2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.15(Fri)

【853】第1話 感想

File.1  規格外の刑事が帰ってきた!

ゲスト:田中圭、阿部進之介

脚本:櫻井武晴
監督:橋本一


見ていて、すごく懐かしい感じになるドラマでした。
初回で顔見せ回だからってのもあるんだろうけど、事件の内容よりノリと勢いで引っ張ってる感じ。
まさしく公式のコンセプト通り、『70年代の刑事モノ』って雰囲気だったなぁ。
なもんで、テンポのよさに誤魔化されてはいるけど、ぶっちゃけ落ち着いて事件や流れを見てみると「オイオイ」ってところも結構ありました。でも、そこはもうお約束という形でツッコんじゃイカンのだろうと思う。たぶん、粗が多いことは開き直ってるだろう、コレ。
っつーことで、早速感想ー。



【ついき】




色々な意味でダメな子の加茂ちゃん
タイプは似てるけど、そこまで『相棒』の亀ちゃんじゃなかったような。
どっちかといえば、同じテレ朝の最近ので言えば『ゴンゾウ』の黒木さんぽかったかな。明るいけど重い過去を背負っている、軽妙なノリは持っているけど根は真っ直ぐ、とか。アレともちょっと違うけど。
マツタケ泥棒の検挙率世界一の奥丹波署から京都府警に呼び戻された彼。初っ端から違法キャバクラ行ってとっ捕まってみたり、武藤班の皆さんには早速ハブられてみたり、それでもめげずに頑張ってみたり、かわいい女の子には軟派な態度取ってみたりとまさしく昭和の刑事さん。
サングラスかけたり、格好も70年代刑事モノのオマージュの香り。音楽も、『太陽にほえろ!』みたいじゃなかったかな。
それにしても、リボルバーの中の弾の有無を見分けるなんて視力とカンいいなぁ。しかし青木の銃のことは知らなかったのか。まぁ、武藤班の皆さんは揃って教えなかったので、仕方ないっちゃあ仕方ないけども。


で、そんな彼が所属することになった武藤班の面々は
大真面目にゴルゴみたいな台詞を吐きやがった武藤さんは、マトモに話もしない内からなんであんなツンツンですか。最後には、「山に帰してください」と三原さんにお願いしてたり。加茂さん、猿みたいに扱われてますよ。
いくら効率重視・昭和の骨董品の加茂さんとは考え方が合わないっつってもなぁ。10年前の事件、何か武藤さんと関係あるのかね。
武藤さんの腹心らしい真島さん(眼鏡の人)は舌打ちキャラなのか。酒井さん(似合わない髭生やしている人)は目立たなかったなぁ。
資料整理担当らしき綾松さん、どう見てもお色気担当の谷間さんも可愛くてよし。
1番いいキャラしてて役得だなぁ、と思ったのは、菅原大吉さん演じる浜さんかなぁ。現時点でほぼ唯一加茂さんの理解者(というか、もらいタバコの恩と野次馬根性で面白がっているだけかもしれないけど)だし、いいキャラになりそう。
逆に微妙だったのは、メインヒロインのはずの佐々木さんかなぁ。武藤さんと同期でどうやら気があるらしい彼女、初回からこんなことを言っちゃあなんなんだけど、ミスキャストじゃなかろか。何というか、富田さんの見た目やイメージと、あのギスギスしたキレキャラは何か合わないんだよなぁ……もっと静かに、冷静なキャラにならないだろうか。

そんな濃ゆい面子だからか、正直まだ名前が覚えきれません……上記のヤツは、公式のを見ながら書きました。うーん、あと1~2人くらい減らしてもいけるような気がするなぁ。ちょっと登場人物の多さがゴチャってしてたかも。まぁ、初回・顔見せ回だから仕方ないか。


◆で、加茂さんを呼び戻した三原さん
何考えてるか、微妙にわからないところを見るに、最終話に加茂の過去の事件(10年前に被疑者を撃ってしまった事件)についてが来ると見た。
それに三原さんが関わっていて……とかさ。
さぁ、どうなるかなぁ。


◆で、事件自体は。
無茶苦茶でしたね。良くも悪くも。
その無茶苦茶さを、演出のテンポのよさとキャラクターの掛け合いと勢いで押し切った。うん、何回も言うけどコレ、昭和の刑事モノだ。
ぶっちゃけていうなら、加茂さんが下手にでしゃばらなければ武藤班だけでも事件解決できた気もするんですよね。最後に佐々木さんがキレたように、加茂さん青木が銃持ってたの知らなかったから、一歩間違えれば本当に危なかったし。
なので、加茂の口から10年前の事件についての伏線を語らせるための回と解釈しました。
ゆくゆくは、加茂のカンと無謀さ+武藤の推理力+武藤班のチームワークで事件解決! な回もあると予想。ここまできたら、思い切りベタベタに行ってほしいな。
あとは全体的に、演出が光っていた回だった印象。
特にあの改造銃マニア。あのキャラクターの立ち方、間違いなく橋本監督の演出だと思った。あの鼻歌の歌詞とか、どういうセンスしてるんだよ本当に(いい意味で)。



初回としてはまぁまぁだったかな? 昭和の刑事ドラマのオマージュらしいですし、滅茶苦茶だったのはご愛嬌。
内容そのものに期待するのは、次回以降ですかねー。
次週の『853』も櫻井脚本らしく、ってことは『相棒』『853』と2日連続で櫻井脚本かっ!

ずっと櫻井脚本のターン!!!!!

ゴメン。

ということで、視聴継続決定! 次週以降も期待してますよー。
関連記事
00:24  |  カテゴリ:853~刑事・加茂伸之介  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。