2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.08(Wed)

【遺留捜査】第9話 感想

第9話 空のマッチ箱

ゲスト:馬渕英俚可、岸田真弥、笠原秀幸、高橋克明、高嶋寛

脚本:徳永富彦
監督:麻生学


徳永脚本ということで期待値が低かったのは認める。
でも今回のお話は好きだよ。「どうかな」って部分もあるけど。


【ついき】




◆大家さんがあまりに無用心すぎる。内見用の鍵を外に放置て。


◆レシート裏の番号に首を撚る曽根さん可愛いよ曽根さん
高圧的すぎるより、ちょっとトボけた感じの方がいいと思うんだよな。


◆今時はどんな事情があろうとも、成人男性から幼女への声かけはアウトなんだよな。ある程度は仕方ないところもあるが、世知辛い世の中だ。


◆今週の遺留品係の扱い
・とりあえず宅配便を見つけてひらめいちゃって自分の世界に入り込んだ糸村さんに置いて行かれた横山さん可哀想。あとさりげなく、思い切り肩を叩かれて可哀想。
「1192(いいくに)-756(なごむ)-145(ひよこ)」
・いいくに なやむ よこやま
横山「なんすか? 『いいくに なごむ ひよこ』って」
糸村「ん? ……すごいひよこなんじゃない?」
横村「和むのにすごいひよこ……?」
糸村「紀藤くんがよく知ってるよ」
紀藤「えっ?」
横山「えっ、知ってるんすか?」
紀藤「いや……」
紀藤さんマジ乙。
その後、いつものように「あとよろしくー」で丸投げされた横山さん、いつもながら乙。


◆糸村さんは素直に「写真のことわかんない(要約)」って言える、しかもそれが許されるキャラクターだからいいよな。羨ましいよな。


◆久しぶりに加賀見さんが出た。来週から最終回にかけてのためかな。
あと、おそらく初めてお嬢以外の私服女性刑事が出た。制服女性警官なら出てたんだけどね。


「諦めずに、歩みを止めなかった者だけがゴールを踏むことができる……って誰かが言ってました」
糸村さんの空気読めない名言集、誰かまとめてくれないかなー。


◆そういえば糸村さん、多趣味で手先が器用って設定あったな。写真の現像まで出来るのか。現像液ってすっげぇ臭うんでしょう?


◆結局は糸村さんに折れちゃう村木さん可哀想。
いやしかし、いくらコントラストを抑えたからって、相変わらずの超解析だことで。


◆今週の犯人は清々しいまでのクズ。取調室での反応も往生際悪すぎて面白かったし、あのままベラベラ喋っててもらってても構わんかったかもしれないw


◆この作品のコンセプト上、糸村さんが直接、人の犯罪を暴く(事件を解決してしまう)探偵役になるのは何か違うよなーと。彼が明かさなきゃならないのは、あくまで被害者の最期の想いだけであるはずなんだよな。
今回惜しかったのはそのブレなんだよな。それを明かさないと、被害者の真意、最期の想いまで辿りつけないから、しゃーないっちゃあしゃーないんだが、本当に惜しい。


◆あんな所に腰掛ける生徒がいたら、まず「あぶないよ!」ぐらいは言っていいような気はするが、まあ多分、先生は写真バカだったんだろうな。ということで、私は納得しました。勝手に。
たぶん、先生に声をかけられた時点ではもう腰掛けていたところを見る限りでは、先生が来る前に、死ぬこと自体は躊躇ってたっぽいな。そこで先生と運命的な出会いをしちゃったからこんなことに。


◆ピンホールカメラ、懐かしいな。小学生の頃、科学本を見て作ろうとした記憶がある。
先生と桐原くんが一緒に数字を数えているところは、淡い学生の頃の思い出、って感じで好きだ。


◆今週のお嬢はよかったと思う。
「少なくとも、警察が情報提供者を明かすことはありません」とフォローしたり、ゴムマスクの人物に思い当たったり(まぁ、これは偶然だけど)、何よりハイパー3分間タイムでフォローしてた。
「桐原さんがこの7年間、どういう生活をしていたかわかりますか?」
「ひたすら身分を隠して、どこへも帰れない生活を続けていた。それは全て、あなたのためだったんです」
「それは、あなたの心がそう見せているだけではないでしょうか。桐原さんは、あなたに純粋に写真を見てもらいたかった。あなたの作品を手本にした作品を。それは彼の唯一の救いであり、楽しみだった」

まぁ、このセリフを言うこと自体は糸村さんでもできることだけど、ちゃんと糸村さんをフォローしてて初めて存在感を示していたような気がする。いつもはただ事を静観しているだけで、「何でいるの?」状態だったし。
そうだよな、これが全うなヒロインポジションのあり方なんだよな。今までの扱いが悪すぎたんだよ……これが普通。



「案外、何も無い人生じゃなかったのかもしれないよ」
人が生きる上では、何が支えになるかわからない。
桐原さんにとっては、学生時代の『記憶』こそが支えだった。だからこそ頑張れた。
ということで、主題歌が映えるラストとか全体的に演出効果が綺麗でした。それで幾分誤魔化されたような気がするが、それでいいと思う。よかったです。
来週は久しぶりに水野真紀&「3分ください」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あと横山さん大活躍フラグが。似顔絵描けるのか。
関連記事
21:00  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。