2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.09.16(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第12話 感想

第12話 ヒミコ強奪

ゲスト:寺田農、東風万智子、鶴見辰吾、遠山景織子、神尾佑、俵木藤汰

脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎


やる気が湧かないので簡易

スポンサーサイト
01:27  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2010.09.16(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。

評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「去年と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 100億の殺人
★★☆
ゲスト:松重豊、岡本富士太、藤田宗久、小橋めぐみ、三浦透子、石井愃一
けろけろりん

第2話 殺人酵母
★★
ゲスト:さくら、小林綾子、池田成志、草野とおる
パンが美味しそうやん。ラブラブやん。素敵やん。

第3話 殺人ベストセラー
★★☆
ゲスト:高橋ひとみ、木野花、穂のか、阿南健治、吉本菜穂子、河合龍之介
幼稚園児に雅歌を読ませるなんてとんだミッションだぜ

第4話 死者からのメール
★★
ゲスト:不破万作、菅原大吉、伊藤祐輝、AKINA
青柳さん無双

第5話 殺人DJ
★★★★
ゲスト:堀内敬子、小市慢太郎、沢井美優、建蔵
青妙かわええ(*´∀`*) けど、やっぱ妙子さん関連は限界な気も。

第6話 殺しのルージュ
★★★
ゲスト:橋本さとし、高橋洋、龍坐、六角慎司、加藤裕月、小野晴子、珠木ゆかり
ありゃあキチガイの顔ですわ

第7話 聴かれた殺人
★★★☆
ゲスト:宮地雅子、菊池麻衣子、田宮五郎
「ベストハズバンド賞なんですから」

第8話 歩く死体
★★★★
ゲスト:蟹江一平、小西美帆、小林高鹿、小野真弓
森野△

第9話 二つの血痕
★★☆
ゲスト:渡辺哲、ベンガル、原田佳奈、大村波彦、篠田光亮、かでなれおん
キャラネタの勢いだけなら、今期1番かもしれない。

第10話 高層の死角
★★☆
ゲスト:中原丈雄、遠山俊也、中村倫也、山崎大輔、内野謙太、小宮久美子
今期で唯一「主任の立場を救済している回」と考えると、案外重要な回かもしれない。

第11話 殺人ネイル
★☆
ゲスト:鶴見辰吾、遠山景織子、松永京子、マギー、泉里香、馬場梨里杏、松本春姫
正直いらんかったんじゃないかと。

第12話 ヒミコ強奪

ゲスト:寺田農、東風万智子、鶴見辰吾、遠山景織子、神尾佑、俵木藤汰
全部ぶん投げて終わりって、さすがにそれはねーですわ。




以下徒然。

加納親子と青年→あとは係長が歩み寄るだけ
村瀬主任今期最大の被害者
小宮山さん→何かと目立ってはいたけど、主任に巻き込まれてワケわかんないことになってたような
青柳さん→妙子さんを事件に巻き込むのはさすがにもう限界じゃないかなぁと
矢沢さん→青柳さんとの掛け合いに救われてた感アリ
早瀬川さん→今期、唯一立ち位置が救済されてたキャラ


と、こんな印象を持ちました。

とにもかくにも主任が不憫。
なんかこれ、去年も言った気がするけど、まさかそれ以上のクラッシュが来るとは思わなかったです。
つかさちゃんと別れて云々、今更小宮山さんとくっつきそうでくっつかないで云々とか、何べんでも言うけどseason3最終回までの積み重ねを全否定だからね、それ。
つかさちゃん派(厳密には「主任はとっととつかさちゃんと結婚して、小宮山さんとつかさちゃんに振り回されるべき派」ですが)の私、涙目。去年、「登場回数少ない」とかでぶーぶー言ってすみませんでした。これだったら、触れられない・登場できないままの早苗ちゃんコースの方がナンボかマシでした。
そんな人それぞれ意見が分かれそうなカップリング論をなしにしても、今期の主任の扱いは不憫。わざわざ太字で強調しますけど、ものすっごく不憫でした。
パートナー役だったつかさちゃんとの別れは端折られるわ、初っ端からイライラギスギスキレキレキャラにされるわ。その理由も「彼女と別れて機嫌悪い」(by小宮山さん)で片付けられた上、今期での主任の存在価値そのものと言っていい小宮山さんとの関係性もぶん投げられて終わって、せっかくの昇進話も投げられたまま。
そう考えると、一応捜査面で地味ながらも活躍していた10話は、話の印象は薄いけど「主任のキャラを救済する」という意味では、割と重要な話だったのかもしれない……と錯覚しそうになる。印象薄いんだけど。

