2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10.20(Wed)

【相棒 Season9】第1話 感想

第1話 顔のない男

ゲスト:徳重聡、津嘉山正種、近江谷太朗、安藤麻吹、恩田括、金子久美、梅宮万紗子、岩尾拓志

脚本:戸田山雅司
監督:和泉聖治


さすが俺らの新條まゆ先生はお目が高い。

これは『相棒』と奇跡のコラボあるで。
アレだろ、来週の上遠野さんこと徳重さんがアサルトライフル構えて「その綺麗な顔を吹っ飛ばしてやる!」とか言うんだろ。ねーよ。

内容が、個人的にはそこまで気を引かれるものじゃなかったので簡易。


【ついき】




◆開始1分で終わったよ
とか錯覚したのは、最初にスタッフロールが流れたせい
これも前後編だからか。

◆OP……なんかアニメチックっていうか、『報道ステーション』っぽいっていうか……ダメだ、上手く言い表せない。
ただ、歴代でも屈指のインパクトの無さなのは間違いないです。良くも悪くも印象が薄い。

◆相変わらずその場の主のように特命の部屋に居座る暇課長

◆東映刑事ドラマでお馴染みの白い家キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

◆とうとう米沢さんが、特命係を堂々と現場に呼んだ上にそれを開き直った……本当、「何、開き直ってんだよ」(by伊丹)ですわ。
いつの間に、米沢さんはそんなに偉くなったんですか……

◆それは伊丹さんもよろめきたくもなるよなぁ
いちいちついてくる特命係鬱陶しいもんねぇ

◆このストーカー=部屋中に写真ベタベタって、いったいどこが元なんだろうなぁ
今時、わざわざ写真を現像して部屋中に写真をベタベタ貼り付け回る方が大変な気がする。その熱意があってこそのストーカーかもしれないけども

◆画面がフィルム調っぽいのは、やっぱ劇場版2を意識してるのかしら。それにしても薄暗い。
シーズン7後半あたりの超相棒ブルーよりかは見やすかったけど、でもやっぱり薄暗くて見づらいです。もっと普通の色合いにならないのかなぁ……

◆閣下の家出てたよね?

◆米沢さんが普通に『花の里』で食ってる……

◆もう時間切り売り製で取調室の椅子譲ってもらうの、お約束になってるんだね。そろそろ芹沢くん辺りが「じゃあ1分300円で」とかぐらい言い出してもおかしくない頃。

◆神戸さんの「ひとつ、よろしいですか?」
わざわざポーズの真似までしてるし
「グズグズしてると、置いてけぼりにしますよ」といい、神戸くんと右京さんは相変わらず微妙な距離感なようですね。

◆香水や匂いに詳しい神戸さん。刑事ドラマの主人公格って、鼻が利く人多いんだね。ちょっと毛色の変わった死体に遭遇したら死亡フラグだな。腐乱死体とか。

◆自殺を殺人に見せかけようとした旦那さん。
ものすっごい頑張って工作してたけど、じゃあなんで肝心の遺書代わり(と思われる)の本から栞を抜き取っておかなかったんだろ。あれはまず1番に抜き取っておかないとダメじゃね?
偽装工作頑張っても色々細部のツメが甘い→次回予告の「この世に完璧な犯罪なんてありえない」うんちゃらに繋がる、ってのはさすがに邪推かな。

◆上遠野さんがあの男の人の首を締めたとき、ゴキッ、っていったぞ。ゴキッ、って。
しかも大の男を抱えて階段上がるわ、偽装工作もしっかりやっていくわで
なんか来る作品間違えてね? な勢いでした。明らかに『シティーハンター』とかあっちの世界の住人だろ、上遠野さん。

◆さりげなく若者(神戸くん)に非常階段を駆け上がらせる右京さん
いや、二手に別れるって判断は何も間違っちゃいないワケだけども
そして、若い方が階段駆け上がった方が効率いいのもその通りなんだけども

◆スネェェェェェェェェェクな上遠野さん
私は刑事ドラマで、しかもあの状況下で屋上からワイヤーで降りていくキャラを初めて見たよ。

◆劇場版2のCM、初めて見た


なんか画面の色調のせいか、新規音楽が大量に投入されてるせいか、シーズン8以上に『別物』を見ているような気分でした。
前後編の前編って大体が退屈だったりしますけど、今回もそれだったなーと。
どうも、演出に気をとられて内容が頭に入ってこなかった……なんだろうなぁ。
来週の締めに期待。
関連記事
23:38  |  カテゴリ:相棒  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。