2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.24(Fri)

【おみやさん8】感想 まとめ

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「去年と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。



special file 初冬の京都に蘇る女たちの未解決事件! 二度疑われた女……限定10個の殺人証拠!
京の伝統行事が暴く真実!! 謎のDNA記号に潜む殺意の連鎖

第一部:★☆
第二部:★★☆
ゲスト
第1部:清水美沙、白木万理、東根作寿英、鶴田忍、七咲友梨
第2部:川上麻衣子、宮本真希、東村晃幸、伊藤正之、石田太郎

頑張れ鴨川東署:坊ちゃまとの恋のダブルス/休戦協定の印にお見合い写真って。
真面目な見所は:二部はゲストのはるかさん無双


File.1 母から娘へ…京都、愛と死のメロディー! 祇園の悪女が隠す過去!!
★★
ゲスト:洞口依子、筒井真理子、荒井萌、北条隆博、浅田祐二、大久保幸治
頑張れ鴨川東署:資料課存続の機器。いや、危機。
真面目な見所は:頭が弱いオバサンを演じても輝く俺の真理子


File.2 京のおばんざい屋に殺人連鎖!! 手がかりは花街の所作
★★☆
ゲスト:中原丈雄、床嶋佳子、山下容莉枝、柳生みゆ、入江毅
頑張れ鴨川東署:すずさんの腰が疼く時、京都に雨は降る……!
真面目な見所は:和傘豆知識


File.3 京都嵐山に潜む罠! 満開の桜が暴く8年目のトリック
★★★
ゲスト:秋野太作、映美くらら、蟹江一平、榎園実穂、大久保ともゆき
頑張れ鴨川東署:どう見ても桂子ちゃんがだめんず・うぉーかーです。本当にありがとうございました。
真面目な見所は:「桜の樹を怒らせると怖いのよ」っていうホラーだろ? これ。


File.4 同時発生! ふたつの事件の点と線…10年後京都鴨川での再会!!
★★★★
ゲスト:高野志穂、正名僕蔵、マギー、いわすとおる
頑張れ鴨川東署:全体的にやりとりのテンポがよかったです。
真面目な見所は:現代の寓話って感じの切ない雰囲気


File.5 アリバイに利用された男! 京都の夜に響く母子の叫び

ゲスト:梅沢富美男、石野真子、渋谷哲平、染谷将太、山内としお、依田希実
頑張れ鴨川東署:姫野さん
真面目な見所は:姫野さん


File.6 19人の殺人容疑者! 死体の二本指が導いた京都大原…涙の再会
★☆
ゲスト:斉藤祥太、金井勇太、末永遥、岡田眞善、森田直幸、や乃えいじ
頑張れ鴨川東署:すずさんへの本音が出てますよ、おみやさん。
真面目な見所は:え? これっていい話なの?


File.7 あの人は今どこに……京都の思い出殺人事件!!
★★
ゲスト:草笛光子、二階堂智、蟷螂襲、国木田かっぱ
頑張れ鴨川東署:オペラグラス大活躍……か?
真面目な見所は:草笛さんの存在感と綺麗な演出


File.8 家政婦は見た!京の花街、娘から来た死を呼ぶ手紙!!
★★★
ゲスト:奥山佳恵、藤田宗久、三宅弘城、中村繁之、町野あかり、前川恵美子、多田実喜
頑張れ鴨川東署:兵さんがー! 血糖値がー!
真面目な見所は:本当に彼が救われていたのかどうかは永遠の謎


File.9 38年目に動き出した未解決事件! 亡き妻に捧げる愛憎の果てに…
私を殺してと叫んだ女 嵐山~祇園~八坂神社 母子の京都殺人案内

ゲスト
第一部:須藤理彩、山田純大、舟木幸、未来貴子、柴田善行
第二部:西村和彦、佐川満男、吉村実子、かでなれおん、峰蘭太郎

第一部:★★☆
第二部:★☆
頑張れ鴨川東署:300円の大喧嘩/おみやさんの資料配置の覚え方
真面目な見所は:お兄さん、それはキレて正解です/……洋子ちゃんの活躍、とか?



初心者向け「おみやさん」講座 修正版

・おみやさん=鳥居勘三郎(渡瀬恒彦)
・導入部分は必ず「○○年前~(事件の説明)~そして……」
・おみやさんが捜査に出るときは必ず「洋子、○○食べにいこうか」
・死因の8割近くが神社の階段や橋での揉み合いによる転落死。これを通称「おみや死」と呼ぶ。類義語「はぐれ死」
・洋子とおたまさんorすずさんによる嫁姑バトルのようなコントは、この番組の見所のひとつである。
・鑑識の桂子によるおみやさんへの求婚
・それ以外でも、何故かやたらにモテるおみやさん
・洋子が言うから間違いだな。
・犯人の告白後、必ず刑事課又は洋子が関係者を連れてくる。
・事件解決後は鴨川付近でイチャイチャ (拳を振り上げながら)「こら~おみやさ~ん!」

『話のキーワードであいうえお作文』なんてやらなきゃよかった」と後悔し始めたのは、4話辺りです。最高に後悔したのは8話。
大して面白くもないし、実はこれを考えるのに1番時間がかかってました。「話を振り返れるあらすじみたいのを書けたらいいなー」と思ったんだけど、あらすじにすらなってない上につまんねぇし。私は一体、何がやりたかったんだろう。もうやらない。

それはさておき。


今期の話でベスト回は4話の踏切回でしょうか。全体的なテンポがよかったので。
ワーストは、どの話も割と色んな面でワーストな点を挙げられるんですが、敢えてひとつに絞るなら姫野さん回でしょうか。キャラの特性上、仕方ないかもしれないんだけど、出てくると話がワンパターンになっちまう気がするんだよな>姫野さん
特に言うことはないかなぁ。レギュラーに変動があったわけでもなし、内容もいつも通り。去年以上に何も言うことがありません。
ただし最終回第二部、テメーはダメだ。あれは総合的にはワーストではないけど、『おみやさん』かと言われたら間違いなく「違う」と思う。というか、個人的に気に食わないだけなんだとは思うけどね。
なんつーの? あれを感動話とか社会問題提起回とか、そういう風に何かにカテゴライズしてしまうのがすごく嫌なんだよ。上手く説明できないんだけども。

まぁ、そんな私一個人の話はいいよね。

すみません、最終回のトーンが暗かったので、テンションが上がらないままです。
踏切の話か姫野さん回辺りを最終回に持ってきて欲しかったかな。内容的にはさておいて、明るさや話の方向性はこの2つが1番「らしかった」と思うので。

「最後の迷宮入り事件」とか色々煽っていましたが、どう考えても終わる終わる詐欺な気がするので、次回作に期待しております。

ということで、3ヶ月間ありがとうございました!
関連記事
20:55  |  カテゴリ:(新)おみやさん  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。