2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.06(Thu)

【科捜研の女'09】第5話 感想

CASE.5 二度狙われた少女! W誘拐に隠された謎

ゲスト:浅野和之 飯田基祐 舟木幸 桝岡明

脚本:李正姫
監督:石川一郎


2週連続で子役で攻めて来るとは、さすがテレ朝さすが汚い
子役の演技が上手くてよかった、そして第2の誘拐犯、中村の演技も。
正直に言うと、そこらへんぐらいしか見所がなかったです……悪くは無いんだけど、ベタ。
何だか今期の話は、そういう話ばかりだなぁ……そろそろここらへんで、突き抜けたネタ回とかコミカルな話でもやらないだろうか。



【ついき】




◆いきなり現金受け渡しの待ち合わせ場面からスタート。
随分アグレッシブなやり方な上、アグレッシブに逃げるなぁ、犯人。
そこで犯人に逃げられるなよ警察……ここで捕まえてれば、殺人も新たな誘拐も起こらなかったのに。


◆犯行声明に動画共有サイトを使う時代ですよ。
モロにようつべ・ニコニコですやんっ


◆成分だけ聞いて食品を当てる日野さん、マジでパネェっす。
こういうとき、割と日野さんは熱くなってるなぁ。
日野さん・所長はともかく、やっぱり美貴ちゃんと乾くんが空気だよ……


◆誘拐犯、樽見のアジトを突き止めたら誘拐犯死亡の上、人質はいない
これ、現実にあったら不祥事じゃ済まないよなぁ……


◆風丘先生が、樽見の遺体に親の気持ちを語りかけるシーンと、マリコに「絶対諦めないで」と諭すシーンは神。
前回からの流れも感じて、感動したよ。


◆検査シーンの演出が、分割だったりで珍しい演出だと思った。


◆極限の緊張状態の中で、「アンタ(お前)のせいだ」って喧嘩を始める両親ってありがちよね。
刑事に八つ当たりするってのもありがちよね。
でも、「身代金受け渡しの時に捕まえてたら、こんなことにはならなかった」ってのは本当にその通りだよねー。
まぁ、そこはツッコんじゃいけないんだけど。


◆右足の先端だけ擦り減ってるからドライバーっていうのはどうだろ。
普通、車のペダルは足の先端だけで踏んだりはしないだろう。
私はてっきり、足引きずってるからだと思っちゃったよ。


◆第2の誘拐犯、中村と莉子ちゃんの心の交流シーンにじーんと来てしまった。
ベタだけど、子役がなかなか演技上手いからだな。もちろん、誘拐犯の人もだけど。


本日のスーパーマリコさん
電話の後ろに聞こえた、微かな水音を聞き当てる。音楽のせいもあって、私には聞こえなかったんだけど……
親譲りの嗅覚だけじゃなく、聴覚も優れているらしい。


◆それを元に、刑事部長に川の近くを捜索するよう要請→「京都にいくつ川があると思ってる」
ごもっとも。
マリコさんがヒスってたのが微妙……右京さんの激昂みたいだ……
でも、その後の土門さんとマリコさんのやり取りは、久々に「名コンビきたぁぁぁ」って思ったね。いや、今期はそういうシーンが本当になかったからね、余計に嬉しかった。
もっとこういう、コンビ愛を書けよぅ。


◆中村は、どういう気持ちで娘との思い出の写真を飾っていたのだろうか。
そう語るマリコパパの演技力はさすがです。
しかし、その思い出の写真がモロ合成なのは如何なものか。


◆中村の動機は、自殺した娘の復讐。
中村が襲った男、三上は中村の娘を轢いてしまい、中村の娘の夢を断念させてしまった。
それを弁護したのが、莉子ちゃんの父親。
しかも三上は少年院から出た後、ロクに働きもせず自堕落な生活を送っていた。
莉子ちゃんは夢を断念せざるを得なかったことに絶望し、自殺。
だから中村は復讐を企んだ。莉子ちゃんを使って、弁護士に自らと同じ気持ちを味わわせるために。


本日のスーパーマリコさん その2
小さな写真の、小さな車の窓ガラスの光が、水面に映った反射光だと見破る。
嗅覚・聴覚に続いて視力も確かな様子。そろそろ老眼の出る歳かと思ったけど、まだ安泰のようです


◆山の稜線から場所特定できんのか。
科学すごいな……と素で感心してしまったw
そして京都の緯度と経度を即答できる日野さんも、十分スーパーだよなぁ……


◆川でナイフを見つめてた中村は、何を思ってたんだろう。
正直、マリコさんたちが来なくても、この人には殺せなかっただろうなぁ……
いくら緊急事態とはいえ、憎い敵の娘助けちゃうんだぜ。
仮に殺しちゃったら、罪悪感抱いて自殺しそうだわ。


◆土門さんとマリコさんが背景から浮いて見えたのは何故だ。
照明の問題だとは思うんだけど、合成っぽくも見えた。


◆「そんなことしても、娘さんは喜ばない!」なんてベタな台詞、マリコさんの口から出るとは思わなんだ。
でも、最近の人情路線なら出るかな。


◆中村を庇う莉子ちゃん、中村の娘の幻影、泣き崩れる中村のコンボで涙腺決壊した
ちくしょう、こんなベタな演出で泣かされるとは……私も涙脆くなったなぁ……


◆樽見殺害については正当防衛成立しそうで何より。
ただ傷害+拉致監禁は重そうだな……
マリコさんの言う通り、中村には幸せになってほしいけど、無理そうだなぁ……


◆でも、莉子ちゃんには幸せになってほしいな。是非とも中村を支えていただきたい。
関連記事
20:00  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。