2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  カテゴリ:スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.11.17(Thu)

【科捜研の女'11】第5話 感想

ep.5 試された絆! 疑惑の狙撃者、矛盾する弾道の秘密!!

ゲスト:海東健、東風万智子、青木伸輔、小須田康人

脚本:小川眞住枝
監督:兼崎涼介


なんか弾丸を発見するときのノリとか、昔(新1~新2らへん)っぽくてよかった。
と思ったのは、かかった音楽とかがそれっぽかったおかげかな。
話自体はとてもオーソドックスだったと思うんだが、体の向きや弾道にトコトンこだわるマリコさんが久々に見られた感じで好印象です。

ってことで、本日の感想へ!


【ついき】




◆今回は新旧合わせた音楽をバランスよく使っていた気がする。
弾丸を発見するところとか、久々に昔の音楽使ってたよな。「科捜研のテーマ -行動-(02)」っすな。
そこでのノリも新1~2っぽかった。
滑って転んで弾丸発見→「嘘ぉ~……」とか、泰乃ちゃんの「ありましたぁ~!!」とか。特に乾さんのそれ。いや、それはこっちの台詞だよねっていう。でも乾さんお手柄。
鑑識さんも一緒に大捜査! とか、そういうところも昔っぽいノリだよね。好き。


◆今回の土門さんたち(捜査一課)、たまたまアタリだったからよかったけど結構危ない橋渡ってんのよね。
「銃提出しろ、できねーってことはお前怪しいんだよ」とかレストランのオーナーに言う
・井坂刑事を挑発する
困ったときの佐久間刑事部長頼り! 発動! 関係ないけど今回の佐久間刑事部長は警察の旗(なんていうの、アレ?)にブラッシングしていましたね。机コロコロには飽きたのか。
アホの子とは言わんけど、まぁ相当ヤバいことやってたのは間違いないよね。


◆受付の人、思いっきり香織さんの服を引っ張ってなかった? いいの? アレ。


◆ライフル銃の科学ネタ。
・上に向けて撃つと、上昇時と下降時では弾頭の向きが変わる。
・上に向けて撃つと、底を下にして落ちてくるらしい。
・上に向けて撃つと、上空3000メートルまで届くらしい。
と、乾さんがやっぱり大活躍。そうか、今回は乾さん大活躍回だったか。


◆マリコさんのスーパー聴覚タイムまたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
とりあえず、脚本家さんの間ではマリコさんの耳がいいってのは公式設定なんだな。今更だけど。


◆今回の風丘先生のおみやげ→蟹せんべい
その時の「海かぁ、いいなぁ。こっちは毎日、鴨川通いだよ~」「所長は行ってないじゃないですか!」にワロタ
そしてヒントタイムだった「いくつになっても、父親にとって娘は心配の種というか特別な存在なんじゃない?」「たまにはみんなも、お父さんに優しくしてあげないと」「うわぁ、それ守らないといけん人がおるでー! ここにおるでー!」と叫んだのは私だけじゃないはず。


◆玲奈ちゃんかわいいね、おねえさんといいことして遊ぼうか(*´Д`*)ハァハァハァハァ


「DNA鑑定すりゃあ、お前は捕まるんだよ」(意訳)は本当にブレない脅し方だと出る度に毎回思う。


◆乾さんが構えてたライフルについてたレーザーポインタ、私もほしい。あんなに長距離でも印ってマジでつくもんなの?


「そんなこと明らかにして、どうなる!」には、何か言い返していただきたかったところ。いつもの科学者からの台詞でよかったんだけど。個人的な好みの問題としてね。


◆犯行、誰にも目撃されてなかったのは奇跡に近いよな。もし立ち止まってあんなポーズしているところを誰かに見られていたら、一発でアウトだもの。
心臓音と銃撃音、息遣い、ライフルの装填の音以外は無音だったのが個人的に好みの演出でした。


◆井坂刑事に手錠をかけようとした権藤さんを止めた土門さんがカッコよかったよ。


◆弔砲って、響きがカッコいいですね。私はする機会もしてもらう機会もないけど。
「これだけ焦らしたのに2発の意味をボカすのかよ!」とか「結局無駄死にになったよね」とか、「結局身内の不祥事を内々に処理したかっただけじゃないの?」とか、そういうツッコミはものすごく野暮というか、話の意図を理解していないんじゃないかと思うんだ。


◆また土門さんにドヤ顔マリコさんで締め。なんか流行ってんの? マリコさんの「秘密♪」的なノリが。
マリコさん、最近土門さんと仲いいね。いや、今までも悪いってわけじゃないけど。



最初にも書きましたけど、話自体はとてもオーソドックス。そこにライフル銃の弾丸の科学ネタを加えることで一捻りって感じでしょうか。私は結構好きよ。
ただ、真相がわかるまでの間、土門さんたちの行動が危うく見えてハラハラしたり、もうちょっと最初から今回の陸上部仲間3人の絆を描いていればもっと違ったかなとか、そういう細かい注文もつけたくはなるんだけどもね。

はい、次週!

また仏像か! 今度はちゃんと魂抜きしてから鑑定しなくちゃダメよ、マリコさん。いきなりルミノール液ぶっかけるとか、論外ですよ論外。
職人モノなら、大きなハズレはなさそうだなぁと期待しています。
そして、おそらく、私の計算が間違っていなければ。


来週で祝! 100話目!

……のハズ。

ってことで、過剰に期待して待ってますよー!
関連記事
21:50  |  カテゴリ:科捜研の女  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。