2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01.21(Fri)

【ホンボシ ~心理特捜事件簿~】第1話 感想

第1話 誘拐連鎖…表情分析が暴く嘘!

ゲスト:安田顕、平賀雅臣、野間口徹、黒坂真美

脚本:丸茂周
監督:猪原達三


可もなく不可もなくかな。初回としてはこんなもんなんじゃないでしょうか。
思ってたよりはトンデモ度が低かったなーと思った。
「テレ朝」「プロファイリング」で連想されるのは、記憶に新しい去年の夏、『警視庁継続捜査班』
これがプロファイリングがどうとかじゃなく普通に刑事モノとしても酷すぎる出来だったので、アレレベルが来ることも正直覚悟してました。
そうしたら、さすがというか安定感があるというか、案外普通の出来で安心しました。まぁ、「案外」と「普通」の間に、「よくも悪くも」が入るかなとは思うけど。

新シリーズ初回でどうやってやればいいかわかんないけども、とりあえず手探り状態で小ネタ拾いー。


【ついき】




◆OPが、この枠にしてはオサレ。


◆主人公の桐島さんは、元心療内科の心理学のプロだそうで。博士号持ってたりとか、科警研から来たとか、超エリートじゃん。キネシクス(表情や仕草を観察して、人の心理を読み取る)のプロだそうな。
思ってたよりは変な人じゃないな。いや、人の部屋を勝手にしれーっと荒らしまわったり、いきなり心理テストを出したりと、変な人っちゃ変な人だけど。


◆刑事部長から特別捜査支援班への発足祝い→ナマズ。
たぶん、たとえ話からしてナマズは桐島さんのことだと思うんだが、ナマズをどうしろと。食えってか。それとも愛でろってことなのか。新人をナマズ、部下をイワシに置き換えるってのもなかなか。
それはさておき、たとえ話とか部屋に水槽があることからして、刑事部長は魚好きなのかな。何だそれ可愛いな。


◆途中の桐島さんのクイズ、一応数字は当てられたんだけど理由が反則過ぎる。
ちなみに1 2 □ 4で□の中に入る数字は?という問題。
正解は2。理由は桐島さんの奥さんの誕生日。だそうで。
私はこうだと思ってた。
1×2=2 2×□=4
だから答えは2、4の次の数字はきっと8なんだろうなぁとか思ってたらハズれた。
くっそぅ、なんだこの悔しさ。これがスキーマってヤツなんですか。


◆御子柴さん(若手の元SEの人)のカロリーメイトがチョコ? だよね。私もカロリーメイトはチョコレート派です。ゴメン、余談でした。
結局、カロリーメイトを食べちゃったのは誰だったんだろ。桐島さん?


◆桐島さんが組み立ててた透明キューブがオサレ。インテリアとしてほしいかもしれない。


◆特別捜査支援班に真田警部が加わった!
どう見てもライバル心を刺激されています。本当にありが(ry)
顔に出やすいらしいですね。桐島さんにはあっという間に心を読まれているし。


◆演出が『臨場』っぽいっていう声がありますけど、今回の監督さん、その『臨場』でメイン演出担当してた人だからなぁ。ついでに言うと、音楽の人も『臨場』の人。もっと言うなら、主題歌も平原綾香。
似るのはやっぱりしょうがない。
ちなみに、監督と音楽の方は、『警視庁継続捜査班』の方でも……いや、何でもない。


【本日の心理学まとめ】
・人は罪悪感を抱いていると、下を向いて話す傾向がある
・人は嘘をつくとき、表情を読み取られまいとして隠そうとする
・人のことをバカにしていると、口角が片方だけ上がる
・目が左(右)を向く時は本当(嘘)のことを話している
・人は経験則で物事を考えてしまう(スキーマ)
・人は恐怖に遭遇すると、反射的に身を守ろうとする(不快情動反応)

正しいのかは知らん! 調べるつもりはない!



今回の『ホンボシ』は、刑事ドラマとしては普通の出来じゃねーの、って感じでした。あくまで枠のカラーを逸脱することも無く、普通。私はプロファイラーモノには詳しくないんで、心理捜査モノとしてどうかはわかりませんが。
一応、プロファイリングや心理学(主人公の推理)だけで犯人を追い詰めるわけじゃなく、鑑識さんが地べた這いつくばって探した物証(土やコンタクトレンズ)が事件解決の大きな鍵になってたのも好印象。そこらへんはさすがテレ朝×東映ってところで、主人公だけじゃなく他にも有能な人、現場で頑張ってる人もいるんだよってことでバランス取れてましたね。
ただ、嘘か本当か見破る際に使われる手段でお馴染みの「目が左(右)を向くから本当(嘘)」っていうのは眉唾って話を聞いたことがあるんですが、どんなもんなんでしょうかね、そこらへん。まぁ、それは本筋じゃないっちゃあないんですけど。
話そのものには大きな破綻はなかったと思うんですが、初回ということを差っぴいても「普通」って感想が真っ先に浮かぶ感じでした。悪く言えば地味な出来だったかな、と。初回だからと下手に話を派手にして破綻するよりはよっぽどマシだとは思うけども。
主人公のキャラが目新しい(といっても、あくまでこの枠はってことで。今期プロファイラーモノが3本もありますけど)ぐらいかな。

何はともあれ新シリーズですし、手ごたえとしては悪くないかなーと思ったので、次週以降にも期待しておりますですよ。
関連記事
11:24  |  カテゴリ:ホンボシ ~心理特捜事件簿~  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。