2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.20(Fri)

【科捜研の女'10】第6話 感想

CASE.6 疑惑の遺体解剖! 遺された皮膚片の秘密

ゲスト:平田満、未來貴子、池田愛、波岡一喜、山田麻衣子

脚本:松本美弥子(プロット原案:戸田山雅司)
監督:兼涼介


『科捜研』がノベライズ化されるよ! ってテレ朝メルマガからお知らせが来る夢を見た。

夢の内容はすごいハッキリ覚えてて、「あの『科捜研』が、いつでも手元で楽しめる! まずは最新シリーズからノベライズ化!!」って文面で、マリコさんが試験管とスポイト持ってる、あのCM提供画面でお馴染み(?)の画像付きでした。
最近の待遇のよさから、ありえなくはないよねって思って超喜んでたら夢でした、っていう。目が覚めた瞬間、なんか視界がものすっごいぼやけたよ。
私、これを予知夢だって信じてるんだけど、ダメかな。

ってことで、残念ながらまだノベライズ化はされないようですが、『科捜研』の劇中音楽はいつでも手元で楽しめるようになります。
『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラック、9月1日に発売っ!(amazonへのリンク。notアフィリエイト)

……いい加減サントラ発売の告知がしつこいとか、文面のネタが無くなってきてるとか、色々ご意見はあるとは思いますが、とりあえず、今期いっぱいはamazonへのリンクを貼り続けようかなーと思ってます。ごめんね。

本題。

面白かったよ。
風丘先生にスポットが当たってるのもあって、『科捜研の女』ならぬ『法医学教室の女』みたいになってたような気はするけど。でも風丘先生が思い悩んだり、迷いを吹っ切って解剖に臨むっていう描写は丁寧で結構好き。
つか、脚本に戸田山さん絡んでたのかー。賛否両論・当たり外れはありますが、戸田山さんの脚本はレギュラーキャラ描写の掘り下げ、味付けが丁寧なので好きです。

ってことで、今回の感想へ。


スポンサーサイト
00:45  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。