2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04.23(Fri)

【おみやさん】第2話 感想

File.2 死者からの脅迫! 京都嵯峨野盗まれた妻の秘密!!

ゲスト:古村比呂、花村照子、伊庭剛、恒松勇輝、浜田学

脚本:森下直
演出:石川一郎


うわぁ。
視聴後、そう言いたくなるお話でした。ストーリー自体はベタですけども、久々に後味悪い木ミスを見たというか。
なんというか、身につまされるお話でしたなぁ。2日連続家族ネタとは、卑怯ださすが東映さすが卑怯。
今回は真面目に感想を書かせてください。


※感想遅くなってごめんなさい。



【ついき】




初っ端から情事で大変焦った。
それも含めて、最近の水9より木8の方が色々と内容が重たかったりえげつなかったりするよねぇ。
しかも、鷲津と佐川がやってたこと、今回やったこともえげつないし。佐川、逮捕されるときもクズでいっそ清々しい。せめて片割れが捕まったことはよかったと思う。関係ないけど、鷲津さんは情事の際も死体の際も「こっち見んな」って思った。
佐川が直接カメラで写真を撮っていたこと、そしてその証拠がネガなところで時代を感じた……んだけど、8年前ってデジカメなかったっけ。当時はそこまで小型の隠しカメラが普及していなかった気はするんですけど。まぁ、それはどうでもいいか。うん。


◆今回、いつもより笑いどころが少なかった気がする。
鑑識の桂子ちゃんがいなかったってのもあるんだろうけど、扱っているテーマが重たいせいか、割と暗い雰囲気。
序盤以外は、おみやさんと洋子ちゃんの掛け合いぐらいじゃないかね。しかし、おみやさんはすずさんにも弱いのか……逃げたよ、あの男……なんだかんだ言いつつ、洋子ちゃんのお泊りは容認してるんだね。
「たまとすず。にゃーお!」「猫ではないっ!」には不覚にも噴いた。


◆老人ホームでボランティアを始めた洋子ちゃん。社会貢献したい年齢になったとか言ってましたけど、それって年齢の問題なのかしら。元から、基本的には優しいし真面目だし性分かなって思ったんですけど。
課長に「はい、バック!」と犬かなんかみたいな扱いされた洋子ちゃんですけど、その時の「おみやさ~ん」同局の某アニメの主人公みたいな感じで。そうか、おみやさんはドラえもんか……
あと、暇な部署ってどこも似たようなことやってるんだなぁ……(序盤のトランプタワー)。しかも、あんな速さで完成させちゃうおみやさん、極めてるなぁ……それを崩しちゃうなんて、さすが洋子ちゃんさすが酷い。


◆殺されたのが佐川ではなく鷲津なこと、家族を脅しているのが佐川であること、あの家族も恐喝犯の餌食になっていたことなどは、まぁ序盤から想像はついたんだけども、まさかあんなえげつないお話になるとは。あのオチで色々考えてしまった。
でも、おばあさんは本当に認知症になってたんだな……てっきり、花を持ってこさせるのは死体が掘り返されていないかどうかの確認で、本当は認知症じゃなかったのかと。しかし、本当に認知症だったことで余計後味が悪くなったような気もするんだよな……
最後に洋子ちゃんが言っていたとおり、おばあさんは罪には問えるのか、気になるところです。認知症の間に起こした犯罪ならば心神喪失ということで問えない、が一般的な判決なのかなーと思うんですが、一応まだ認知症を患っていない時のことだからなぁ……証拠も今となってはないだろうし、あの高山夫婦がそのことに対して口をつぐんだら(あの夫婦はそれを選択しそう)、証拠不十分ということで問われない……のかなぁ。
何にせよ、もうあのおばあさんにお花を届ける人はいなくなるんだろうなぁ……健人くんは児童相談施設へ行ってしまったわけだし、花を手入れできる人がいなくなってしまったんだよねぇ……うああああ。


◆一見理想の家族は、実は歪んでいました。っていうのは鉄板のネタではあるし、犯罪によって生まれた絆っていうのもベタなお話ではあるんですが、しかしえげつない。そりゃあ、洋子ちゃんもヤケ酒飲むし、愚痴も言うわ。そりゃあ、おみやさんも飲ませてやるわ。やめろ。子どもをネタにするなやめろ。卑怯だ。
健人くんの状況が、なんというか非常に身につまされる。『学校』というのは社会生活を送るための第一歩であり基礎であり、人と関われないということは、人が生きていく中で最も不健康なことなんだよなって思います。最も基本的なコミュニケーションの場である家族が歪んでいると、それ以外のところも歪んでしまうものです。
不倫してた母親、しかもそれを隠すために一家ぐるみで殺人まで犯した親を持つ子、ということで、これからの人生でものすごく苦労しそうな重荷を背負うことになってしまった健人くん。「優しさはコンプレックスの裏返しなのかな?」って言葉は、真理だと思った。色々と大変だろうけど、最後のおみやさんの言葉どおり、願わくば健人くんには優しく、希望ある未来を歩んで欲しいものです。


◆と、健人くんには同情してしまうんですが、高山夫婦はなんだかなー。不倫もそうだし、佐川が3000万を要求した時、「元々これは俺の金だった」って言ってたから、高山夫婦は証拠隠滅のために様々なものを運び出した際、3000万も持って行っちゃったってことだよね? おいおい。
で、それどうしたんだろう。金策に走っていたところからして、やっぱり使っちゃったのかしら。そう考えると、あの夫婦も同情のしようが……いや、しなくていいんだけどね、この話の場合。でも、誰もそこにツッコんでいないから気になった。
ただ、奥さんの錯乱っぷりはよかったと思った。あまりの熱演にドン退き一歩寸前で引き込まれました。っつか、布施博の元嫁じゃん。


◆刑事課の吉川くんって、『相棒』で言うところの芹沢くん+陣川くんみたいな感じのキャラなのか。ぺらぺら情報漏らしてくれるし、おみやさんの読みが当たってて喜んでたし。前回も「資料課へ転属するか!?」って課長に聞かれて喜んでたよね、確か。


◆まぁ、お約束ネタではあるんですが、本当に近所の人って何でも知ってるよねぇ……現実でもそうだし、なんでみんな、あんなにお隣さんのこととかに詳しいんだろう、と思う。一家ぐるみでご近所づきあいが苦手な我が家は、いつも首を捻っておりますですわ。
しかし、学校の先生も色々知ってて驚いた。健人くんが4歳の時のことを、どうしてそんなに知ってるんだ。なにこれ怖い。


◆なんで今頃になって佐川は高山家を脅しに来たのか(金に困ったから? これぐらいは明かしてくれて構わないと思うんだけど、尺が足らなかったのかしら)


◆1回目のCM前、提供を読み上げる時のおみやさんと洋子ちゃんのほのぼのっぷりに癒された



今週、結構面白かったので期待したら、来週はお休み。で、次回も子どもネタってさすが東映さすが卑怯。そして、久々に友近でるのか……桂子ちゃんも、来週は出るかな?
これからもこれぐらいのクオリティを期待しちゃうなぁ。とりあえず期待。
関連記事
08:39  |  カテゴリ:(新)おみやさん  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。