨むっていう描写は丁寧で結構好き。
つか、脚本に戸田山さん絡んでたのかー。賛否両論・当たり外れはありますが、戸田山さんの脚本はレギュラーキャラ描写の掘り下げ、味付けが丁寧なので好きです。

ってことで、今回の感想へ。


00:45  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.26(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第9話 感想

第9話 二つの血痕

ゲスト:渡辺哲、ベンガル、原田佳奈、大村波彦、篠田光亮、かでなれおん

脚本:岡崎由紀子
監督:吉田啓一郎


江藤(DV男)は、小宮山さんのパンツの色を吐いてから速やかに机の角に頭をぶつけるように。

正直に吐いたら、小宮山さんが「殺すよ? ぶっ殺しちゃうよ?」状態になるかもしれないけど。

ということで、本日の感想へー。今日はネタ全開でしたなぁ。


01:50  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.27(Fri)

【科捜研の女'10】第7話 感想

CASE.7 科捜研vs絵画修復家 消された微細証拠!!

ゲスト:杉本哲太、今井朋彦、久世星佳

脚本:櫻井武晴
監督:西山太郎


『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラック、発売日まで1週間切りました。(Amazonへのリンク。アフィじゃないよ)。
皆さん、もう予約はお済みですか? まだの方は急いでね。
あ、ちなみにAmazonでも視聴ができるようになっていますよっと。

本題。

マリコさんが風邪ひいたことを散々ネタにしてたら、自分が夏風邪ひいた。
ごめん、ゴメンよマリコさん。しかも喉やられたし声掠れたし。こういう面白い回に限ってこの様。
間違いなく、これはマリコさんのせいだ。マリコさんを怒らせちゃダメですね。違うか。

で、まぁ、そんな風に夏風邪で煮えた頭で見てたら、あっという間に終わって驚いた(いい意味で)。

そんな感じで、今回の感想へ。

21:25  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.31(Tue)

【科捜研の女'10】第7話 感想の蛇足な補足。

やることもないので、ぼーっと『科捜研』の7話を見返していて、「今回は小ネタもいっぱいあるなぁ」っていうことに今更ながら気づく。
そして見返していて、人の意見を読んでいて、色々感想が変わったところもある。
でも、今更感想記事に付け足すのもアレだなぁ。っていうか、こっそり付け足しても、誰も気づいてくれないだろうなぁ。
それは、なんつか寂しい。
ってことで、なんか感想記事の補足みたいな感じで、改めて小ネタ拾いとかをやってみることにした。

内容としては完全自己満足・蛇足の極みみたいなものなんで、いつも以上にさらっと流してあげてください。お願いします。


07:41  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。