2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10.27(Thu)

【科捜研の女'11】第2話 感想

ep.2 山肌に残された香り! 奇妙な転落死体の謎!!

ゲスト:春田純一、本田博太郎、森田直幸、伊庭剛、小西康久

脚本:丸茂周
監督:石川一郎


今週の『TVガイド』『瞬間満足度ランキング』で、『科捜研の女』が第9位に!
おめでとう!

「安心して見られる面白さ。なのに事件解決にはドキドキする」
「テンポのよい展開で見やすい」
「全員で事件解決の糸口をつかむ展開が好きです」

などの声が。

満足した理由は、
・演出やドラマの世界観…………34%
・役者の演技やキャラクター……29%
・ストーリー&脚本………………37%

だそうです。
キャラ立ちランキングでは、マリコさんが23位、土門さんが35位、風丘先生が41位だそうな。

脚本家ランキングでは櫻井さんが第9位に入ってました。森本監督は演出家ランキング15位、菊池プロデューサーは22位、主題歌は13位でした。
どこまで信用していいランキングかはわからんけど、これは来るんじゃないか。『科捜研』ブームのビッグウェーブが! 来るで! 間違いなく来るで!

……これ、去年も言ったな。

それから、今週号の『TVLIFE』に風間トオルさんのインタビューがあったよ! 合わせてチェック!


ってことで、本日の感想ー。


【ついき】




◆だから、この前のサントラに収録出来なかった分も含めて新しいサントラ出せよ。約束だからな! 約束だからな!


「美味しい煎茶の極意とは、覚ましたお湯を茶葉に注ぐ。決して、熱湯を茶葉に注いではいけません」(by宇佐見さん)
だそうで。
そんなコダワリを嬉しそうに聞く泰乃ちゃんが、泰乃ちゃんがぁぁぁぁぁぁ
私のなんだから! 泰乃ちゃんは私のなんだから! ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
コダワリがあるだけあって、「うん、このお茶美味い!!」(by権藤さん)
なんかどんどん権藤さんが、漫才のリアクション担当みたいになってるよ。


◆どれだけ佐久間刑事部長が「デリケートな問題をはらんでいることを忘れるな」とか忠告しても、土門さんは好き勝手にやるよねって。いつも通りに。


◆宇佐見さん、山岳部出身だったことが発覚。「昔のカンを取り戻してきました!」とか超イキイキしてたな。エベレスト登山が夢ですか、そうですか。
対する乾くんのヘタレ語録ときたら。
「ほ、本格的ですね……」
「ちょっと待って! 置いてかないでよ!」
「嘘……待ってー!」

しかも、繊維片を発見したのに取る気なし。完全に高さにビビっておられる。
お前、宇佐見さんより若いんだろ。もっとしゃっきりせいよ。


◆26.5センチだからって女性の靴じゃないって失礼な。私はそれに近いぞ……(´・ω・`)


◆今日の風丘先生の差し入れ→ベビーシュー。
しかし、なんとあの日野さんにも苦手な食べ物があったことが判明。
シュークリームは大丈夫なのに、ベビーシューがダメな理由はなんだ。ベビーシューって、要するにちっさいシュークリームじゃないのか? 何がダメなん?


◆あまりに作中で「京都地検」「京都地検」とかいうので、いつ鶴丸さんがひょっこり顔を覗かせるかと思ったらそんなことはなかった。


◆コンタクトと靴を押収して家宅捜索するのに「形式的な捜査」もクソもねーよなって思うんですけど、どう思います? 土門さん。
むしろそこは「はい」って言っちゃえよ。もう。


◆いきなり「山に行って来る!」とか言っちゃうマリコさんが素敵。それで本当に行っちゃうんだもんなー。


◆話の展開上、仕方ないんだけど、マリコさんは超直感持ちだよなぁと。パッと開いた雑誌やらアルバムにヒントがあるもんな。


◆野暮なんだけど、親父さんの最期の一言はいらんかったかなぁ。あくまで私の好みの問題としてだが。
死ぬまでの痛みを想像すると、何とも心苦しいし。


◆ラスト、グッドタイミングでマリコパパからの電話が。
そうか、やっぱり横浜に帰ったかー。マリコママと仲良くやってるなら何より。帰ったことで、娘へのお節介焼きが伝染った模様。お見合い写真を送ってくるって、それモロにマリコママの行動じゃないですか。
マリコパパ&マリコママ、もう1回ぐらい出演しないかなぁ。電話だけじゃなくてさ。


◆だから、その後の番組宣伝スポットに他のメンバーもだな(ry)



感想としては、可もなく不可もなく。普通というか、ベタというか。
見返してみると、埋められ方が妙に綺麗だったり、ラベンダーの香りだったり、線香を切らしていたりとちゃんと伏線は張ってあるのよね。そこは当たり前っちゃあ当たり前なんだけどね。その分、そこですぐにピンと来た人も多かったんじゃないかなーと思う。そこが残念かなぁ。
あと、自殺に至るまでの被害者の葛藤というか、「自殺しかない」と思わせる動機をさらっと台詞で説明されちゃったから、ちょっと弱く感じた。そこを何とかすれば、悲壮感が出て印象に残ったかもしれない。
逆に息子が久しぶりに山に登った理由はグッときたので、そこらへんは本当に惜しいよなぁと偉そうに言っておく。

ということで次週はー。

噂の武豊さん出演回! メインゲストは佐藤藍子さんかな?
どうやら当日に競馬があるらしいですよ。そちらの結果にも注目、する人もいるんだろうな。たぶん。
なんだか面白そうな回なので、勝手に期待しちゃいますけどいいですか?

ということで、次週も期待してますよー。
関連記事
21:45  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。