2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.04(Sat)

【京都迷宮案内】2時間スペシャル 感想


【ついき】



【京都迷宮案内 2時間スペシャル】

約1年のブランクを経て、杉浦カムバック!


・娘ができちゃった婚してご立腹の杉浦さん
 「産みません、産ませません」


・それを周りにからかわれて拗ねる杉浦さん(定年間近)
 居酒屋のじいさま軍団に酒の勢いで絡む
 「孫の話をするようになったら、棺桶に片足、いや体半分つっこんでるようなもんだ」


・元判事の末松(大滝秀治)が本当に心配になった。
 「この歳になると、“墓場”とかいう言葉は……」と言ってたけど、本当に……
 しかしその存在感、演技力はさすがでした。


・30年前、罪を逃れた女、竹部恵子(室井滋)。
 こちらも変わらぬ存在感と怪演っぷりでした。
 だが室井滋もばあちゃん演じる歳か……(まぁ、作中でも相当若いばあちゃんだけどね)


・そんな彼女について調べた取材メモや、遊軍長に渡すはずだった多重債務者リストが入った鞄を失くす杉浦さん
 そのせいで人がひとり自殺したかもしれない、なんてガクブルする杉浦さんに良心と気の小ささを見た。まぁ、誤解だったわけだが。
 ちなみに犯人は、居酒屋で絡んだじい様方。わざわざ犯行声明付き(『孫は絶対にかわいい』)


本当に渚はダメな子
 ストーカー妄想とかくらいなら笑えたけど、30年前の事件を警官暴行事件と繋げて、旦那さんに取材ってなぁ……
 そりゃあ、洗濯機に頭突っ込まれて尻叩かれても文句言えない。


・室井滋はやっぱり上手い。
 偽の手記をわざわざ用意したり、「私を30年前の事件の罪悪感でがんじらめになった可哀相な女だと思ってるんでしょ」とキレたり素晴らしい。
 実際、恵子の心情は誰にもわからないんだろうな。それこそ、本人が語ったように、「言葉にできることばかりじゃない」
 それを感じたからこそ杉浦は末松に何も言わなかったし、それを察したからこそ末松は「もう彼女のことを考えるのは止める」「よく生きることが大切」と悟ったのだろうし。


・つた子vs.ボラさん
 警察官暴行事件の犯人についての情報公開を求める京日、それを隠したい京都府警。
 そこに乗り込む杉浦、「情報公開なんてしなくていい、徹底的に隠蔽しちゃいなさい」


・そして『今日の散歩道』。一部書き起こしたものがネットに漂ってたので貼り付けてみる。
先人は問題解決の時、知恵を使ってきた。
発想豊かに知恵を遣ってきた。
嘘や理屈にあわぬこと、時には非合法なことも必要だ。
この世界を本当に動かしているのは法律でも規則でもない。
人間の優れた叡智なのだ。
よく生きることがすべてだ。

 自分勝手かもしれないけれど、ある種“殺されて当然”の兄を殺して開放された恵子には、もう守りたい家族がいる。
 30年前、“叡智”により叔父が選択した結果や、今の恵子の“幸せ”を壊すのは、果たしてどうなのか?
 法や規則にがんじらめになり、依存しがちになってしまう今の世の中はどうなのか?
 とにかく、色々考えさせられる、相変わらずもやっとした話でした。


・ラストで、カバンいっぱいにベビー用玩具を買い込んでた杉浦さん。
 口じゃなんだかんだ言ってても、いい爺ちゃんになりそうな雰囲気じゃないか。
 ……まさか、もう次で最終シリーズなんか? もう杉浦さんもつた子も、定年間近だもんなぁ。
 って、つた子は幾つよ。
関連記事
01:54  |  カテゴリ:木曜ミステリー  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。