2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12.10(Thu)

【その男、副署長】第9話 感想

File.9 火傷のある男は、なぜ河原町署の拳銃保管庫に藤原署長の息子を人質にとって立て篭もったのか?

ゲスト:天宮良、山崎裕太

監督:石川一郎
脚本:吉本昌弘


今回の見所:可愛くないツンデレたち

前回の野沢さんフィーチャー回が結構面白かったので、期待してたんですけどねぇ……
何だろう、悪い意味で「ああ、やっぱ『20世紀からの復讐』(@相棒)書いた人なんだな」って思った。
木8で拳銃立てこもりをするとコケるっていうジンクスでもあるんですかね。前期の『科捜研』とコレしか知らないけど。
既に興味は、来週の最終回に移っています。予告に宅麻伸いた! 島もいるし、何か今回ちらっと出てた記者もいた。しかも櫻井脚本、何やら重たそうな雰囲気、初回のフラグ回収とくれば来週に期待しないわけにはいかないでしょう。
そしてかめ……じゃなくて、『853 ~刑事・加茂伸之介』の予告がっ。公式で予告動画も配信が始まり、期待は高まるばかり。
うんゴメン、昨日の徳永ショックがまだ尾を引いているのか、いまいちテンションが上がらなかったんです。予告2本でちょっと持ち直しましたが。

ということで、本日のいい加減な感想ー。


【ついき】




河原町署は学習しない子
シーズン初回、署の屋上で府警本部のトップが射殺されたのに防犯については特に改善はされなかった模様。これは呪われてるとかいうレベルじゃねぇ。どう考えてもただのザル警備だ。

近藤さんがぁぁぁぁぁぁぁ
額から結構流血してましたよ。怪我をおして職務を全うしようとしてたけど、特に出番は……げふんがふん

ありえないSITの対応
なかなか突入できなくてまごまごしてるだけなら、まぁ「ドラマだし」で流してもよかったんだけど、弾薬を保管している棚の鍵を渡しちゃダメでしょうに……「犯人の出方を伺うためにも(キリッ)」
その後もうっかり近づきすぎて犯人を刺激したり、発砲許しちゃってりで、そのあまりのうっかりハチベエっぷりに犯人一味でも紛れ込んでるのかと思っちゃったがな。

どうしようもない父親、石橋さん
最愛の息子がぜんそくになった→元ヤクザなので、どこも雇ってくれないし金も貸してくれない→そうだ、息子が憧れた警察官に愚痴れば、きっとこの気持ちをわかってくれるに違いない→裏切られたうわぁぁぁぁちきしょう死んでやる!!!!!
元々は、元ヤクザだった自分を恨みなさいよとしか言えない件。そこを署長が指摘してたのはよかったけど、全体的な雰囲気がコイツに甘かったのがなんだかねー。まぁ副署長だしなぁ……
しかし、弾薬庫に入れた理由がたまたま、エアポケットのような空間が発生したで片付けられるのはいかがなものか。これは流行りそうだ、あまりよくない意味で。

どうしようも……ないワケじゃないんだけど、なんだかなぁな中村さん
公務員だから、娘の手術のための募金活動を行えない中村さん。警察官を辞めて募金活動をするか、手術を諦めるか。
そのせいで頭がいっぱいだったため、鬱陶しい自殺志願者からの電話に「死にたきゃ勝手に死ね」と叩き切ってしまう。
いやー、確かに死ね死ね詐欺をする人間の大半は、本当には死ねないと思うな。私も口癖が「死にたい」「死にそう」だけど生きてますし。まぁ、たまにこういう、無駄に行動力あるバカもいるけど。
ということでそんなに間違ったことは言ってないなぁ、と個人的には思った。ただ、顔も知らない相手に向かってそれを口に出しちゃいけねぇ、ってことですかね。
で、結局彼は娘のため、警察官を辞めて募金活動をしていくことにしたわけですけども、集まること前提なんですか。世の中が善意で成り立っているとは限らないよと思う私はやはり心が貧しい。
全然関係ないけど、中村さんの奥さんが幸薄そうなのはハマってたけど、ものすごい棒演技じゃありませんでした?

久々に登場した署長ジュニア
したんだけども、台詞は合計5分も喋ってないんじゃなかろか。やっぱり扱いが不遇だなぁ、このシリーズの中で1番マトモな常識人なのに。

◆で、今回デレた可愛くない女性陣。
・はるかの場合
before→日曜の朝っぱらから(おそらく拓海と)出かけるつもりだったのか起きていて、早速父親に悪態をつく。
after→立てこもり事件解決後、真っ先に父親に抱きつく→「入りたくても、入れなかったんだよ!」しかし拓海を見つけ、副署長を突き飛ばす
扱いが散々なのは相変わらず。

・署長の場合
before→立てこもり事件発生直後、「人質が拓海でよかったと思う」などと精一杯の虚勢を張り、それでも心配なので人質の身代わりになろうと歩み寄る。犯人のラリった言い訳の矛盾を指摘する。
after→事件解決後、真っ先に拓海に駆け寄り抱きつく。そして、副署長にデレる。

そうか、今回は、来週最終回に向けての副署長age話だったのかも。だからやたらみんな、副署長のことを持ち上げてたんですね! ねーよ。


◆予告に初回以来の宅麻伸きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
何か予告見る限りだと、副署長を捜査一課長にすること、諦めてなかったんですね。その割には初回以来、全く音沙汰ありませんでしたけど。まあ、もう予告で言っちゃってる通り、副署長は続けるんだろうねぇ。
しかしどんな事件なんだろう。今回ちょろっと出ていた記者・水口さんがキーキャラっぽいんですが。島とはどういう関係なんだろう、気になる。

◆そしてもうひとつの予告、『853~刑事・加茂伸之介』きたな!
何かチンピラっぽいの殴り飛ばしたり、走り回ったりグラサンかけたりモロに見た目から「70年代」っぽいねぇ。
そして自己紹介、「捜査一課強行犯6係、加茂伸之介。47歳独身・みずがめ座」。ルパンみたいだな(確か寺脇さんがルパン三世大好きなんだっけか)。音楽のせいもあるんでしょうが、どっちかといえば『相棒』より須藤P繋がりで『ゴンゾウ』っぽかったなぁ。寺脇さんの、良くも悪くも暑苦しい演技もそんな感じ。
年齢を感じさせない身軽さで、ハードル跳びのようなことをしていた加茂さん。若いな、47歳。中の人も同い年、さて寺脇さんいわく「亀山がオッサン化して不良化した」のが加茂さんらしいが、亀山を越えられるか?
しかし『京都迷宮案内』といい『副署長』といい、木8枠男性主人公は走らないといけない決まりでもあるんだろうか……『おみやさん』だけじゃん、普通に歩いてるの。走るとお帽子取れちゃう! とか言っちゃダメ!!


とりあえずは来週、副署長最終回だなぁ。何か視聴率的に、これがシリーズ最終回にもなりそうで。うーん、とりあえず頑張ってほしい、期待しています。
関連記事
22:12  |  カテゴリ:その男、副署長  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。