2011年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.01(Thu)

【京都地検の女7】第7話 感想

第7話 殺人直後に出会った男女! ひとりは、10才の美しき少女…!!

ゲスト:金山一彦、吉田里琴、鈴木正幸、中田博久、いわすとおる

脚本:洞澤美恵子
監督:石川一郎


最近、ちょっと影が薄めだった気がする池内さんスペシャル回。雨にうたれて、水もしたたるいい男っぷりも発揮しましたしね。
あと、お前ら大歓喜のロリコン回でもあった。あの子はロリコンの気がなくとも可愛いと思えるから困る(;´Д`)ハァハァ

……ゴホン。

ってなわけで、今回もいってみようか!

スポンサーサイト
22:00  |  カテゴリ:京都地検の女  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.07(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第10話 感想

CASE10 悪魔の連載

ゲスト:金子賢、入山法子、信太昌之、大竹浩一、赤星昇一郎

脚本:ハセベバクシンオー
監督:長谷川康


王道の『9係』の作りだったと思う。3チームがそれぞれ別々に動いて、それが真相につながるという。自分は悪く無いと思った。
でも、なんだか予告に持って行かれた感じがしないでもない。

22:45  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.08(Thu)

【京都地検の女7】第8話 感想

第8話 初恋の人がホームレスに! 京都東山、10年後の再会の果てに…

ゲスト:柄本佑、大村彩子、伊庭剛、小野寺拓海、古澤蓮

脚本:西岡琢也
監督:黒沢直輔


これを2回も見たらHP削られるっつーねん。何これ登場人物がみんな病んでて怖い。
ついでに鶴丸さん、今期2度目の敗北。次週も敗北しそうで怖いんだけど、マジでこのシリーズ終わるの? って不安が生まれちゃうからやめろ。
無敵の鶴丸検事、今期だけで何回挫折すりゃいいんだよ(本人は敗北していると自覚しているかは微妙なところだけど)。
ってことで今回、いってみましょうか。

※今回、いつも以上に話が読み取れていない気がします。すんげぇ自信ないです。

22:37  |  カテゴリ:京都地検の女  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.14(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 第11話 感想

Last Case 最期の銃弾

ゲスト:中山忍、真島秀和、中村育二、遊井亮子、木村栄、かなやす慶行、荒谷清水、山田日向

脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎


最終回は青年スポット回。
新に入ってからの最終回じゃ1番マトモな出来だったよなと思う反面、平凡というか「いや、これを当たり前にしてほしいんだけどなぁ」とか思っちゃう私はなんか間違ってますかね。

23:22  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.14(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】season3 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「去年と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。



第1話 消えた女刑事
★★
ゲスト:佐藤江梨子、内田朝陽、飯田基祐、平岩紙、溝呂木賢、吉野由志子、賀川黒之助
この回のポイント:村瀬元係長


CASE.2 殺人バースデイ
★★
ゲスト:平淑恵、三津谷葉子、仁科仁美、上杉祥三、渋江譲二
この回のポイント:青柳主任


CASE3 赤い破片の謎
★★☆
ゲスト:鈴木亜美、ヨシダ朝、山下容莉枝、木下政治、田根楽子、尾関伸嗣
この回のポイント:矢沢英明


CASE.4 ルビー殺人事件
★☆
ゲスト:古村比呂、西原亜希、松本まりか、松永玲子、針原滋、菊池均也、三谷悦代、仲野文梧
この回のポイント:柴田麻紀


CASE5 美食の殺人
★★
ゲスト:井上和香、山本ひかる、大高洋夫、長野里見、福井博章
この回のポイント:ふるさと汁


CASE6 秘密の部屋
★★★
ゲスト:宮地真緒、伊藤洋三郎、吉田羊、本間剛、山崎勝之、佐野大樹
この回のポイント:いじめ


CASE7 殺人法廷
★★☆
ゲスト:姿晴香、近江谷太朗、中川晴樹、金子裕、小田桐一、皆川玲奈、野元学二、前沢保美
この回のポイント:裁判員制度


CASE8 殺人渓谷
★★★☆
ゲスト:広澤草、松田賢治、山下徹夫、榊原利彦、草薙良一、立原麻衣
この回のポイント:野球のグローブ


CASE9 殺意の赤いライン
★★
ゲスト:河合美智子、松岡芙優、立石涼子、菊池美香、水谷百輔、遠山悠介、佐渡稔、菊地亜美
この回のポイント:矢沢早苗


CASE10 悪魔の連載
★★★
ゲスト:金子賢、入山法子、信太昌之、大竹浩一、赤星昇一郎
この回のポイント:飛蚊症


Last Case 最期の銃弾
★★★☆
ゲスト:中山忍、真島秀和、中村育二、遊井亮子

この回のポイント:手話




え、青柳主任のまま続けるの?←最終回の感想

青柳さんが主任になってよかったなぁと思ったのは、村瀬さんがどことなく伸び伸び活き活きしているところぐらいで、あとは青柳さんが劣化するばかりで悲しい限りなんですけど。青柳さんが主任になってから、なんか主任っぽさっていうか有能さを見せたことあったっけ? なのにいいのか、これで。

あとは特に……

ああ、そうだ。倫子ちゃんのデレっぷりが顕著でした。いきなりどうした。いや、可愛いからいいけどさ。もう結婚してもいいんじゃないか? したら最終回だけど。

今期は事件的に面白いなーと思ったのもそんなになかったので、本当に書くことがないです。今までのシーズンの中ではワーストクラスかもしれない。

と、最終回はそこそこだったんだけど、ローテンションのまとめでなんかスマン。でも正直な気持ちとしては、『9係』好きとしては、やっぱりもっとできるだろ、もっと面白いもの作れるだろって期待をしているんですよ。

とにもかくにも、スタッフの皆様、3ヶ月間ありがとうございました!



