2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11.19(Thu)

【その男、副署長】第6話 感想

File.6 身代金を3つのバイオリンケースに入れさせた誘拐犯は、なぜ誘拐した子供にタコヤキを食べさせたのか?

ゲスト:蟹江一平、深水三章、藤田宗久、山内としお

監督:猪原達三
脚本:真部千晶


『副署長』、秋クールなのに全10話決定おめでとうございます。
秋って大体8~9回、下手したら全7回とかあったりするんですが、今年は特に大きな特番とか野球中継とかがなく、どうやら運に恵まれている様子。さすが帝王、持ってるなー。
クオリティ面でも結構頑張ってるし、この調子で最後まで完走しきってほしいものです。
今回も、中盤ややダレたし人情クサさやご都合主義なんかも鼻についた所もあったけど、『副署長』らしさを損なわぬよう上手くまとまっていたなぁという。
帝王いわく『副署長』は「70年代の刑事モノ」がコンセプトらしいです。残念ながら私はその世代ではないため、そのコンセプトに沿えているかはわかりませんが、これはこれで結構嫌いじゃない。
何というか、受けた印象としては今期2話に近い感じですかね。次回予告に全てを持っていかれた、という意味でも。

というわけで、今回の感想ー。とはいっても、『副署長』の場合、テレ朝版・公式サイトの「おさらい」から、近藤警務課長による詳し過ぎるおさらいが読めますので、あらすじ拾いはやらないことにします。長くなっちゃうし。


【ついき】




◆やっぱ警察は捜査の後片付けなんかしてくれないよね……あれって多分、自費だもんなぁ。
だからってあんなベタベタな騙り商法に今時ひっかかるヤツはいねぇよwwww
しかも料金は良心的というけど懲りてないだろ、お助けマンの佐藤修平くんは。最終的には改心したっぽいが。


◆犯人が勇斗くんを誘拐する時の動きが、特撮の怪人みたいだった件。


本日の宮下くん
我々視聴者のために用語や状況解説を促してくれたり、寒空の下公園清掃員になってくれたり、副署長に取られた書類を取り返そうとしたり、なかなか活躍していました。


◆いつも思ってたんだけど、副署長、あんな柵に腰掛けたら危ないよ落ちるよ。
メロかわゆすメロはぁはぁ


◆憎たらしいのは相変わらずなはるか。笑ってりゃ可愛いのに。
可愛い下着買うだけで父親に心配されて、色々大変だねぇ年頃の子も。ってか池永さん、「誰に見せんの」って、それは汚れた大人の発想です。
それを上回る、佳子ちゃんの「どんな色かなー」発言。来週の内容といい、案外ビッチキャラなのか佳子ちゃんは……
パンツ見せい(`・ω・´)


◆誘拐された子どもが犯人を庇う、というと、同日昼間に再放送していた今年の科捜研5話を思い出したんですが、あっちはちょっと『ストックホルム症候群』っぽかったですね。
こっちは顔見知りだった、と。
いや別にどっちがいいとか悪いとかではなく、ちょっと思い出しただけです。


本日のお約束描写
またもや決め台詞がなかった。あってもよかったような。
そして近藤さん。あのぐるん! とこっち向く動作とカメラ目線はAA化されるレベル。こっち見んな


今回の殺人の真相=はぐれ死きたぁぁぁぁぁ
『相棒』だと気になるのに、『副署長』だとそこまで気にならない不思議。主犯の塚原って男、本当に清々しい程のゲスだしなぁ。勇斗くんの家の前で堂々と打ち合わせするバカでもあるし。木8だからいいけど。
しかし成田さんもタコ焼き食わせてあげて、子どもも逃がしてあげてとあからさまに間は悪いものの悪いやつじゃない、が、やっぱり最初から警察に通報して上げて、事情を説明した方が……と思った。


◆21年前の誘拐の真相=狂言誘拐
タコ焼き=「親に抱きしめてもらえる魔法のタコ焼き」
修平の子ども時代の子役、上手かったなぁ……対して、勇斗くんは……うん……比べちゃ悪いけどさ。
決して正しい方法じゃあないけれど、“魔法のタコ焼き”のくだりはなかなかよかった。抱きしめてくれる魔法……か……受話器が外れていたのもちゃんと説明ついてたし、『人情ミステリ』としてはなかなかよろしかったんじゃないかと。
しかし小3の頃のこと、そんなに覚えてないもんかね。周りから色々言われたせいで、徐々に記憶が歪められちゃったのかもしれないが。
しかし、成田さんの罪状は誘拐+傷害致死だからなぁ……実刑は免れないだろうな。可哀想だけど。


◆お助けマンに、『仕事の依頼』と称して親子仲、つまり佐藤のお父さんとの壁を取っ払うチャンスを与える副署長。なかなか粋なことするじゃないのよ。これもあったから、話が綺麗に纏まったんだなぁ。
しかし本当に、佐藤のお父さんがいい人過ぎる。いいなぁ……


◆副署長の愛情たっぷりタコ焼きのせいで、副署長に過剰な愛情表現したくなっちゃう平さん、って誰得だよアッー!
本当は、あの佐藤親子を見て、普段憎たらしい我が娘にも抱きしめてほしくなっちゃったんですよね。わかります。でもしてもらえず、「キモい」呼ばわりされ、平さんに抱きつかれる副署長哀れ


◆そんな纏まったいい話も、次回予告でふっ飛んだ。
佳子ちゃん、相島一之とラブホテルで一晩の過ち。(しかも容疑者・相島一之)

(゜Д゜)

ど、どうなるんだコレ……
次回も必見な模様です。いやー、しかし相島さんは全く悪くないけど、今まで出演してきたドラマでの役がチラついて、私の脳内では非常にカオスなことになっているんだが……
うんゴメン(´・ω・`)
来週も期待してますよ!
関連記事
23:59  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。