2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.11(Wed)

【遺留捜査】第5話 感想

第5話 書きかけのカード

ゲスト:石田太郎、中原果南、遠山俊也、近江谷太朗、仲野文梧

脚本:尾西兼一
監督:長谷川康


糸村さんはチート的な存在だと発覚する回。これもシリーズの伏線なのか?


【ついき】




◆糸村さんの華麗な自転車さばきが羨ましい。


◆字で年齢がわかるなんて嘘だと思うんだよな。私は字汚いから信じない。


◆手先が器用な割に、パソコンが苦手な糸村さん。地味に次回もその設定を引き継いでいて笑った。
っつか村木さん、「その画像解析ソフト、私があげたんだよ(*´∀`*) なんだ、パソコン苦手とか言いつつ、使ってくれてるんだ(*´∀`*)」とか、そんな嬉しそうに言うなよ。本当は糸村さんのことが好きと見た。


◆相変わらず、ドラマ内の音声解析ソフトは高性能だ。地味に江藤さんもチートだよな。


◆村木さん、糸村さんとディナーができない(第1話参照)から横山さんとラーメン食ってるのかえ?


◆やたらお嬢が女である事をバカにされてて、きっとこれはお嬢の成長フラグだと思ってたらそんなことはなかったぜ! でござる。
いや本当、曽根さんも宮下さんもお嬢にはちゃんと期待はしていると思うんだが、お嬢がその殻を破ってこないから「お嬢」扱いなんだと思うんだよな。その殻を破る話を私は見たいです。


◆江藤さん、ムチャクチャしはりますね。後ろから殴りかかってあかねちゃんを助けるナイスファイト。その後、窓から叫んで助けを求めたり、行動が的確。その度胸に乾杯。
その後は糸村さんが華麗に取り押さえた。すげぇ。でも「横山くん。はい、代わって。頑張ってね」とかあの状況を丸投げとか酷いひどすぎる。
おかげで横山さんの命がピンチ。再び糸村さんが華麗に取り押さえるハメに。「もう、何やってんの~?」って、それはあなたが丸投げしたからでしょ?
これは「横山さん、仮にも警察官なのに情けない」と言うべきなのか、「糸村さんすげぇ、でも酷ぇ」と素直に言うべきなのか。


◆あかねちゃんが可愛い……こんな孫がほしいねぇ。


◆お嬢が糸村さんに感化されているフラグも、これはお嬢なりに糸村さんのことを認めて成長するフラグかと思ったんだけど、なんかちゃんと消化されないまま終わりそうなんだよな……お嬢、嫌いじゃないんだけどイマイチ、そのキャラが活かされている気がしない。もったいない。


◆本気で飛ばされかかる糸村さん。加賀見さんは、江藤さんの何がそんなに嫌なんだろう。
最後の糸村さんの倉庫でのカットも意味深。
加賀見さん・江藤さん・糸村さんの過去が終盤に向けての伏線なのかしらん。



なんか今回は、画面構成とか色合いとかが映画みたいだなーとか思いながら見てました。
特に回想シーンとか。綺麗だったなー。好きだ。
終盤明かされる、被害者や土屋さんにまつわるエピソード、今回殺されてしまう動機なんかは悪くないなーと思った、いやむしろ好感すら持っているんだけども、そこに到るまでの過程がゴチャゴチャしていてちょっと残念。
江藤さんを絡めるためなのかな。ぶっちゃけ江藤さんがいらなかったというか、素直に捜査一課があかねちゃんを見つけ出す、でよかったと思うんです。
なんだろう、すごく惜しい。それが、今のところ『遺留捜査』全体に抱いている感想です。
関連記事
21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。