おまけにスピンオフ小説の1行感想。
23:22  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.15(Thu)

【京都地検の女7】第9話 感想

第9話 さよなら鶴丸検事! vs完全黙秘の女! 夜の鴨川殺人の裏の裏…

ゲスト:中原果南、白木万、渡辺哲

脚本:岩下悠子
監督:黒沢直輔


最終回は、どことなく成増さんのスポット回風味。
予想していたより、鶴丸さん&成増さんが精神的に追い込まれるとかそういう展開じゃなくてよかった。っていうか、どこが「さよなら鶴丸検事!」なんだ。普通の(テレ朝シリーズ刑事モノの)最終回じゃないか。
22:16  |  カテゴリ:京都地検の女  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.15(Thu)

【京都地検の女7】感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「去年と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 恋人殺しの罠…それは運命の雪夜から始まった!
京都~琵琶湖~大阪、四人の男女をつなぐ愛欲の相関図

★★★☆
ゲスト:高橋由美子、平岳大、堀内敬子、池内万作、相葉香凜
太田さん的見どころ:咄嗟に鶴丸さんを庇うところ
真面目な見どころは:生きるって色々あるよね


第2話 殺人逃亡犯は見た!! すれ違う二つの人生
★★★★☆
ゲスト:竜雷太、楠年明、石井亜可里
太田さん的見どころ:また老後まで否定されてるー!
真面目な見どころは:人と人との繋がりってなんだろう?


第3話 祇園祭り殺人事件!? 古都の夜に響く母と息子の叫び!!
★★
ゲスト:藤田弓子、橋爪遼、藤井美玲
太田さん的見どころ:( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
真面目な見どころは:お前ら、母ちゃんは大事にしろよ。


第4話 夫の知らない殺意!! 京都大原、熟年離婚が招く三角関係の罠!?
★★★
ゲスト:未來貴子、国広富之、若林久弥、津田真澄
太田さん的見どころ:エアコンのリモコン強制没収の末に天使の汗を浴びる
真面目な見どころは:気持ちのボタンの掛け違いを解きほぐすところ


第5話 vs東京地検の男! 京都鴨川西、小さな花屋に咲く奇跡
★★★☆
ゲスト:鶴見辰吾、内田もも香、反田孝幸、Koji、田島俊弥
太田さん的見どころ:真面目に地検の将来を案じているところ
真面目な見どころは:暴走検事同士の対立の末に見えるものとは?


第6話 父と子でいたかった…京風おでんに沁みる殺意の罠!!
★★★★
ゲスト:大和田伸也、芦川よしみ、松田悟志、井村空美
太田さん的見どころ:検察トリオの謎ダンス
真面目な見どころは:生きろってことだよ、言わせんな恥ずかしい。


第7話 殺人直後に出会った男女! ひとりは、10才の美しき少女…!!
★★★
ゲスト:金山一彦、吉田里琴、鈴木正幸、中田博久、いわすとおる
太田さん的見どころ:観察眼が足らないから彼女ができないのよ。
真面目な見どころは:ロリ(;´Д`)ハァハァ 池内さんスペシャル


第8話 初恋の人がホームレスに! 京都東山、10年後の再会の果てに…
★★★
ゲスト:柄本佑、大村彩子、伊庭剛、小野寺拓海、古澤蓮
太田さん的見どころ:あえて言うなら「あのババア」
真面目な見どころは:全部。


第9話 さよなら鶴丸検事! vs完全黙秘の女! 夜の鴨川殺人の裏の裏…
★★★
ゲスト:中原果南、白木万、渡辺哲
太田さん的見どころ:吹っ飛ばされたー! 5時からの宴会がー!
真面目な見どころは:尾を立てて、1歩ずつ頑張ってみましょうよ。




今期のテーマは、「生きること」「人と人との関わり、繋がり」だったのかなぁと思います。
そう頭に入れて振り返ってみると、どの話でも必ず人と人との関わり、繋がり、生きることの大切さなんかが要素として盛り込まれていますよね。
そういう意味ではちゃんと一貫性があり、非常に充実したシーズンだったんじゃないでしょうか。
少なくとも、私は好きだよ! と言っておく。
特に評価が高い話は、そういう要素が強かったから、という点で評価を上げています。勿論、お話も面白かったからってのもあるんだけどね。

惜しかった点は、やっぱり新キャラの栗原刑事がイマイチ活かされていなかったこと。もうちょっと女同士でギャーギャーやりあってくれるのかと思いきや、思い切り鶴丸さんの勢いに飲み込まれてるんだものなぁ。徐々に飲み込まれるならともかく、最初の方から。そこが残念だったかなぁ。
去年はパッとしなかった割には、今期は割といい味出してた斎藤さんみたいな例もあるので、もし来期以降もあるならば、そして栗原さんが続投ならば来期以降に期待! したいところです。
ちなみに、斎藤さんはもう固定でもいい気がしてきている。鶴丸さん・太田さん・斎藤さんのトリオのやり取りがこんなに面白くなるとは思わなかったw 個人的にツボだったのは謎ダンス。

もうひとつの不満は、こればっかりは本当にしょうがないんだけど、太田さんの出番が少なかったこと。いいところや笑いどころも少なめになっちゃってたし。いっけい、掛け持ちしすぎや……


ということで、主婦のカンのますますの発展を祈って、乾杯! もとい、完結! とさせていただきます。
3ヶ月間お付き合いいただき、ありがとうございました!
そしてスタッフの皆様、3ヶ月間お疲れ様でした!
22:17  |  カテゴリ:京都地検の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。