で、それに巻き込まれる形で微妙な扱いになっていたなぁ、と思う小宮山さん。
キャラスポット回の7話は好きですし、それ以外でも割と平均的に活躍していた(目立っていた)んですが……
やっぱり主任とくっつくのは「今更?」って感じなんだよな。それは、私がつかさちゃん派だからそう思っちゃうのかもしれませんけれども。
キャラ単体は好きなんだけど、主任との色恋沙汰(っぽいフラグ)が絡むと、途端にチープなキャラになっちゃうのは何故なんだぜ。

そんな彼女の「飲み友達」と位置づけられることで、早瀬川さんのキャラはだいぶ固まったなーと思います。今期で唯一、立ち位置がマトモになっていた人なんじゃないでしょうか。
そういえば、早瀬川さんのキャラスポット回来るかなー、と勝手に予想してたんですが、来なかったね。

青柳さん。
掛け合いの中心にいるのはさすがだと思うんだけど、それでもそろそろ妙子さんを事件に巻き込むのは限界じゃあないかね。マジで勘弁してやれ。パートナー勢で倫子ちゃん除いて唯一登場できたのに、妙子さんも扱いが不憫だわ……
っていうか、青ちゃんのキャラも中の人のアドリブに大分救われてる感じがする。それでも、キャラがブレない辺りはさすがだなぁと思いますが。

それ以上に中の人のアドリブで救われている感じがする矢沢さん。早苗ちゃん関連が封印されると、やっぱり青柳さんとの掛け合いで目立つしかないもんなぁ……
早苗ちゃんを出すのは難しいのかなぁ。出すのが難しくても、ちょろっと台詞の端に出るだけでも、安心するんですけども。

そして、加納親子と青年。
加納親子は……もう倫子ちゃんが完全にデレてるので、あとは係長次第。それも、あと少しで完全に和解出来そう。
青年ともデレデレラブラブバカップルになってるし。こんなリア充カップルになるなんてな……思いもしなかったよ……
今期最終回で、唯一ちゃんとオチらしきものをつけられていたような気はするけども。


と、不満ばかりがぐだぐだと連なっていますが、それはやっぱり最終回があの出来だったからなのかなぁ……
もうちょっと面白ければ、もっとテンションを上げて感想をまとめられたと思うんですが。アレはないよ、アレは。
それでも、そこらへんを除けば中の人々の高い質を保ったアドリブと掛け合いを中心に、あーだこーだと言いつつ3ヶ月間楽しめていましたので、あんまり野暮を言うのもなんだかな。
ってことで、ここらへんで切り上げることにします。
また9係メンバーの楽しい掛け合いも見たいし、今回ぶん投げられたフラグ回収への期待込み込みで、ぜひぜひ年末辺りにスペシャルでもやってくれ!
その時には、今回出せなかったパートナー勢とか出してやってくれ!
あと、来年こそは桃子ママとか是枝刑事部長とかの準レギュラーも見たいです。
と、テレ朝方面に向かって拝んでおきます。

最後に。
フォローするワケではないんですが、第1話で主題歌を「微妙」扱いしてスマンかった。結構切ない事件が多かったので、歌詞や雰囲気があってたと思います。
なんか書くところ見つからなかったので、ここに書いておく。

そんなこんなで。スタッフ・出演者の皆様、3ヶ月間ありがとうございました!
04:02  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。