2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05.20(Thu)

【臨場】第6話 感想

第6話 濡れ衣

ゲスト: 甲本雅裕、北見敏之、冨樫真、菊池均也

脚本:坂田義和
監督:橋本一


新キャラ登場で心機一転。ここから新章開始って感じですかね。
話は……色々穴や矛盾はあったけれど、途中までは楽しめてました。
終盤の、あのはぐれ刑事のような御涙頂戴展開だけはどうにかならんのかなぁ……


【ついき】




◆いきなり新人の永嶋さんキター
それに伴い、小坂さんも検視補助官から検視官心得に昇進。地味に警部補になっとる……
にしても、永嶋くんも小坂さんも記憶力いいなぁ。ちらっと会っただけなのに。


◆なんでコーヒー豆をイジめてるのかねと思ったら、まぁ、コーヒーも植物だもんね。観葉植物としても育てられるらしいですよ。
でも苦いのは苦手な倉石さん。甘党なの?
「身を粉にして働け」→コーヒー豆を挽く→「んー、いい香りだ」「ぶはぁ! 苦っ!!」のくだりには、不覚にも噴いた。顔芸含めてね。うん。
金魚ちゃん、ちゃんと生きてるんだ。


◆車中、相変わらずのスーパー合成クオリティで逆に何だか安心しました。
福饅頭さん久々!  相変わらずの倉石信者っぷりだ。鑑識(検視官)になりたかったけどなれなかったんだ……それは残念ですね。うんと、どうでもいいです。ごめん。でも倉石信者な割には、「ホトケの話はホトケを拝んでから」という彼の信条を忘れてたりと、やっぱなんていうか愛しいキャラだなこの人。


◆ド素人の新人である永嶋くんがいることで、相対的に小坂さんの鬱陶しさが少し消えた気がする。
なんだろう、現場で実戦形式で色々教えてる姿によって、世話焼きオバサンお姉さん的な面が強調されるからですかね。新人の永嶋君に色々教えてあげることで、我々ド素人の視聴者にもマメ知識がわかるような仕組みになっていると。今回の鑑識マメ知識&いつも以上に細かい検視作業は、色々な意味で楽しめました。
その代わり、死体の凄みは薄味だったかな……うーん、そこらへんはエグい(であろう)次週に期待。


◆地味にOP変わってますね、やっぱり。永嶋くんver.になってる。


◆なんかすごい失礼な話なんですけど、初めてオリジナルストーリーでもマトモな検視とマトモな推理をする倉石さんを見た気がする。
やっぱり、検視官が主役なんだから、現場の状況を検証するのは頻繁にやって欲しいと思うわけです。そこが醍醐味だよねって思うんで。なんで今回、途中現場で検証して、そこから推理を組み立てているのを見て「おっ」って思ったよ。毎回、この調子だったらいいんだけどなぁ。


◆甲本さんはどうしてこうも可哀想な役が似合うんだろうと思った。悪役とかも似合うけど、個人的には「可哀想な役の人」のイメージが強い。なんか前も、『科捜研』で過去の罪に苦しむ役をやってた気がする。ポリグラフのヤツ。
こういう生真面目で可哀想な役をやらせると、本当にどうしてこうも似合うんだろう。でも細かいけど、回想シーンで持ってたボロ傘じゃ、人は殴り殺せない気がする。どうでもいいか。


◆倉石に言われて真面目に肉を食う→解剖を見て吐く
そんな永嶋さんに好感を抱いた。うん、バカだコイツ。しかし解剖のシーンの前に焼肉の描写を挟むな、橋本監督w
倉石さん、それはイジメだよ。しばらく肉が食えなくなるからか?
って、アンタも初・解剖の際は吐いたのか! うん、じゃあ親心だ。でもそれは事前に言ってあげないと意味ないんじゃないか。
そんなことをさらっとバラせる西田先生さすが。今回はかくれんぼに行かなかったね……


◆新人教育には熱心なのに、新人の精神面でのフォローには結構無頓着なやっぱり鬱陶しい小坂さんによる現場再検証。ひとりでやってて、なんか寂しいなって思った。ここに永嶋さんが加わるのはいつになることか。まぁ、今回は福饅頭さんが来たけども。
そんな福饅頭さんに、さらっと「改心組(=チーマー上がり)」であることをバラされた永嶋くんって、原作じゃ確か、『十七年蝉』『罪つくり』に出てて、後者では倉石さんから色々吸収してて、まるで彼のコピーのような検視をしていたキャラだった。
どっちにせよこっちでは、微妙に空気読めない子っぽいし、ぼそっと黒いこと言ったよ。でもそれも、単純に自分の過去による劣等感の裏返しなのか……ちょっと肩透かしかも。
ドラマでは、ここからどうなるのか。そこが問題。果たして原作のように、『門前の小僧習わぬ経を読む』キャラになれるのか。


◆倉石さんが取調室に乗り込んできた時、噴き出したのは私だけじゃないと思いたい。
私女だけど、いきなりあんないかつい男があんな角材持って取調室入ってきたら、泣き出す自信がある。よく責任問題にならなかったなぁ。まぁ、その後、五代さんにしっかり釘は刺されているわけですが。しかし、ヒゲ剃られながら言っても威厳ないよな……とうとう自分(の顔)切っちゃうし。剃ってる最中に動くから……まさしく「糠に釘」って感じだよ。やっぱり小物臭い。久々に言うけど小物臭い。
それはともかく、取調室での暴挙の後、現場での再検証をして真相に少し近づくって流れが好きです。やっぱ、倉石さんは現場の状況などから真相を明らかにしていってナンボって感じがします。せっかくの検視官モノなんだからねぇ。


