2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.23(Thu)

【遺留捜査】感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価はものすごく私の趣味嗜好が出ていますが、感想を見る上での目安にでもなれば。



第1話 玩具のピアノと乱れた足音

ゲスト:近藤芳正、中山忍、浜田晃、橋本さとし
いや、その理屈はおかしい。


第2話 母子手帳と裂けたおみくじ

ゲスト:黒川智花、山入端佳美、斉藤悠
印象薄いんだよな。


第3話 12402歩
★★☆
ゲスト:芳本美代子、江守徹、遊井亮子、岸祐二、浅見小四郎、ヨシダ朝
1日1万歩ナメんな。


第4話 紅い石
★☆
ゲスト:小野武彦、大地泰仁、近野成美、佐野和真、内野謙太、皆川猿時
「L多めで」


第5話 書きかけのカード
★★☆
ゲスト:石田太郎、中原果南、遠山俊也、近江谷太朗、仲野文梧
結末に到るまでの過程が煩雑だなぁと。


第6話 神棚の木片
★★★
ゲスト:北川弘美、近藤公園、伊藤祐輝、木下ほうか
成人男性が「お兄ちゃん」はどうかと思ったけどな。


第7話 すべて他人のもの
★★☆
ゲスト:前田亜季、根岸季衣、河西健司、菅原大吉、芹沢礼多
何故かここだけ横山さん確変デレ状態。なんだったんだろう、コレ。


第8話 つぶされた指輪
★★☆
ゲスト:星野真里、長谷川朝晴、吉本菜穂子、二反田雅澄、大塚良重、草野康太、福井博章
だから、やっぱりあのチンドン屋は恐怖演出だって。


第9話 空のマッチ箱
★★★☆
ゲスト:馬渕英俚可、岸田真弥、笠原秀幸、高橋克明、高嶋寛
一番主題歌にあってる内容だった気がする。


第10話 遺留品、紛失
★★★
ゲスト:橋爪遼、長谷川初範、鶴田忍、前沢保美、千代将太、金澤美穂、かなやす慶行、岩橋道子
親とお酒を飲み交わせるのは、大人の特権です。


第11話 消えた遺留品…銀のスプーンと犬笛が語る真実!!
★★☆
ゲスト:佐々木すみ江、長谷川初範、金澤美穂
ラストはなんだアレ。



以下徒然。

話のコンセプト自体は好きです。方向性は決して間違ってないと思う。
でも話自体の出来に疑問符が浮かぶのが残念。もう少し事前にコンセプトについて詰めていってくれれば、人情刑事ドラマとしてすんなり受け入れられたと思います。
基本的に、事件解決は捜査一課の仕事。糸村さんがするべきなのは、「被害者の最期の声を遺された人に届けること」
たまにその軸がブレてしまっていたのが残念です。事件解決にまで糸村さんが関わるような、まるで糸村さん無双状態になったら、なんかそれは違うと思うんだよな。

あと、どっちかといえば加賀見さんと江藤さんの因縁よりは、糸村さんが何故遺留品にこだわるのか、その掘り下げもしてほしかった。最終回にはそれを持ってきてほしかったかなあ。これはこれで悪くはないと思うんだけどさ。

捜査一課の方々は、お嬢と曽根さんが勿体無い使い方をされていたと思う。特に曽根さん。
お嬢は少し(本当に少しだけど)糸村さんのスタンスに理解を示し、それでも自分の仕事をやり遂げるために自分なりに殻を破ろうと行動していた点は好き。
欲を言えば宮下さんの言葉は、最終回じゃなくて中盤辺りに持ってきてほしかった。最終回辺りでその言葉を受け止めた上で成長したお嬢が見たかったんだけどね。

村木さん&横山さんと糸村さんのやりとりは、いつも安定していて面白かったです。最後の最後まで報われない村木さんェ……

お嬢の扱いを筆頭に、なんだか殻を破りきれないまま終わってしまった感じで、自分としては「勿体無いなぁ」ってのがまとめなのかなと思いました。
もし、もっとこのコンセプトを煮詰めてパワーアップしてくれるなら、続編を楽しみに待ちたいなーと思います。

ってことで、3ヶ月間ありがとうございました!
関連記事
19:16  |  カテゴリ:遺留捜査  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。