2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.19(Sat)

【新・警視庁捜査一課9係】 感想まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
横についてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。
5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい話。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→微妙。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。
評価はものすごく私の趣味嗜好が出ていますが、感想を見る上での目安にでもなれば。




第1話「殺人占い」  ★★
加藤虎ノ介 勝部演之 春田純一 伴杏里 松本若菜 浅川稚広
脚本:深沢正樹
監督:吉田啓一郎

この話だけ感想アップしてない……録画もないので見返せないし、空気回……
事件の緩さとかありえなさは、まぁ「9係」としてなら許容範囲内。


第2話「殺人女優」 ★
多岐川裕美 西田健 久世星佳 吉田羊 朝倉伸二
脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎

オチしか覚えてないや。後は青柳と係長のやり取りとか。
「男のツンデレは二次元だけにしておけ」ですね、わかります。


第3話「殺意のロザリオ」 ★★☆
金田明夫 東根作寿英 麻乃佳世 藤岡太郎
脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎

相変わらずの徳永脚本、でも9話よりはマシ。
後半の係長は杉下右京だし、話は詰め込みすぎだしで、やっぱつまらないことには変わりないけど。


第4話「殺人スクープ」 ★★★★
根岸季衣 大浦龍宇一 菅原禄弥
脚本:波多野都
監督:吉田啓一郎

面白かった! 手放しで賞賛できる回です。小ネタもキャラも文句なし。
このクオリティを「相棒」の「天才たちの最期」で何故活かせなかったのか……


第5話「殺人ダイヤモンド」 ★★★
黄川田将也 平田薫 成瀬正孝
脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎

小ネタが光ってた回、そしてツンデレ倫子ちゃんハァハァ
ストーリーはまぁ、よくある感じでした。


第6話「殺人レシピ」 ★★☆
綿引勝彦 河原さぶ 山口いづみ 建みさと
脚本:岡崎由紀子
監督:吉田啓一郎

倫子ちゃんがウザいなー、と思った回。てかシーズン3最終回で和解したんじゃないのか。
関係ないけど、この話に出てきたナイフ関連での検索が結構来ていた件。


第7話「アロマ殺人事件」 ★☆
中原果南 高野志穂 水橋研二 大家由祐子
脚本:瀧川晃代
監督:長谷川康

小ネタと小宮山さんと監察医が通じ合う以外、特に見所は……
そして何度でも言おう。早瀬川さんデカいッス。


第8話「殺人歌姫」 ★★☆
河野由佳 西牟田恵 酒井敏也 団時朗 SHORT LEG SUMMER
脚本:深沢正樹
監督:田村孝蔵

青ちゃんちっちゃ!(心も体も)
おそらくあるであろう次シーズンからの、青ちゃんの成長に期待っていうネタフリ回なのかなぁ。


第9話「落雷花嫁」 ☆
近藤公園 一條俊 森脇英理子 湯江健幸
脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎

「相棒」のマグロ回からまるで成長してねぇ、コイツ。
話の破綻が酷すぎて、小ネタの輝きっぷりだけが救い。徳永はもう書くな。


第10話「新コンビ誕生」 ★★★☆
小林涼子 伊藤裕子 相島一之 井田國彦
脚本:岡崎由紀子
監督:長谷川康

キャラネタ回で、今期で1番明るい話だと思う。役者がノると、それだけで面白い。
つかさちゃんがいた9話より主任が活躍してた件。


第11話「生命の捜査線」 ☆
風見しんご
脚本:平松正樹
監督:吉田啓一郎

今期ワースト回。スーパー倫太郎物語な上、破綻とツッコミ所満載。
徳永と並んで、コイツはもう書くな。




加納係長→積極的に捜査するのはともかく、スーパー係長な回が増えたのはなんだかなぁ。中の人の存在感がすごいんたから、控え目くらいがちょうどいいのですよ。
係長は部屋でモノ食ってたまにヘンなことして、それが捜査に繋がればいいのですよ。