◆永嶋くんも素直で真面目でいい子っぽいんだが、改心組であることをつくと卑屈っぽくなる子。鬱陶しいというか、面倒なタイプだなぁ。
倉石さん:暑苦しい
小坂さん:鬱陶しい
永嶋くん:面倒臭い
嫌だな、こんな班。近寄りたくない……うん。
もう少し普通のテンションの子がほしかったんですけど、まぁいいか。いいキャラしてると思うよ。好きですよ。はい。最後の倉石さんのお説教、もとい説得でちょっと救われたんだといいですね。


◆「警察の方(かた)」って便利な言葉だよなぁ。庶務係でも交通課でも総務課でも「警察の方(かた)」。もちろん鑑識も「警察の方(かた)」。
「警察の方(ほう)」だと、もうみんな警戒する時代なのにねぇ。と、どうでもいいことを考えた。


◆眼鏡のレンズネタは金田一少年とかでもやってたなぁ。それぐらいありがち。それ自体は構わないけど、それをさもどんでん返しのように解き明かすのはやめてください。
んでもって、人の眼鏡をいきなり叩き割るのは本当にやめてください、倉石さん。あの四課の管理官の視力は知りませんけど、裸眼で0.1以下の視力の人間としては殺人行為に近いわ。生活できない。ケンカ売ってるのか。私ならしばき倒すぞ。殴られなかっただけ、倉石さんは感謝しないと。
結論=あの警視庁の科捜研はザル
さすがに矯正の度合いもレンズの質も全然違うだろう、被害者とお兄さんじゃ。よしんばそれらが同じだったとしても、眼鏡かけてる者から言わせて頂くなら、眼鏡のレンズはどれだけ気をつけてても皮脂やなんかで汚れます。なので、そこから丹念に調べれば、現場に合った眼鏡は複数あったことがわかったはず。ちゃんと調べろよ。もっとちゃんと調べてれば、早期解決できたのに。前回は、脱脂綿についた涙から感情まで分析しちゃってたのに。
今回検査をした科捜研の研究員は、夏に向けて鋭意待機中の京都科捜研へ研修しに行くべし。


◆ひとつだけガチなのは、今回の被害者の奥さん、明恵さんの男運のなさというか、見る目のなさ。周りの男、肉親含めて犯罪者ばっかりですやん。木崎さんはいい人っぽいけども……
お兄さんはマトモそうに見えて実態はなんだかなーだったし。お兄さんってば「今日ポイント2倍だったよ」って笑ってたところは可愛いと思ったけど、要するに重度のシスコンだよね、コレ。
そのお兄さんが、割とクズな件。今回の被害者に対しては、まぁ本当にどうしようもない人間なのはわかるのでアレだけど、木崎さんに対して濡れ衣を着せたのはなんだかなぁ。木崎さんが殺人を犯しちゃったのはともかくとして、その後にあんなクズの男と結婚したのはさすがに自己責任ですわ。そこらへんは、ご本人は弁えているようで何より。うん、本人はちゃんと理解しているのに、兄ちゃんは人に八つ当たりしたりして、ただのクズだよ。
でも、お兄さんに対して「クズ」っていうと語弊があるか。なんというか、歪んだ視点が凝り固まったバカって手に負えないよねっていうお話です。登場初っ端から怪しかったしね、と、これは関係ないか。


◆木崎さん何してるの。うわぁビックリした。発見した小坂さんがすごいお手柄。
「贖罪」「改心によって人生をやり直す」をテーマにした話は、なんだか最近多すぎる気がして正直お腹いっぱいです、な私はテレビ朝日刑事ドラマ好き。私がこういう、お涙頂戴なお説教シーン嫌いなのも合わさって、ちょっと冷めてしまいました。ごめんなさい。こればっかりは本当、好みの問題ですわ。
それを除いても、もうちょい永嶋くんの反応を見てみたかったなぁ。これからの話でどう変わっていくかも含めて興味があったんだけど、倉石さんに隠れたりフレームアウトしてたりでよくわからんかった。
全然関係ないけど、この場面で『ゴンゾウ』のとあるシーンを思い出したのは私だけでいい。それもあってか、倉石さんも木崎さんもこのまま飛び降りるんじゃないかと思った。屋上のシーンはさすがに合成だろうけども、高所恐怖症の自分からしたら見てるだけで心臓止まりかけたわ。やめれってー。
そういやラスト、久々に倉石さんの現場お参りを見た気がする。なんかえらく赤かったけど。夕陽にしたって赤いよね、アレ。なんなんだろう。



次週はとうとう「声」。マジすか。これは絶対ドラマ化されないだろうと踏んでたのに。
しかも今まで3回あったメイン回が、全て後味の悪いえげつないお話である小坂さんがメインのお話とのことで、これはえげつない話になる予感しかしねぇ……さすがに、原作そのままってことはないだろうけども……どれだけ改変されるんだろう、これ。地味に一課入りした一之瀬くんも出てるっぽいし、次週は期待かな? 楽しみに待ってますよー。

で、だ。
相変わらず、CMでの吹越満の破壊力は異常
なんだ、今度は奇声上げながら電車が迫る踏み切りに突っ込んでいってなかった?
なんか楽しそうだな、あのドラマ。見ないけど。
関連記事
01:59  |  カテゴリ:臨場  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。