2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.14(Thu)

【相棒 season8】第11話 感想

第11話 願い

ゲスト:黒田福美、山口馬木也、小須田康人、今本洋子、肘井美佳

脚本:太田愛
監督:安養寺工


メモにも書きましたけど、次回予告に全て持っていかれました。
来週は今からwktkすぎる。
今週……は……うーん……
『バードランド』・『消えた乗客』みたいな、メタクソボロクソ言われる程に破綻していた回ではないと思うけど、よくも悪くも『ミスグリーン』みたいな感じ。好みに合わないというところも合わせてね。ざっとネットを見ると、評判いいみたいなので私の感性がおかしいんだと思うよ。
年明け通常放送1発目でこういう微妙な感想書くのもどうかと思うけど、ごめんなさい。
ということで、本日の感想ー。



【ついき】




◆キャラの掛け合いは面白かった。序盤にちょろっと出た所轄の刑事さんと右京さんの、初期みたいなテンポのズレた掛け合いとか、相変わらず仲がよさそうな課長と神戸くんとか、相変わらずぼそぼそっとツッコむ神戸さんとか。特に所轄の刑事さんの「この方、人の話聞かない方?」って台詞は、今回の重たい話の中での笑いどころのひとつ。
あと、もうツッコむのすら野暮な気はするんですけど、芹沢くんの捜査情報漏らしっぷりは本当に酷いと思う。テンション高いなぁ、「よろしくどうぞぉー」ってなんぞ。


◆なんつか、全体的にストーリー展開が無理やりじゃないかね。
犯人たちは乾が死んでいたこと知ってたわけじゃないのに、あの計画は色々危なかったと思うんだけど。

乾から叔母への電話香坂に殺された乾さんが死体で発見されるニュースでそれが流れたのを見た犯人たち、狂言誘拐を仕組む

の方が、まだ構成的にスッキリ見られたかも。主題は狂言誘拐の方ではなく、時効を迎えてしまった遺族の苦しみだったと思うので、欲を言うなら事件部分はもっとシンプルにしてほしかったくらい。
動機も、ちょっとあまり共感できなかったなぁ。確かに香坂以外は特に誰も傷ついたわけではないけれど、手段が狂言誘拐しかなかったわけではないしねぇ。真実を明らかにしたかったのなら、香坂さんを脅した手紙の要領で遺体について吐かせるとか、とりあえず警察に駆け込むとか。
狂言誘拐を選んだ理由は、時効を迎えてしまっていて警察も信用できない、ならばせめて自らの手で、同じ手段で香坂を裁いてやりたい、という復讐心が故だったんだろうなぁ。そこを誰もツッコまかったせいか、何か復讐を美化されているかのような印象を受けてしまいました。
あと見返していて思ったのは、なんで入り込めないかについて。それは誘拐事件のあらすじや登場人物について、右京さんの口からばーっと説明されたからなんだと思った。出鼻くじかれた感じ。
それにしても相変わらず記憶力がハンパない右京さん。『赤いリボン』『背信の徒花』の時も思ったけど、未解決事件まで覚えてるって「おみやさん」かってーの。何か事件突入への流れが、ちと強引な気がしないでもない。
最後の、桜の木があの版画、ってのもいいんだけど、サインがない=絵本作家の作品ってのはどうなんだろ。


◆乾と香坂のあまりのDQNっぷりが酷い。乾さんは無造作に金を隠す上がめついバカだし、香坂さんは保身しか考えない身勝手さんだし。
そんな香坂さんの取調べ中の様子を見ていて噴きだしたのは私だけでいい。顔芸といい喋り方といい、何かツボに入っちゃったよ。


◆今日はちゃんとトリオだった捜査一課の、犯人逮捕時の動き
芹沢=すっこけ担当
三浦=しっかり取り押さえる
伊丹=犯人に凄む


◆課長もいいキャラしてました。
暇課長「暇か?」
右京「暇ではありません」
暇課長「暇だよぉ、16年も前の事件調べてるんだから」

相変わらず最近のニュースに敏感な課長
暇課長「知らなかったろ」
神戸「知ってます」課長と神戸は仲いいね
暇課長「アンタの推測はよく当たるからなぁ」 さすがよくわかってらっしゃる。


◆故長谷部監督が使っていた、画面を斜めにする演出があって「おっ」と思った。
……画面の明るさも、同じくらいにしてほしかったな……今日はまた一段と青かった気がするのですが。


◆はるかちゃんも夏樹ちゃんも可愛いなぁ。
それはそうと、あの4人はどういう罪になるのだろう。
ガーベラの花言葉に何か意味あるのかと思ったこど、あんまりなさそうだな……
一応、ガーベラの花言葉。

「希望」「常に前進」「辛抱強さ」「神秘」
(赤)……………「神秘」
(ピンク)………「崇高美」
(黄)……………「究極美」
(オレンジ)……「我慢強さ」




なんつか、解明編が長いことも含めて、元日SPとはまた違った2時間サスペンスみたいな雰囲気だったなぁ。筋書き自体は中盤でわかっちゃう作りだったのが、余計にそれを際立たせてた感じ。黒田福美がメインゲストだったこともあるのかね。
話の筋も強引で、おそらく狙いだったであろう、被害者遺族の犯人たちへ感情移入することもできないまま終わってしまいました。ちょっと事件部分、詰め込みすぎだったよなぁ。
すごく否定的でごめんなさい、今週の話は好みに合わなかったんだということでご容赦を。

次回予告はすげぇwktkしてます。
サブタイ、雑誌のまま「庁内S」で行くのかしら? ノリ的に『逃亡者』みたいな感じなのかなぁ。
それはそうと、モロに取り調べられてる神戸さんの前で伊丹さん、ホステスのモノマネやってませんでした?
そして神戸くんの爆弾発言。
「警察官は40までに結婚しないと出世には不利だ」
「なら何故、大河内さんは結婚しないんですか」
オイオイオイ、それ聞いちゃうのかよオイ。『ピルイーター』以来のラムネさんフィーチャー回ですかね。
とにかく期待してますよー。
関連記事
01:33  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。