2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.15(Wed)

【新・警視庁捜査一課9係】第3話 感想

第3話 殺意のロザリオ

ゲスト:金田明夫 東根作寿英 麻乃佳世 藤岡太郎

脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎


徳永脚本らしく、詰め込みすぎ・話が無駄に重すぎ・テンポ悪すぎの三十苦でした。
演出と(恐らく)役者たちのアドリブに、かなり救われてるよなぁ……

【ついき】




◆冒頭の、矢沢さんと青柳さんの偏見合戦

小宮山「ヤケに今日はみんな素直に聞くわねー」→聞いてない

矢沢「主任の命令聞かなくていいんですか」
青柳「主任の命令だから無視したんだろ」

◆自動ドアに挟まれる村瀬主任

◆今期はやたら積極的に捜査する加納係長と、振り回される浅輪くん

◆ゆで卵を食べる係長。何気に今期初料理シーン?

教会のマリア像に密輸品

◆「罰当たり」を噛む矢沢

◆粘土にしか見えない、絶滅危惧種のヘビのタマゴ

青柳「目玉焼きにして食うよ?」
矢沢「いやいやいや、スクランブルエッグにしましょうよ」
→隣の部屋では、加納と浅輪がゆで卵を食べる

◆「女性ならではの視点」を褒める村瀬、満更でもなさそうな小宮山
→「アンチエイジング」という言葉に敏感に反応して言い合う村瀬、小宮山コンビ

村瀬「坂井みゆき、39歳か……」
小宮山「……だから何よ」

村瀬「個人的な意見でいい。……君なら焼くか?」
小宮山「…………焼くわね
それはどうなの小宮山さん

青柳俺達はよくやった
密輸してた天草は、黒岩トカゲもどきを売っていたのでアリバイ成立、犯人もどきでした。
一同が笑った時の、村瀬主任の楽しそうな顔がもう。
村瀬「さすが青柳さん、殺人事件の捜査で密輸犯をあげるなんて、転んでもただじゃ起きませんね」
しつこく青柳の肩に手を置く村瀬主任。
青柳「俺達はよくやった。よくやったんだよな!?」

◆取り調べで村瀬主任と張り合う青柳さん

◆「ひとつだけ」と粘るどこぞの特命係みたいな係長

◆焼死体モノのお約束とはいえ、こんな上手くいくもんか

◆空港には来なかった青柳・矢沢コンビ。まぁ前半大活躍だったからトントンか

◆「僕の命には、特別な役割がある」
……厨二病? 電波?
少なくとも、浅輪くんの言う通り、悪魔の類なのは確か。

◆矢沢さんに引っ張られて、矢沢さんの膝の上に座る青柳(腰に腕を回してる
→矢沢さんの鰻丼を「はいあーん」

青柳「所詮、人間が生まれ変わるなんて無理なんだよ」
村瀬「青柳さん見てるとそう思いますよ」

◆最後のオチ→司祭もまた、過去に犯罪者だった
このオチは無くてもよかったと思うな……ここの係長はモロに某特命係なんだよねぇ。
関連記事
21:00  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。