浅輪青年→もう実質、加納家の入り婿化しとるよなあ。倫子ちゃんとラブラブだもんね。結婚しなくとも、このままほのぼのしてくれててもいいかな、なんて思ったり。
事件捜査の面では、係長ともなんだかんだいいコンビで大分成長したかな。元から、決してカンが鈍いワケでもないし。

村瀬主任→今期、あまり活躍らしい活躍なかったなぁ。不遇だった。せっかくのつかさ登場回があの出来だったし。
やっぱ、つかさちゃんに振り回され、小宮山さんを意識してないと主任じゃないよ。
つかさちゃんとの結婚も、9係最終話辺りまで引っ張られるのかなぁ。
地味に主任も変化・成長してるとは思うけど……いかんせん、あまり活かしてもらえてなかったな。

小宮山さん→事件捜査では役に立つ比率が大きいものの、プライベートでは唯一相方がいないという小宮山姐さんに春が来るのか、という。
何だか地味に、主任へのツンデレが激しくなった気が……
小宮山さんから主任への、片思いフラグ? だったりはしなさそうだが……

青柳さん→今期、レギュラーでは1番優遇されてたなぁという印象。青柳さんスポットの話が2回あったし、4話は傑作。
まあ、小ネタやアドリブが多かったのもあるでしょうが、早苗ちゃんを出せない矢沢救済の意味もあったのかな。
強くなった妙子の次は、青柳の小ささが8話で強調されたので、今までみたいな『うじうじ妙子を青柳が守る』ではなくなりそうなのは嬉しい。
青柳さんも成長、変化するのかな。期待。

矢沢さん→早苗ちゃんの中の人がリアル産休で出演できない分、青柳回やアドリブなんかで存在感を示してました。
台詞の端々で早苗ちゃんと福太郎の存在を匂わせてるのは上手いなぁ、と思った。
早苗ちゃんは、もう次シーズン以降は病気ネタ引っ張らないで、幸せになって出て来てほしい……

倫子ちゃん→シーズン3最終回の和解が、完璧になかったことにされてるー!!
いきなりベッタリされても困るが、それなりの態度があるだろ……
青年とはもう完璧に微笑ましいカップルなんで、その激し過ぎるツンデレはどうにかならんのかなぁ……次シーズン以降に期待。

つかさちゃん→成長したなぁ。そのせいか、よくも悪くもアクとパワーが抜けてしまったが。
今期1回しか登場できなかったし、主任とくっつくのは当分先みたい。不遇だよなぁ……

妙子ちゃん→青柳さんのパートナーなので、それに伴い優遇されてましたね。
パートナーの中では、レギュラーの倫子ちゃん除いて唯一2回登場したし。
少し精神的に強くなった? 今までみたいに「私は青ちゃんの傍にいていいのか」云々を延々やられてもなー、とややウンザリしてたので、個人的にはいい傾向です。

早瀬川さん→今期、1番存在意義を問いたいキャラ。
中の人の演技力もあるんだろうが、似たキャラ・立ち位置である『科捜研』の風丘先生と比べると、すごい浮いてるんだよな……
何やら重たい過去設定もあるらしいが今期の掘り下げは一切なし、プライベートもほぼ謎と、別にレギュラーじゃなくてもいいじゃんっていう。
まだスポット当たった回も作ってもらってないしなぁ……次シーズン以降に明らかになるんだろうか。期待はしてます。


事件とプライベートの割合は、今期くらいでちょうどいいです。シーズン3みたく、身内のドロドロばっかり見せられてもアレなんで。
ただ、やたらスーパー係長の回が増えた&主任とつかさちゃんの扱いが不遇&早瀬川さん浮きまくりなのはどうにかしてほしいな……
パートナーたちをレギュラーに戻してほしい。毎回事件のまとめは青年と倫子ちゃんだしね……たまには違う回があってもいいじゃない。
あと、今期は中の人が忙しかったから仕方ないんだろうが、桃子ママはやはりシーズンに1回は必要だと痛感。特に最終回。この人が出るだけで、事件がデカいとわかるし。
とにかく、色々変化や仕切り直しがあった『9係』。次シーズンあるのはほぼ確定でしょうから、期待しています。
関連記事
04:27  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。