2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.07.22(Thu)

【新・警視庁捜査一課9係】season2 第4話 感想

第4話 死者からのメール

ゲスト:不破万作、菅原大吉、伊藤祐輝、AKINA

脚本:徳永富彦
監督:吉田啓一郎


もうあんまり『本感想は夜中』とか、書かない方がいいかもなぁ。また途中で爆睡しました、ゴメンなさい。
ダメだもう。あんまりアテにしないでください。


本題。


いや確かに『9係』なんだけど、なんか『9係』じゃない。
なんつうか、役者さんたちが頑張ってるからギリギリ『9係』だったけど、事件は『相棒』っぽい。
設定とかとキャラの見た目だけ『9係』で、中身『相棒』
そんな感じ。
何言ってるかよくわかんないけど、とりあえず言えるのは、青柳さん無双でした(ネタ的な意味で)。
あと、元から『9係』のサブタイってあんまりセンスは感じませんけど、この話は元の仮題の方がよかったなぁ(『少年は嘘をつく』)。若干ネタバレ気味ではありますけど。

正直、この暑さで頭が煮えてやる気があんまりないので、簡易+小ネタ拾い中心で。



【ついき】




◆なんかやたら今回、青柳さん頑張ってましたね。ネタ的な意味でも。
過程をすっ飛ばせば、青ちゃんの偏見もまぁ当たってたワケだし、実質今回は青柳さん無双でしたよね。
っつーか、やたらいつも以上に行動が子どもじみていたというか……ぶりっこっぽかったというか。
ぶっちゃけ、いい歳したオッサンに言う言葉じゃあないんでしょうが、言わせてください。
青ちゃんかわいいー(真顔)


◆エアコンの室外機の下から紙の切れ端を拾う際の係長・青年のやり取りが、なんかこう……
「お義父さん、何やってるんですかもうー」
な感じでねぇ。
いや、自分でも何が言いたいのか、よくわからんからスルーしてください。でも何か印象に残った。


◆小宮山さんのトンデモ推理
「通りすがりの人間が、死体でタバコを消していった……」
(主任に睨まれ)「なんてこと、あるわけないわよね」


◆やたら今回、矢沢さんが熱くなっていた件。
自身も子持ちだし、子ども絡みの事件だと熱くなるよね。


◆しかし今回のゲスト、不破万作さんに菅原大吉さんかぁ。両方とも捕まっちゃったよ。
京都の治安が乱れるっ
どっちも、それぞれの作品でいい味出してる重要ポジですよねー。と、これは関係ない呟き。


◆事件についてさらっと
本気でクズな被害者以外は、「クズ」とまでは断言できないまでの人間臭いダメさがあって、なんかリアルに感じてしまった。
特に、保護司の高畑さん。彼が咄嗟に吐き出した「死刑になればいいんだ!」も、渡辺くんに見せた先生の顔も、どっちも彼自身なんですよねぇ。
しかし、「所詮、犯罪を犯すようなヤツは、どっか壊れてるんだ!」は、彼なりの自嘲なのか、或いは無意識のブーメラン発言なのか。
渡辺正くんはアレ、特にお咎めないまま釈放でいいんだろうか……一応、嘘の自供してるけどいいの? まぁ、いいのか。
あと、いくら煙草の銘柄が一緒でも、それイコール高畑さんが犯人、ってわかった彼はすごいな。前々から、自分への態度で薄々何かに感づいていたのかもしれないけど……ここらへんは、「この銘柄って珍しいヤツだよね」の一言があったら、自分は納得したんですけどねぇ。


今回の青柳・矢沢コンビ
・主任を指して「ああいう上昇志向の塊みてぇなヤツが1番嫌いなんだよ。それは、俺の性格が曲がってるのか? それとも、アイツの品格が低いからか?」
「今更何言ってるんですか。青柳さんほど、綺麗に捻じ曲がってる人はいませんよ」

・主任からの命令にはとことん逆らう青柳さん。そして被害に遭うのは青年。「それは……お前がやった方がいいと思う!!」
そりゃあ青年も、「主任と青柳さん、どうにかなんないんですかね?」とぼやく。

・美人局な池脇さんにぶつかって、矢沢さん「いたぁい!」
この言い方が、ものすっごい乙女チックだった件
しかも何か筋を違えてしまったらしく、ずっと痛がってるし。今回、地味に矢沢さんかわいそうな話だなぁ。

・地味に池脇さんに対する青柳さんの喋り方が、どことなくぶりっこっぽく聞こえてなんだかなぁ
その上、「俺たち、少年課じゃないからさ。正直に話してくれたら、昔のことは見逃してやるよ」って、それ、悪徳警官のセリフですやん、青ちゃん。
……来週、妙子ちゃんが何度目だ容疑者垣内妙子になるらしいですけど、その理由の半分以上は青ちゃんが、不運とか、何かよくないものを呼び込んでるからなんじゃないかなぁって思った。このカップル、好きだけどさ。

矢沢「僕にふらないでくださいよ」

・「人格者」ってだけで疑ってかかる青ちゃん。今回に限っては、それは結果としては間違ってなかったわけだが。

・キレて煙草を投げる矢沢さんに「ビックリした……ああもう」とビビる青柳さん

・青年は、青柳さんにはちゃんと耳打ちするのに矢沢さんはスルーするのな。なんか、これって前にもなかったっけ。

・渡辺正に掴みかかる矢沢さんを取り押さえようとしたら、なんかこう自分が取り押さえられるようになってた青柳さん

・主任との言い争い(青年いわく「これ」呼ばわり)の中で(∩゚д゚)アーアーキコエナイ状態になる青柳さん

・隠していた腕時計が見つかり、「青柳が……」と矢沢さんにバラされた青柳さん。机に隠れてちょこんと縮こまって正座って、なんか、叱られるのをわかっている犬みたいだ。

・とことん「センセイ」や「善人」が嫌いな青柳さん。
そこをツッコまれまくり、挙句矢沢さんに「青柳さんは、どっちかっていうと保護司についてもらう側ですもんね。いっそのこと、面談受けたらどうですか」投げられる始末。
それでいいのか、現役警官っ



うんまぁ、嫌いじゃないけど、これ『9係』でやらないで『相棒』で……やっても、それなりに批判はあったのかなぁ。
そうか、あんまり『9係』っぽく感じなかったのは、倫子ちゃん含めてパートナーとかプライベートが全然でなかったからなのかなぁ。青柳・矢沢コンビの掛け合いはそれなりに面白かったんだけど、主任・小宮山コンビは目立たなかったし、主任・青年コンビは相変わらず終盤、某特命係の人たちみたいになってるし。
事件単体としては、今シーズンでは1番捻ってあって面白かっただけに……惜しい。
頑張れ、徳永先生。

そして来週は……また容疑者:垣内妙子か……何度目だ。そろそろ、本気でお祓いに行くことを検討すべき。
関連記事
11:34  |  カテゴリ:新・警視庁捜査一課9係  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。